JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表欧州遠征(第13回デッレナツィオーニトーナメント)活動開始!

ニュース

U-15日本代表欧州遠征(第13回デッレナツィオーニトーナメント)活動開始!

2016年04月23日

U-15日本代表欧州遠征(第13回デッレナツィオーニトーナメント)活動開始!

4月21日(木)

U-15日本代表の欧州遠征がスタートしました。毎年、イタリア・オーストリア・スロベニアで開催されている第13回デッレナツィオーニトーナメント。今大会より大会参加条件がU-15年代となり、初めて2001年以降に生まれた選手だけで構成されたU-15日本代表で出場することになりました。代表初招集が10選手の半数と非常にフレッシュなメンバーで構成されています。また、U-16日本代表である*「00ジャパン」同様、このメンバーは今年9月に開催されるAFC U-16選手権 インド 2016のメンバーに入ることを目指しています。

今回はグループリーグでU-15ノルウェー代表、U-15メキシコ代表、U-15オーストリア代表と対戦し、強豪国相手にどこまで新しいU-15日本代表が通用するか楽しみな大会となります。

4月24日(日)から開幕する大会に向けて、U-15日本代表は4月21 日(木)夕方に会場となるオーストリアに無事に到着しました。早速ホテル周辺の散歩に出掛け、素晴らしい景色にスタッフ・選手はみな感動した様子で長旅の疲れも取れていきました。夜は池川直志ドクターより食事や体調管理、メディカル面の重要性について、中條智志トレーナーより日本代表育成年代で取り組んでいるフィジカルフィットネスの一つ、ムーブメントプレパレーションの動作確認をレクチャーしました。そして最後に、森山佳郎監督からチームコンセプトを改めて丁寧に説明し、欧州リーグの参考となるプレー集や「00ジャパン」*の良いシーンなどの映像を見ながら、チームが目指すべきプレーを共有しました。

4月22日(金)

遠征2日目となるこの日は午前・午後と2部トレーニングを行いました。共に試合会場となるグラウンドを利用し、芝のコンディションなども確認しました。午前は攻撃面のトレーニング中心に行い、最後には紅白戦も実施しました。初招集選手も積極的に声を掛け合い、良い雰囲気で進みました。午後は地元のクラブチームとも交流を図り、ミニゲームを実施しました。23日も2部トレーニングを予定しています。

*「00ジャパン」:2000年以降に生まれた選手たちで構成されたU-16日本代表チームの呼称

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
この度、熊本県と大分県を襲った震災でお亡くなりになられた方々に対し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。住み慣れた住まいを失い、避難所や車内で不便な厳しい生活を余儀なくされ、余震が来るたびに不安になられている方々に、少しでも早く安心して生活できる日が来るよう願うばかりです。また復興支援のために昼夜休まず働かれている自衛隊をはじめ、医療関係の方々や、各方面のボランティアの皆様に深い敬意を表するとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

自分の愛する故郷である熊本の惨状を見るたびに胸が張り裂けそうになります。美しい熊本を何年かけてでも取り戻すため何か力になれればと思っていますし、熊本の方々の前に踏み出していく底力を信じています。この遠征に来る直前まで被災した両親や友人たちと連絡を取ったり、不足している物資を送ったりしながら、後ろ髪引かれる思いでこちらへやってきました。

選手たちには「熊本で震災にあわれて無念にも命を落とされた方や、避難所生活で心身ともに深く傷ついた方々がいる中、亡くなられた方への哀悼の気持ちを強く持つとともに、美しい自然に囲まれた恵まれた環境で、大好きなサッカーが出来ることに感謝しよう。全力を尽くせないような選手は、サッカーを辞めたほうが良い」という話をしました。将来、選手たちにはサッカーを通して周りの人達に喜びや感動や勇気を与え、子供たちに夢や希望を与えられるような選手に(人間に)なって欲しいと思っています。

このU-15日本代表は今回が初めての活動となり準備期間も短いですが、対戦する強豪国相手に、全力で清々しく、牙を剥き出しにする姿勢で戦っていきたいと思います。

DF 熊田柊人 選手(鹿島アントラーズユース)
今回の遠征で海外の強豪国相手にどれだけ自分の長所であるクロスを上げることができるか、積極的に攻撃に関わり、攻撃するタイミングや準備を学びたいと思います。日本代表として初めて海外遠征に参加し、長時間の移動の大変さもわかりました。ミーティングを何度もして、攻撃や守備の映像を何度も確認して、自分たちのチームが目指すべきプレーを森山監督から学び、また皆と共有できたので、大会までにコミュニケーションをより活発にしていきたいです。チームが一つになれば、良い結果も付いてくると思いますので、勝ちにこだわって戦います。大好きなサッカーができる喜びを感じ、熊本県と大分県で被災された方たちに少しでも勇気を与える結果を残したいと思います。

FW 山崎稜介 選手(清水エスパルスジュニアユース)
森山監督から熊本県と大分県の地震についての話がありました。サッカーができる喜びを常に意識して、良い結果を報告できるように皆で頑張りたいです。本日のトレーニングではパスを受けるタイミングや、スペースを作る動きなど丁寧にスタッフから指導がありました。フィジカル面に勝る相手に対しての対応や、事前に予測する力をこの遠征でさらに習得したいと思います。自分はFWなので何より点を取ることにこだわり、チームの勝利に貢献したいです。

スケジュール

4月22日(金) AM/PM トレーニング
4月23日(土) AM/PM トレーニング
第13回デッレナツィオーニトーナメント
4月24日(日) 14:00 vs  ノルウェー代表(Klagenfurt/オーストリア)
4月25日(月) AM トレーニング
4月26日(火) 17:00 vs  メキシコ代表(Hermagor/オーストリア)
4月27日(水) TBC トレーニング
4月28日(木) 14:00 vs  オーストリア代表(Kotschach/オーストリア)
4月29日(金) TBC 順位決定戦(TBC)
4月30日(土) TBC トレーニング
5月1日(日) TBC 順位決定戦(TBC)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー