JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 イタリア遠征 トレーニングマッチ第3戦

ニュース

フットサル日本代表 イタリア遠征 トレーニングマッチ第3戦

2014年10月08日

フットサル日本代表 イタリア遠征 トレーニングマッチ第3戦

イタリア遠征2014 トレーニングマッチ第3戦
2014年10月7日(火) 20:00キックオフ 20分ハーフ(プレーイングタイム)
Palamalfatti (イタリア/リエーティ)

フットサル日本代表   3-4(前半0-2、後半3-2)   Real Rieti

得点
6分    失点(Real Rieti)
9分    失点(Real Rieti)
21分  失点(Real Rieti)
30分  失点(Real Rieti)
35分  稲葉洸太郎 (フットサル日本代表)
39分  森岡薫 (フットサル日本代表)
40分  森岡薫 (フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK: 関口優志
FP: 佐藤亮、渡邉知晃、皆本晃、森秀太

サブメンバー
GK: 藤原潤
FP:  森岡薫、稲葉洸太郎、荒牧太郎、滝田学、永井義文、吉川智貴、加藤竜馬、北嶋佑一

マッチレポート

フットサル日本代表は7日、イタリア遠征3試合目となるReal Rieti戦に臨みました。

日本代表は前半6分と9分に2失点を喫すると、チャンスを作りながらも得点を奪えず前半を0-2で折り返します。

後半、まずは1点を返して流れを掴みたい日本でしたが21分、30分と自分たちのミスから失点を重ねてしまいます。4点のビハインドを背負い、試合も残り9分というところで日本はGKを皆本選手に替えてパワープレーに出ます。

その後、稲葉選手、森岡選手のゴールで2点を返すと、残り11秒で森岡選手がこの日2点目となるゴールを奪って3-4と追い上げます。試合終了間際に森岡選手のシュートが惜しくもゴールのバーを叩きますが、引き分けには持ち込めず、イタリア遠征初の敗戦となりました。

監督・選手コメント

ミゲル・ロドリゴ監督
立ち上がりの10分はこれまでの2試合の疲労があったと思います。プレーに硬さが見えました。守備ではプレスにいけず、0-2にされた時間帯からやっと守備の強度も上がり、競った試合にすることができました。その後はチャンスを多く作ったものの今日はゴールが生まれない日だったように思います。後半に入り、大きなミスから失点を重ねました。決して悪い内容ではありませんでしたが、わずかですがプレーにズレが多く、おそらく体と頭と両方の疲労からくる集中力の欠如が原因だったと考えます。その後はパワープレーから3点を返し、日本のパワープレーが変わらず大きな武器であることを証明しました。

森岡薫 選手 (名古屋オーシャンズ)
このイタリア遠征に集合してから今日が8日目で、3試合目を戦いました。今日は試合前に両チームの国歌が流れるなど、本番さながらの雰囲気で試合をしました。結果は負けでしたが、内容としては失点したこと以外は悪くなかったと思います。特に後半は前からのプレスがよくはまりました。そのディフェンスを有効に使い、フィニッシュまでいくことができました。しかし、今日はパワープレー以外では何をやっても点が入らなかったことが負けてしまった原因だと思います。ただ、今日の試合で日本が武器としているパワープレーはイタリアの地でも通用したことはこれからの自信に繋がります。 まだ残り3試合あるので、良い結果を出して、一層実りのある遠征にして日本に帰りたいと思います。

森秀太 選手 (シュライカー大阪)
イタリア遠征で予定している6試合のうち今日が3試合目でした。1試合目、2試合目と勝っていただけに今日も勝ちたかったですが、3-4で負けてしまいました。試合の内容は、相手は前の2試合のチームとは違い組織的に戦ってきました。これまでの2試合は個の力を全面的に出してきましたが、今日の相手は個の力プラス組織的な戦術を駆使してきて、非常に難しい相手でした。力の差は感じなかったですが、ちょっとしたところでのフェイクの動きやサポートの質、決めるべき所でのゴールが勝敗を分けたのではないかと思います。イタリア遠征も残すところあと5日となりましたが、自分自身充実した毎日が過ごせています。初めて日本代表のユニホームを着て試合をすること、長い移動をして夜の試合、日本人とは違うイタリア人特有なプレーを体感し、いつもは対戦相手である代表チームのメンバーと異国の地で過ごす毎日、たくさんの新しいことばかりで、自分の経験になっていることを感じています。最後に、シーズンが始まったばかりで忙しい時期にもかかわらず、試合を組んでもらっているイタリアの関係者と、シーズン中にもかかわらず快く送り出してくれた所属チームなど、たくさんの方のサポートで自分がプレーできていることに感謝の気持ちを忘れず、残り3試合、もっともっと良い経験ができるように頑張ります。

スケジュール

10月2日(木) PM トレーニング
10月3日(金) PM トレーニング
10月4日(土) 3-2 トレーニングマッチ vs Acqua&Sapone Emmegross(セリエA)
10月5日(日) AM/PM トレーニング
10月6日(月) 2-1 トレーニングマッチ vs Montesilvano(セリエA2)
10月7日(火) 3-4 トレーニングマッチ vs Real Rieti(セリエA)
10月8日(水) 15:00 トレーニングマッチ vs Lazio(セリエA)
10月9日(木) 20:00 トレーニングマッチ vs Carlisport Cogianco(セリエA2)
10月10日(金) 19:00 トレーニング
10月11日(土) 18:30 トレーニングマッチ vs Pescara(セリエA)

※時間は全て現地時間

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー