JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 決勝戦 U-19ベトナム代表に勝利し優勝!

ニュース

U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 決勝戦 U-19ベトナム代表に勝利し優勝!

2014年09月14日

U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 決勝戦 U-19ベトナム代表に勝利し優勝!

U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 決勝戦 vs.U-19ベトナム代表
2014年9月13日(土)  キックオフ19:15      90分(45分ハーフ)
My Dinh Stadium(ベトナム/ハノイ)

U-19ベトナム代表 0-1(前半 0-0、後半0-1)U-19日本代表

得点
75分 表原玄太(U-19日本代表)

スターティングメンバー
GK:中村航輔
DF:高木大輔、内山裕貴、茂木力也、坂井大将
MF:杉本太郎、大山啓輔、井手口陽介、小川直毅
FW:北川航也、金子翔太

サブメンバー
GK:吉丸絢梓
DF:藤谷壮、進藤亮佑、三浦弦太
MF:奥川雅也、安東輝、中野雅臣
FW:表原玄太、越智大和

交代
HT 北川航也 → 中野雅臣
58分 杉本太郎 → 越智大和
69分 小川直毅 → 表原玄太 

マッチレポート

ベトナム代表との決勝戦。
スタジアムは4万人近くのベトナムサポーターで埋め尽くされ、完全にアウェーな雰囲気の中で試合はキックオフを迎えました。
試合は前半、両チームが中盤でボールを動かし攻撃を仕掛けるタイミングを伺いますが、決勝戦ということもあり、ミスを恐れているのか、なかなかシュートまでの形が作れません。それでも14分、井手口選手から小川選手にパスがつながり、ゴール前に走りこんできた金子選手がパスを受けてシュートを放ちますが、これは相手GKに防がれます。その後も杉本選手、井手口選手がゴール前でチャンスを作りますがシュートには至らず前半は0-0で終了します。

後半先にペースを掴み、攻撃を仕掛けたのはベトナム。得意のショートパスで中央突破しゴール前に侵入しますが、日本のディフェンス陣が体を張ってシュートを簡単には打たせません。すると試合のリズムは再び日本に傾き、75分、右サイドでボールを奪い、ゴール中央にいた金子選手を経由して、ゴール左にいた途中出場の表原選手がボールを受け、ドリブルで仕掛けて最後は思い切り左足を振り抜きます。これが見事にゴール左隅に決まり日本が先制します。その後も越智選手が追加点を奪いにシュートを放ちますが、これは決めることができません。その後はベトナムも反撃を仕掛けますが高木選手、内山選手、茂木選手、坂井選手のディフェンス陣が体を張って守備し、シュートを簡単には打たせません。そして試合はこのまま終了。チーム全員で勝利を掴み取り日本が優勝しました。
日本は最高の結果でこの大会を終え、10月のAFC U-19選手権に向けて良いシミューレーション遠征となりました。

コメント

鈴木政一 監督
決勝戦は、グループリーグでのベトナム戦より、ゲームをしっかりコントロールするサッカーができたのではないかと思います。まだまだ修正するところはあるものの、完全アウェーの中で4試合目と考えると内容のあるゲームができたと思います。10月のAFC U-19選手権に向けて充実した遠征となりました。ここからまた良い準備をしていきたいと思います。 

高木大輔 選手(東京ヴェルディ)
今遠征の目標であった優勝ができて本当に良かったです。チームとして団結して戦えた良い大会だったと思います。個人としても全試合スタメンで出られたことは自信になったので、また自チームで試合に絡めるように頑張ります。次は10月のAFC U-19選手権が本番になるので心も体も良い準備をしたいと思います。現地でも日本でもたくさんの応援ありがとうございました。

金子翔太 選手(清水エスパルス)
今回の大会は、中一日で4試合続くという非常に難しい大会でした。その中で優勝できたことを本当に嬉しく思います。決勝戦では4万人の完全アウェーのスタジアムで試合をすることができ、良い経験になりました。10月のAFC U-19選手権まで残りわずかとなりましたが、所属チームで頑張りたいと思います。

内山裕貴 選手(コンサドーレ札幌)
大会前に目指した『4試合行い、なおかつ優勝する』という目標を達成でき、自信が持てました。次はAFC U-19選手権です。チームが立ち上がり2年弱になりますが、確実に良くなっていると思います。自分達がやってきたサッカーを信じて、10月に向けて準備していきます。

表原玄太 選手(愛媛FC)
今日は満員のスタジアムで、ベトナムと決勝でできたことを嬉しく思います。出番がきたら、チームに貢献したいと思っていたので、ゴールという形で貢献できたことは嬉しく思います。優勝することがチームの目標だったので、目標を達成できたことは、すごく自信になりました。応援ありがとうございました。

スケジュール

9月3日(水) PM トレーニング
9月4日(木) AM/PM トレーニング
AFF NutiFood U19 Cup 2014
9月5日(金) AM トレーニング
9月6日(土) PM トレーニング
9月7日(日) 4 - 3 vs オーストラリア(My Dinh Stadium)
9月8日(月) AM トレーニング
9月9日(火) 3 - 2 vs ベトナム(My Dinh Stadium)
9月10日(水) AM トレーニング
9月11日(木) 2 - 1 準決勝 vs タイ(My Dinh Stadium)
9月12日(金) AM トレーニング
9月13日(土) 1 - 0 決勝戦 vs ベトナム(My Dinh Stadium)

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー