JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE より高いコンディションを目指して汗を流す

ニュース

SAMURAI BLUE より高いコンディションを目指して汗を流す

2015年06月05日

SAMURAI BLUE より高いコンディションを目指して汗を流す

 SAMURAI BLUEのトレーニングも4日目を迎えました。午前中は昨日同様、初日からトレーニングに参加している選手たちと、昨日合流したばかりの選手は分かれてトレーニング。初日からの8選手は有酸素運動から徐々に無酸素時のコンディションが高まるようなトレーニングに。一方の3日目からの合流組はコンディションのベースとなる有酸素運動を今日もたっぷりと行いました。

ここまで4日間、体を追い込んできた8選手は、午後のトレーニングは行わず、体を休めました。午後、長友佑都選手(インテル・ミラノ)、岡崎慎司選手(1.FSVマインツ05)は2人だけのトレーニング。ハリルホジッチ監督がぴったりと2人に付き添い、密度の濃いトレーニングをこなしました。

選手コメント

岡崎慎司 選手(1.FSVマインツ05/ドイツ)
(2人だけの午後トレーニングでしたが)たくさんのスタッフが参加してくれたので、まずはスタッフに感謝したいです。午後のトレーニングは技術系のトレーニングが多く、監督も技術の重要性を話してくれました。自分ももっと向上しないと、今いる地点から先に行けないと思いました。
ブラジルでのワールドカップ、アジアカップと力を出せなかったことは、先発での試合出場が約束されているとは思っていませんし、その中で競争が激しくなることは自分にとっても大事なこと。今まで自分が経験してきたことを伝えたいと思いますし、そういう部分でチームを全力で引っ張りたいと思います。 

JFA-TV

  • 岡崎慎司 選手インタビュー

スケジュール

6月1日(月) PM トレーニング
6月2日(火) AM/PM トレーニング
6月3日(水) 17:00 トレーニング
6月4日(木) 17:00 トレーニング
6月5日(金) 17:00 トレーニング
6月6日(土) 17:00 トレーニング
6月7日(日) 17:00 トレーニング
6月8日(月) PM トレーニング
6月9日(火) PM トレーニング
6月10日(水) 未定 公式練習
6月11日(木) 19:00
キックオフ(予定)
キリンチャレンジカップ2015
VS. イラク代表(神奈川/日産スタジアム)
6月12日(金) PM トレーニング
6月13日(土) PM トレーニング
6月14日(日) PM トレーニング
6月15日(月) 未定 公式練習
6月16日(火) 19:30
キックオフ(予定)
2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼
AFCアジアカップUAE2019 予選
VS. シンガポール代表(埼玉/埼玉スタジアム2002)

※ スケジュールを変更する場合があります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー