JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 イタリア遠征 トレーニングマッチ第2戦

ニュース

フットサル日本代表 イタリア遠征 トレーニングマッチ第2戦

2014年10月07日

フットサル日本代表 イタリア遠征 トレーニングマッチ第2戦

イタリア遠征2014 トレーニングマッチ第2戦

2014年10月6日(月)    19:00キックオフ 20分ハーフ(プレーイングタイム)
Palaroma(イタリア/ペスカーラ)

フットサル日本代表   2-1(前半0-0、後半2-1)   Montesilvano

得点
22分   渡邉知晃 (フットサル日本代表)
29分   稲葉洸太郎 (フットサル日本代表)
32分   失点 (Montesilvano)

スターティングメンバー
GK:  藤原潤
FP:  森岡薫、稲葉洸太郎、皆本晃、吉川智貴

サブメンバー
GK:  関口優志
FP:  荒牧太郎、佐藤亮、渡邉知晃、滝田学、永井義文、加藤竜馬、 北嶋佑一、森秀太

マッチレポート

イタリアに遠征しているフットサル日本代表は6日、セリエA2に所属するMontesilvanoと対戦しました。

日本は前半、Montesilvanoの引いた守備に手こずり、ボール支配率は高いもののチャンスを作れずに無得点のまま後半を迎えます。

後半開始2分、日本は皆本晃選手から逆サイドへの長いパスが渡邉知晃選手に渡り、そのままダイレクトに蹴りこんで先制点を奪います。さらにその7分後、相手チームがファールを重ね、6つ目のファールで第2PKを奪った稲葉選手がそれを決めて2-0とMontesilvanoを突き放します。

その後、1点を返された日本は、試合時間残り3分から相手のパワープレーを受けますが、ここを無失点で凌いで2-1のまま勝利。初戦に続き2連勝を飾りました。

コメント

ミゲル・ロドリゴ 監督
得点を見て頂いて分かる通り、とてもタイトな試合となりました。前半は相手の守備が強く、攻撃の糸口を見つけるのに苦労し、得点機会を作ることができませんでした。縦方向にボールが入らず、ゆっくりとした攻撃に終始してしまったことが原因だったと言えます。しかし、ポゼッション率は高かったですし、主導権は完全に握れていたと思います。後半に奪った先制点以降、試合の流れは大きく変わりました。相手の守備が前に出てきたことで相手陣内にスペースが生まれ、日本が得意とするポゼッションがさらに効果を持ち始めたのです。試合終盤には相手のパワープレーを受けましたが、これもひとつの貴重な経験だったと言えます。今日の相手は2部リーグの所属ですが、1部リーグ所属の初戦の相手とレベルも大きく変わることなく、そうした相手に結果を残せたということは非常に良かったですし、選手たちも自信を持ったことと思います。

藤原潤 選手 (バルドラール浦安)
イタリア遠征初戦の試合から1日オフをはさんで迎えた今日の試合、初戦よりは試合全体を通して主導権を握ることが出来たと思います。その中で幾つかあった相手のカウンターからの攻撃をしっかりとセーブし、相手に主導権を握らせないことに最大限の集中を注ぐことが今日のゴレイロの仕事だと思い、それは体現出来たと思います。ただ相手のピヴォ当てからのシュートを決められた点は改善の余地があり、今後のイタリア遠征で強豪のクラブと試合をする時のポイントになると思います。イタリアは個人技とフィジカルを駆使してピヴォに対してボールを入れてくるチームが多いと、試合をした時とオフの日にリーグ戦を観戦した時に感じました。この点を明日以降も続く試合では、簡単に相手にやらせないようにしっかりとチーム全体で話をして、残り4試合を価値あるものにしていきたいと思います。

皆本晃 選手 (府中アスレティックFC)
今日の試合は我々が相手を押し込み、相手がカウンター狙いという展開でした。ほとんどの時間帯で主導権を握りながらゲームは展開出来ましたが、イタリア特有であるサイズの大きな選手がゴール前に並び、なかなか崩し切ることが出来ませんでした。1対1の出来る選手の活かした方、その後の展開を素早く行う方法をもう一度整理していく必要性を感じました。相手の攻撃はカウンターと簡単なピヴォ当てだけで工夫もなかったし、個人で怖い選手もいなかったのでしっかり対応出来たと思います。今のところイタリアのチームは「個」を全面に押し出すチームばかりなので、そこさえ負けなければ組織や戦術で圧倒出来るので、まずは「個」で負けないようにやっていきたいと思います。

スケジュール

10月2日(木) PM トレーニング
10月3日(金) PM トレーニング
10月4日(土) 3-2 トレーニングマッチ vs Acqua&Sapone Emmegross(セリエA)
10月5日(日) AM/PM トレーニング
10月6日(月) 2-1 トレーニングマッチ vs Montesilvano(セリエA2)
10月7日(火) 20:00 トレーニングマッチ vs Real Rieti(セリエA)
10月8日(水) 15:00 トレーニングマッチ vs Lazio(セリエA)
10月9日(木) 20:00 トレーニングマッチ vs Carlisport Cogianco(セリエA2)
10月10日(金) 19:00 トレーニング
10月11日(土) 18:30 トレーニングマッチ vs Pescara(セリエA)

※時間は全て現地時間

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー