JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > フットサル代表 イタリア遠征 トレーニングマッチ第5戦

ニュース

フットサル代表 イタリア遠征 トレーニングマッチ第5戦

2014年10月10日

フットサル代表 イタリア遠征 トレーニングマッチ第5戦

イタリア遠征2014 トレーニングマッチ第5戦
2014年10月9日(木) 20:00キックオフ 20分ハーフ(プレーイングタイム
Palacesaroni(イタリア/ジェンツァーノ・ディ・ローマ)

フットサル日本代表    1-3(前半0-0、後半1-3)    A.S.D. Cogianco Genzano

得点
36分 森岡 薫(フットサル日本代表)
39分 失点(A.S.D. Cogianco Genzano)
40分 失点(A.S.D. Cogianco Genzano)
40分 失点(A.S.D. Cogianco Genzano)

スターティングメンバー
GK:  関口優志
FP:   稲葉洸太郎、渡邉知晃、皆本晃、吉川智貴

サブメンバー
GK:  藤原潤
FP:   森岡薫、荒牧太郎、佐藤亮、滝田学、永井義文、加藤竜馬、北嶋佑一、森秀太

マッチレポート

フットサル日本代表は9日(木)、イタリア遠征5試合目となるA.S.D. Cogianco Genzano戦に臨みました。

ウォーミングアップ中に日本のアニメ「キャプテン翼」の主題歌が流れ、試合前には国歌が流れるなど、温かく歓迎された雰囲気の中、試合は20:00にキックオフしました。

試合は序盤から両チーム共に持ち味を出し、攻守の切り替えが早い展開が続きます。しかしながらお互いに決定機を逃してスコアレスのまま前半を終了します。

後半も両者譲らずに均衡が破られないまま時間が経過しますが、36分森岡選手が対峙した相手選手の不意をついて放ったトゥーキックでのシュートが見事に決まって待望の先制点を奪います。

しかし、その直後にパワープレーで攻勢をかけてきた相手に残り1分30秒で追いつかれると、試合終了間際にも失点し逆転を許してしまいます。残り時間8秒で何とか同点に追いつきたい日本でしたが、攻撃を仕掛けたところを逆をとられてさらに失点し、結局1-3で試合を終え、今遠征3連敗を喫してしまいました。

監督・選手コメント

ミゲル・ロドリゴ 監督
今日の試合、結果は敗戦でしたが、内容は素晴らしかったです。40分のうちの39分は主導権を握った私たちの試合でしたが、イタリアやスペインといった国は偉大なパワープレーを駆使してすべてを可能にしてしまう力を持っています。残念ながら今回は彼らのパワープレーを守り切ることができませんでした。しかし、内容にはとても満足しています。この遠征の最大の目的は学ぶことであり、上達を試みることであり、そうした意味で非常にいい教訓になりました。明後日のペスカーラ戦に向けて、明日はオフを入れて全員で充電したいと思います。

佐藤亮 選手 (シュライカー大阪)
今日の試合は非常に厳しい敗戦となりました。最後のパワープレーでの連続失点はもちろん修正すべき点ではありますが、立ち上がりから攻守においてこちらの狙い通りの展開で試合を運べていたにも関わらず、なかなか得点を奪えなかったことが、チームとしていま最も修正すべき点だと思います。ここに関連して今回のイタリア遠征での試合を通じて、個人的には改めてイタリアのクラブチームと比べて「シュートへの意識」の違いを感じています。イタリア遠征も残すところあと一試合となりました。日本代表として求められるものは常に結果であると思っています。どんな試合でも同じ気持ちで試合に臨んでいますが、最後に残された一試合、とにかく結果にこだわり勝って帰国できるように戦いたいと思います。

吉川智貴 選手 (名古屋オーシャンズ)
今日も非常に厳しい試合になってしまいました。前後半通してある程度日本のペースで試合を運べたにもかかわらず、なかなか得点を奪うことができなかったことがひとつの敗因だと思います。後半のパワープレーでの3失点に関しては、まだまだ個人としてもチームとしても非常に未熟な部分だと思いますし、改善していかなければなりません。イタリアでの試合は次でラストになります。これまでの試合での経験を活かし、しっかり勝ってこのイタリア遠征を締めくくりたいと思います

スケジュール

10月2日(木) PM トレーニング
10月3日(金) PM トレーニング
10月4日(土) 3-2 トレーニングマッチ vs Acqua&Sapone Emmegross(セリエA)
10月5日(日) AM/PM トレーニング
10月6日(月) 2-1 トレーニングマッチ vs Montesilvano(セリエA2)
10月7日(火) 3-4 トレーニングマッチ vs Real Rieti(セリエA)
10月8日(水) 3-6 トレーニングマッチ vs Lazio(セリエA)
10月9日(木) 1-3 トレーニングマッチ vs Carlisport Cogianco(セリエA2)
10月10日(金) 19:00 トレーニング
10月11日(土) 18:30 トレーニングマッチ vs Pescara(セリエA)

※時間は全て現地時間

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー