JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表、バーレーンに大勝してグループ1位通過~AFCビーチサッカー選手権タイ2019~

ニュース

ビーチサッカー日本代表、バーレーンに大勝してグループ1位通過~AFCビーチサッカー選手権タイ2019~

2019年03月13日

ビーチサッカー日本代表、バーレーンに大勝してグループ1位通過~AFCビーチサッカー選手権タイ2019~

ビーチサッカー日本代表は3月12日(火)、AFCビーチサッカー選手権タイ2019のグループステージ第3戦で、勝点6で並ぶバーレーンと対戦。奥山正憲選手の連続オーバーヘッドゴールなどが決まって第2ピリオドで点差をつけ、6-2で勝利し、グループステージ1位通過を果たしました。

現地時間17:30、気温27℃のコンディションでキックオフ。第1ピリオド2分、キャプテンの茂怜羅オズ選手が先制点を奪い、チームを奮起させます。しかし、その2分後、GKからのロングボールを前線のイブラヒム選手にヘッドで合わされてすぐに追いつかれ、1-1のまま第1ピリオドを終えます。

第2ピリオドに入り、気持ちを入れ直した日本は、ピヴォが1点を取りにいきます。16分、赤熊卓弥選手が茂怜羅選手からパスを受けると、リズムよくオーバーヘッドシュートを打ち、チームに待望の追加点をもたらします。この得点をきっかけにピヴォが得点を重ねます。18分、小牧正幸選手からボールを受けた奥山正憲選手が、得意のオーバーヘッドシュートでゴール左に叩き込みます。そして、立て続けに奥山選手が魅せます。GK照喜名辰吾選手からのスローを受け、今度はゴール右を狙って、オーバーヘッドシュート。相手に大きなダメージを与える追加点を決めました。さらに、大場崇晃選手、小牧選手とつなぎ、茂怜羅選手がダイレクトボレーで点差を4点に広げます。22分にPKで1点返されたものの、3点差で第2ピリオドを終えました。

第3ピリオド序盤、茂怜羅選手がボールを奪ってピヴォに入れると、山内悠誠選手がこれを確実に決めます。その後、相手の疲れが見えるなか、得点を奪えないでいると、ラモス監督が激を飛ばしますが、6-2のまま試合終了。この勝利で日本はグループステージ1位通過を決めました。グループDではイランがオマーンに敗れて2位通過となったため、日本は次戦、今大会一番のライバルであるイランと準々決勝で対戦します。

準々決勝は、中1日の14日(木)、現地時間17:30(日本時間19:30)キックオフです。

監督・選手コメント

ラモス瑠偉 監督
勝ってよかったですが、また内容が少し気に入らなかったです。ところどころはよかったですが、ミスも多かったし、もう少し仕掛けて点を取れればよかった。相手をリスペクトしながら、次の試合につながる内容になればよかったと思います。難しい相手になるにつれて力を出し、1戦目、2戦目よりはよくなってきましたが、まだまだ物足りないです。

FP #3 飯野智之 選手(東京レキオスBS)
前回大会の反省もあって、絶対優勝してやるという意気込みで来ています。今日は流れがいいところも悪いところもありましたが、チーム一丸となって勝てたことが大きいと思います。個人としては、ピヴォにボールが入ったあと、追い越してシュートにいきたかったのですが、なかなかうまくいきませんでした。もっといい状態になるようコンディション調整して、次に向けてしっかり、またチーム一丸となって準備したいと思います。

FP #7 大場崇晃 選手(移籍交渉中)
先制点を取られてしまう流れが多いので、しっかり1点目を取って第1ピリオドでいい流れを作るというのが、今のチームの最大の課題だという気がします。チームが勝つために、アシストは常に意識してやっているのですが、チームが勝ちたい時に、自分がゴールも決められるように、しっかりやっていきたいと思います。日本代表として負けることは許されないので、目の前の1試合1試合に集中してやっていきたいです。

FP #11 奥山正憲 選手(レーヴェ横浜)
いいところで点が取れてリズムに乗れたと思います。オーバーヘッドシュートで点が取れるのは、自分にとってもすごくリズムになるし、しかも2点もとれてよかったです。練習通りゴールを決めることができました。相手は第1ピリオドの点差からすればいけるというかんじで気合も入っていたのですが、立て続けにゴールを取ったことで下を向いている選手もいたので、それが大きかったのかなと思います。

スケジュール

AFCビーチサッカー選手権タイ2019   
3月8日(金) 8-1 グループステージ第1戦 vs ビーチサッカークウェート代表(@Main Arena)
3月9日(土) TBC トレーニング
3月10日(日) 7-1 グループステージ第2戦 vs ビーチサッカーカタール代表(@Main Arena)
3月11日(月) TBC トレーニング
3月12日(火) 6-2 グループステージ第3戦 vs ビーチサッカーバーレーン代表(@Main Arena)
3月13日(水) TBC トレーニング
3月14日(木) 17:30 準々決勝 vs イラン(@Main Arena)
3月15日(金) TBC 準決勝(@Main Arena)
3月16日(土) TBC トレーニング
3月17日(日) TBC 決勝(@Main Arena)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー