JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表 ベトナム遠征9月 活動レポート(9/10)

ニュース

U-19日本代表 ベトナム遠征9月 活動レポート(9/10)

2014年09月11日

U-19日本代表 ベトナム遠征9月 活動レポート(9/10)

グループリーグを2連勝し1位で通過した日本は、午前中、在ベトナム日本国大使館を訪問しました。チーム全員で大使公邸に訪れ、深田博史大使と面会しました。選手も大使公邸に入ることはなかなかないため、かなり緊張していた様子。深田大使もグループリーグ2試合をテレビでご覧になっていた様子で、『優勝目指して残り2試合も頑張ってください。』と激励の言葉をいただきました。

深田大使と写真撮影を行った後、チームは大使館へ移動し、広報担当の方から大使館の業務内容やベトナムについてのお話を伺いました。
大使館を後にすると、チームは練習会場へ直行。約1時間、翌日の試合に備えて疲労を少しでも解消するためランニングとストレッチを中心にトレーニングを行いました。

夕食は、気分をかえてハノイ市内の韓国料理店で食事をとりました。たくさんのお肉がテーブルに並び、選手は箸を止めずに食べ続け、談笑しながら食事を楽しみました。

そして食事後には、このチーム恒例の一発芸大会。
今回は、進藤選手がトップバッターで芸を披露し、みんなを笑わせる予定でしたが、思っていたような笑いがとれません。しかしその後、三浦選手と高木選手がモノマネを披露し、みんなを笑わせてくれました。

明日はタイとの準決勝。厳しい試合になると思いますが、チーム全員で力を尽くします。

コメント

三浦弦太 選手(清水エスパルス)
今日は大使館を訪問したり、夕食では久々の焼肉をみんなで食べることができたりと、とてもリラックスすることができました。明日の試合はみんな疲れなどがあると思いますが、10月のAFC U-19選手権を想定し、しっかりと結果を出せるよう粘り強く戦いたいと思います。

進藤亮佑 選手(コンサドーレ札幌U-18)
今日は午前中に大使館訪問とトレーニング、そして夜は選手、スタッフで決起集会を兼ねて焼肉を食べに行きました。ベトナム滞在中は限られたものしか食べられないのでとても良いリフレッシュになりました。また、食事の最後には一発芸大会が始まり僕が最初に指名されました。思うような結果が出せませんでしたが、続く三浦選手がその空気を断ち切る大爆笑を誘い和やかなムードで解散となりました。あと2試合、ピッチ内でチームメイトの信頼を勝ち取れるように精一杯プレーしたいと思います。

スケジュール

9月3日(水) PM トレーニング
9月4日(木) AM/PM トレーニング
AFF NutiFood U19 Cup 2014
9月5日(金) AM トレーニング
9月6日(土) PM トレーニング
9月7日(日) 4 - 3 vs オーストラリア(My Dinh Stadium)
9月8日(月) AM トレーニング
9月9日(火) 3 - 2 vs ベトナム(My Dinh Stadium)
9月10日(水) AM トレーニング
9月11日(木) 16:30 準決勝 vs タイ(My Dinh Stadium)
9月12日(金) AM トレーニング
9月13日(土) 16:30/19:00 3位決定戦/決勝戦(My Dinh Stadium)

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー