btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 マレーシアに大勝。グループステージ突破を決める!

ニュース

フットサル日本代表 マレーシアに大勝。グループステージ突破を決める!

2016年02月14日

フットサル日本代表 マレーシアに大勝。グループステージ突破を決める!

AFCフットサル選手権 ウズベキスタン 2016 グループステージ第2戦 vs フットサルマレーシア代表
2016年2月13日(土) キックオフ 16:30(現地時間) 試合時間 40分(前後半各20分間のプレーイングタイム)
Uzbekistan Stadium/Uzbekistan

フットサル日本代表 11-1(前半10-1、後半1-0)フットサルマレーシア代表

得点
3分 #5 吉川智貴(マグナ・グルペア/スペイン)
3分 #8 滝田学(ペスカドーラ町田)
7分 #8 滝田学(ペスカドーラ町田)
13分 #9 森岡薫(名古屋オーシャンズ)
13分 #6 小曽戸允哉(シュライカー大阪)
14分 失点
15分 #13 渡邉知晃(大連元朝足球倶楽部/中国)
15分 #7 逸見勝利ラファエル(SLベンフィカ/ポルトガル)
16分 #14 西谷良介(フウガドールすみだ)
19分 #10 仁部屋和弘 (バサジィ大分)
19分 #14 西谷良介(フウガドールすみだ)
40分 #3 室田祐希(エスポラーダ北海道)

スターティングファイブ
GK:関口優志(エスポラーダ北海道)
FP:滝田学(ペスカドーラ町田)、森岡薫(名古屋オーシャンズ)、吉川智貴(マグナ・グルペア/スペイン)、逸見勝利ラファエル(SLベンフィカ/ポルトガル)

マッチレポート

AFCフットサル選手権 ウズベキスタン 2016に臨むフットサル日本代表は2月13日(土)、現地時間16:30(日本時間20:30)にフットサルマレーシア代表と対戦しました。

試合は前半開始3分に動きます。日本の素早いパス回しと動きの中でマレーシア守備陣を崩し、吉川智貴選手(マグナ・グルペア/スペイン)のゴールで先制すると、続けざまに滝田学選手(ペスカドーラ町田)のゴールで2点差を付けます。ここから日本の勢いは更に加速し、前半終了までに大量10得点を挙げ完全に試合を決定づけます。

後半は何度かマレーシアに決定機を作られるも、変わって入ったゴールキーパー藤原潤選手(バルドラール浦安)がゴールに立ちはだかり追加点を許しません。選手も勝利を確信しながらのゲーム運びとなり、確実なプレーが続きますが、最後は室田祐希(エスポラーダ北海道)選手のゴールで11得点目を奪い、試合を締めくくりました。日本代表はこの試合9人で11得点をあげるなど、各選手のポテンシャルの高さ、チームとしてのクオリティーの高さを見せつけた試合となりました。

本日の試合で、フットサルカタール代表がフットサルオーストラリア代表に2-5で敗れたため、これにより日本代表のグループステージ突破が決定しました。第3戦はグループステージ1位をかけたオーストラリア代表との直接対決に臨みます。

監督・選手コメント

ミゲル・ロドリゴ監督
前半は素晴らしいディフェンスで相手に付け入る隙を与えず、良い展開ができていたと思います。相手の前線からのプレッシングを回避し多くのチャンスを作ることができました。じっくりとボールを動かし、相手守備陣の対応を見ながら試合を進めることができました。後半は同じリズムで戦おうとしましたが難しく、点差も離れていたので選手も勝利を確信しながらゲームをコントロールできていたと思います。ただ、ゴールチャンスを多く作りながらも決め切ることができませんでした。明日はしっかり休み、グループ1位を目指すための戦いに備えたいと思います。オーストラリア戦はフィジカル的にも非常にタフなゲームになるかと思いますが、我々のプレーのクオリティーを持って、相手のタフさに対抗していきたいと思います。

FP #14 西谷良介 選手(フウガドールすみだ)
グループステージ第2戦は11-1とマレーシア代表に勝利することができました。カタール戦と比べて、程よい緊張感もあり、良い状態で試合にのぞめました。相手の良さを消しながら自分たちのストロングポイントを出せたことがこのような結果に結びついた要因だと思います。オーストラリア代表との試合も難しい試合になるとは思いますが、強い気持ちで臨み、そして勝利して決勝トーナメントに駒を進めたいと思います。

FP #10 仁部屋和弘 選手(バサジィ大分)
今日のマレーシア代表戦は早い時間に先制点を奪い、試合を通じて日本のペースで試合を進めることができました。マレーシア代表はスピードがあるので、相手のカウンターに気をつけながらも全員で追加点を奪うことができ非常に嬉しいです。次のオーストラリア戦も楽しみながら勝ちにいきたいと思います。

JFA-TV

  • ミゲル・ロドリゴ 監督コメント

  • 仁部屋和弘 選手(バサジィ大分)コメント

  • 西谷良介 選手(フウガドールすみだ)コメント

スケジュール

AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016
2月11日(木) 1-0 vs  フットサルカタール代表(ウズベキスタンスタジアム)
2月12日(金) PM トレーニング
2月13日(土) 11-1 vs  フットサルマレーシア代表(ウズベキスタンスタジアム)
2月14日(日) PM トレーニング
2月15日(月) 16:30 vs  フットサルオーストラリア代表(ウズベキスタンスタジアム)
2月16日(火) PM トレーニング
2月17日(水) tbc 準々決勝(ユニバーサルスタジアム)
2月18日(木) PM トレーニング
2月19日(金) tbc 準決勝(ウズベキスタンスタジアム)
2月20日(土) PM トレーニング
2月21日(日) tbc 決勝(ウズベキスタンスタジアム)

※時間は全て現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※上位5チームが、FIFAフットサルワールドカップコロンビア2016™(2016/9/10~10/1)出場権を獲得

AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016[2016年2月10日(水)~2月21日(日)]

グループステージ第3戦
2016年2月15日(月) 16:30(日本時間 20:30)キックオフ
vs フットサルオーストラリア代表
LIVE放送:2/15(月)20:20~ NHK-BS1
録画放送:2/16(火)21:00~ CS テレ朝Ch2

大会情報はこちら

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP