btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 香港に7-0で勝利 AFC U-16選手権インド2016出場決定!

ニュース

U-15日本代表 香港に7-0で勝利 AFC U-16選手権インド2016出場決定!

2015年09月21日

U-15日本代表 香港に7-0で勝利 AFC U-16選手権インド2016出場決定!

AFC U-16選手権インド2016予選
2015年9月20日(日) キックオフ 17:00 試合時間 90分(45分×2本)
Football Centre MFF(モンゴル/ウランバートル)

U-15日本代表 7-0(前半2-0、後半5-0) U-15香港代表

得点
15分 中村敬斗(U-15日本代表)
34分 菅原由勢(U-15日本代表)
71分 棚橋尭士(U-15日本代表)
75分 瀬古歩夢(U-15日本代表)
79分 山田寛人(U-15日本代表)
84分 平川怜(U-15日本代表)
90+1分 棚橋尭士(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:谷晃生
DF:小林友希、菊地健太、瀬古歩夢、菅原由勢
MF:平川怜、福岡慎平、中村敬斗、久保建英、鈴木冬一
FW:宮代大聖

サブメンバー
GK:青木心、高田侑真
DF:岩井龍翔司、監物拓歩、野末学、作田龍太郎
MF:喜田陽、東俊希、桂陸人
FW:山田寛人、三国ケネディエブス、棚橋尭士

交代
58分 中村敬斗 → 棚橋尭士
73分 宮代大聖 → 山田寛人
76分 久保建英 → 三国ケネディエブス

マッチレポート

「00JAPAN*」は18日、AFC U-16選手権インド2016予選の2戦目となるU-15香港代表との試合を7-0で勝利し、AFC U-16選手権インド2016の出場権を獲得しました。

日本は初戦同様、序盤から積極的に仕掛けますが、人数をかけて引いて守る香港に対しなかなかゴールを決めきれません。膠着状況が続く中、日本は一瞬のチャンスをものにします。15分に相手のゴールキックをクリアして一気にカウンター攻撃を仕掛け、MF久保建英選手がMF福岡慎平選手にスルーパス、福岡選手がクロスを上げるとFW中村敬斗選手がボレーで合わせ待望の先制点を挙げます。連動したパス回しやDFラインの背後を狙い攻め続ける日本ですが、26分福岡選手、32分MF鈴木冬一選手のシュートは共に惜しくもポストに弾かれます。34分、果敢にオーバラップを繰り返していたDF菅原由勢選手が相手DFの間を抜け出すと、GKとの1対1を冷静に決めて2点目を挙げ、そのまま前半は終了します。

後半、日本は攻撃の選手を投入し、さらに攻め込みます。71分には途中出場したMF棚橋尭士選手がクロスからの混戦を右足で蹴りこんで3点目を決めると、相手選手も疲労が見え始め、立て続けにゴールが生まれます。75分、鈴木選手のグランダーのフリーキックをDF瀬古歩夢選手が合わせ4点目。79分には途中出場したFW山田寛人選手がMF平川怜選手のスルーパスを冷静に決め、5-0とします。平川選手は84分には菅原選手のクロスを流し込み、6点目を決めます。アディショナルタイムには棚橋選手が豪快に蹴りこみ7-0。最後まで攻守において集中力を保ち続けた日本は、2連勝でグループ首位となり、来年9月にインドで開催されるAFC U-16選手権の出場権を獲得しました。

*「00JAPAN」:2000年以降に生まれたメンバーで構成されたU-15日本代表チームの呼称

選手コメント

MF #7 菅原由勢 選手(名古屋グランパスU15)
AFCU-16選手権インド2016の出場が決まり嬉しく思います。何より結果を求めていたので、チームとして多くのパターンで得点を取れたことは良かったです。キャプテンを2試合任されましたが、常に雰囲気が良く、皆が積極的で素晴らしいチームでした。来年の本大会に向けて個人としては、一つ一つのプレーの質を上げること、また判断力の早さや攻撃参加のタイミングをトレーニングしていきたいです。多くのサポートをいただいた皆様に感謝したいです。また明日から本大会に向けて頑張ります。

MF #10 福岡慎平 選手(京都サンガF.C.U-15)
前半2点しか取れませんでしたが、皆が慌てずに素早いパスで相手を揺さぶり、後半一気に得点を挙げられたことは良かったです。個人としては、攻撃の際のリスク管理や積極的な前線へのパス、アシストできたことは自信になりました。一方で得点を挙げられなかったので、チームに戻って決定力を高めたいと思います。このチームはとても明るく、試合の際もウォームアップから良い雰囲気でした。貴重なこの経験を活かし、日々努力していきます。

FW #14 棚橋尭士 選手(横浜F・マリノスジュニアユース)
途中出場で攻撃の流れを変えようと思っていたので、2得点を決めることができて良かったです。前半のチームの反省点を活かし、自分の長所であるDFラインの裏への飛び出しから得点することができました。まだまだ攻撃時のバリエーションが少ないので、アイディアをもっと増やしたいです。良い形で予選を突破できたので、このチームの雰囲気を保ちつつ、個々の技術をさらに向上して、本大会で必ずFIFAU-17ワールドカップへの出場権を獲得したいと思います。

スケジュール

AFC U-16選手権2016予選(グループK)
9月16日(水) 17-0 vs  モンゴル(Football Centre MFF)
9月17日(木) AM/PM トレーニング
9月18日(金) AM/PM トレーニング
9月19日(土) AM/PM トレーニング
9月20日(日) 7-0 vs  香港(Football Centre MFF)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

Official Partner

Official Supplier

Supporting Companies

JFA.jp SITEMAP