JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > 最終戦の地、フロリダ州タンパに到着 ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

ニュース

最終戦の地、フロリダ州タンパに到着 ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

2019年03月04日

最終戦の地、フロリダ州タンパに到着 ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

2019 SheBelieves Cup2試合を1勝1分で終えて首位に立つなでしこジャパンは3日(日)、テネシー州ナッシュビルを発って最終戦の地、フロリダ州タンパに入りました。2月20日(水)に福島県Jヴィレッジでスタートした今回の活動はこの日で12日目を迎え、ここタンパが4箇所目の拠点となります。

昼過ぎにホテルにチェックインを済ませたチームは、ブラジル女子代表戦に出場したリカバリー組とそれ以外に分かれ、リカバリー組はホテルで、トレーニング組はグラウンドに出てそれぞれトレーニングを行いました。福島県からさらに緯度が高く気温の低いペンシルバニア州フィラデルフィアに入り、そこからテネシー州ナッシュビルを経由して南下してきたタンパのこの日の気温は26℃、これまでと打って変わって降り注ぐ日差しが眩しい中でのトレーニングとなりました。

選手たちはジョギングやストレッチで体をほぐした後にボールポゼッションやミニゲーム、シュートといったメニューをこなし、約1時間のトレーニングを終えました。久しぶりの強い日差しに目を細める選手たちの額に光る大粒の汗がフロリダの暑さを物語っていました。

チームは夕食後にブラジル女子代表戦を振り返るミーティングを行いました。アメリカ女子代表戦後のミーティングと同様に、特に失点シーンで選手それぞれが何をすべきだったか、生じた問題点とその修正方法について高倉麻子監督が選手に意見を求めると、選手たちは積極的に手が挙げて意見し、イングランド女子代表戦にかける強い意気込みが伺えます。

2019 SheBelieves Cup優勝をかけて臨む最終戦のイングランド女子代表戦は、3月5日(火)17:25(日本時間翌4日(水 7:25))キックオフ予定で、BSフジで生中継されます。

選手コメント

DF #6 有吉佐織 選手(日テレ・ベレーザ)
シーズンが始まる前のこの時期にしては、皆コンディションはいいと思います。例年この時期はコンディションが整わない時期ですが、FIFA女子ワールドカップを控えて、広瀬フィジカルコーチを中心に1月の清水でのトレーニングキャンプまでに皆コンディションを上げてきたおかげだと思います。今回の活動は試合会場が毎試合違うため移動も多いですが、そうした状況でもタフに戦えているのは、コンディションを維持できていることが大きな理由だと思います。今回の活動では、これまで同じチームで一緒に戦ったことがない選手がいますが、ワールドカップ開幕をわずか3ヶ月後に控えたこの時期にこうした状況というのはとても珍しいと思います。そのためか、これまで代表チームで経験の長い選手たちは、自分たちがこれまで積み上げてきたものを新しい選手に伝えようと積極的にコミュニケーションを図っています。全てを一から伝えないといけませんし、その選手のサッカー観やスタイルも知らないといけません。そうした意味では、私自身もひとつギアを上げて取り組んでいる気がします。ワールドカップに向けてここがチャンスという状況の中で、皆が自分の良さを明確に表現しようとしているので、個々の選手らしさが出ますし、コミュニケーションもと取りやすく、問題の改善も図りやすいです。こうした状況を生み出しているのは、やはり眼の前にワールドカップがあるからだと思います。お互いに探り合いや様子を伺う時間がないので、直球で接しています。こちらも待っていられないので、お互いの意見をぶつけ合っています。そんな中でここまで2試合戦って、FIFAランキング1位のアメリカとの引き分けを含む1勝1分と、結果としては上出来だと思います。ただ内容や手応えとしてはとてもいいというものでもなく、エラーや課題も多いです。しかし、しっかりチャレンジして、やれたこと・やれないことが明確になること、アメリカ戦でも粘り強く戦って勝ち点1を獲れたことは重要ですし、ワールドカップのグループステージではその勝ち点1が大きな違いとなります。日本の良さである集中力や、最後まで走ること、諦めずにボールを追うことをアメリカ戦で実践できたのはいいことです。ただ、それと同時に課題も見つかりましたが、ブラジル戦でその改善を試みて、上手くできたシーンもありました。それでもまた失点があって、その課題についてチームで話し合うことができ、そこからイングランド戦に向かえるというのは貴重です。個人的には、ワールドカップを前に何の問題もないという状況は逆に怖いです。ここまで結果を出せているので、抱える課題に対して前向きにチャレンジしていきたいと思います。

スケジュール

2019 SheBelieves Cup
2月27日(水) 2-2 第1戦 vs. アメリカ女子代表(Talen Energy Stadium)
2月28日(木) AM トレーニング
3月1日(金) PM 公式練習
3月2日(土) 3-1 第2戦 vs. ブラジル女子代表(Nissan Stadium)
3月4日(月) PM 公式練習
3月5日(火) 17:25 第3戦 vs. イングランド女子代表(Raymond James Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

2019 SheBelieves Cup

大会期間:2019年2月27日(水)~2019年3月5日(火)
日本戦全3試合をBSフジにて生中継予定
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー