JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表欧州遠征(第13回デッレナツィオーニトーナメント)実践練習で連携を深める

ニュース

U-15日本代表欧州遠征(第13回デッレナツィオーニトーナメント)実践練習で連携を深める

2016年04月24日

U-15日本代表欧州遠征(第13回デッレナツィオーニトーナメント)実践練習で連携を深める

オーストリアに遠征中のU-15日本代表はこの日、午前・午後の2部トレーニングを行いました。
ウォーミングアップの後は、3対2のパスワークを実施。前日のトレーニングで互いのプレーを理解してきたのかコミュニケーションも増え、パスを要求する声も自然と大きくなっていました。U-16日本代表でも実施している1対1、狭いエリアでGKを入れた4対4のトレーニングでは、スタッフからの厳しいアドバイスに選手たちは必死に体を張ってプレーしていました。ボール保持者に寄せが甘い場面やポジショニングが悪い場合は、何度もプレーを止めて、森山監督が一つ一つプレーを確認していきました。

トレーニングの最後で森山監督は「午前中に見せたハードワークを日常からやってほしい。世界の強豪国と戦い、プロを目指すには今の甘い意識を変えて、自分に厳しく何段もステップアップしないと絶対に成功しない。厳しいことを何度も伝えるがスタッフは指導しかできない。皆がやるしかないので、成長するためには何が必要かを本気で考えて行動してほしい」と言葉をかけました。

午後のトレーニングには、高桑大二朗GKコーチによるセットプレーのミーティングを行ってから臨みました。齋藤俊秀コーチのウォーミングアップをしながらゲーム形式を組み込んだトレーニングでは笑い声も聞こえ、良い雰囲気でトレーニングがスタートしました。ボールワーク、パスワークの後はセットプレーのトレーニングを様々なシチュエーションを想定して実施しました。ポジショニング、マークの付き方、壁の位置や作り方などスタッフが丁寧にアドバイスを送り、選手も明日の実践に向けて集中して取り組んでいました。最後に紅白戦を行い、トレーニングを終えました。

夜のミーティングでは昨年U-15日本代表が出場したバル・ド・マルヌ U-16国際親善トーナメント(フランス)の良いプレー、課題となるプレーを集めた映像を改めて確認し、一日を締めくくりました。24日はいよいよ第13回デッレナツィオーニトーナメントが開幕し、U-15ノルウェー代表との初戦に臨みます。

選手コメント

DF 遠藤海斗 選手(東京ヴェルディジュニアユース)
本日のトレーニングではボールを奪う意識がかなり高まりました。ボールが離れた瞬間に体を入れたり、チームメートと連動してボールを奪ったりと、明日からの大会に向けて良いトレーニングができたと思います。セットプレーのトレーニングで何回か良いボールを蹴ることができたので、試合に出場したら活かしたいと思います。1対1の競り合いに絶対負けずに臨みたいと思います。初戦は非常に大事なので、皆で勝ちたいです。

MF 山田楓喜 選手(京都サンガF.C. U-15)
今日は自分のプレーがあまり発揮できませんでした。球際の強さや味方の良さを活かすプレーをもっと見せないといけないと感じました。スタッフのアドバイスやチームメートのプレーから学ぶことが非常に多く、この遠征で毎日良い刺激を受けています。明日からいよいよ大会が開幕するので、もっとコミュニケーションをとって、ベンチを含めチームを盛り上げ、この大会を最高の形で終わりたいです。

MF 小田裕太郎 選手(ヴィッセル神戸U-15)
初めて日本代表に招集され、大変嬉しく思います。本日のトレーニングでは自分の持ち味であるスピードのあるドリブルを活かすことができましたが、逆サイドにボールがある際のポジショニングやチームメートとの関わり合いが少なかった点が反省点です。攻守の切り替えを早くし、チームで連動してボールを奪うことが大事だと改めて感じました。初日に比べ、チームの雰囲気はオフの部分を含め非常に良くなっているので、明日の試合に向けて皆で良い準備をして、万全なコンディションで臨みたいと思います。

スケジュール

4月22日(金) AM/PM トレーニング
4月23日(土) AM/PM トレーニング
第13回デッレナツィオーニトーナメント
4月24日(日) 14:00 vs  ノルウェー代表(Klagenfurt/オーストリア)
4月25日(月) AM トレーニング
4月26日(火) 17:00 vs  メキシコ代表(Hermagor/オーストリア)
4月27日(水) TBC トレーニング
4月28日(木) 14:00 vs  オーストリア代表(Kotschach/オーストリア)
4月29日(金) TBC 順位決定戦(TBC)
4月30日(土) TBC トレーニング
5月1日(日) TBC 順位決定戦(TBC)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー