JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 vs U-19ベトナム代表

ニュース

U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 vs U-19ベトナム代表

2014年09月10日

U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 vs U-19ベトナム代表

U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 vs.U-19ベトナム代表
2014年9月9日(火)19:00 キックオフ 90分(45分ハーフ)
My Dinh Stadium(ベトナム/ハノイ)

U-19日本代表 3-2(前半0-1、後半3-1) U-19ベトナム代表

得点
21分 失点(U-19ベトナム代表)
58分 井手口陽介(U-19日本代表)
84分 中野雅臣(U-19日本代表)
88分 金子翔太(U-19日本代表)
90分 失点(PK)(U-19ベトナム代表)

スタ―ティングメンバー
GK:中村航輔
DF:高木大輔、内山裕貴、三浦弦太、坂井大将
MF:杉本太郎、大山啓輔、井手口陽介、奥川雅也
FW:越智大和、金子翔太

サブメンバー
GK:吉丸絢梓
DF:藤谷壮、進藤亮佑、茂木力也
MF:小川直毅、安東輝、中野雅臣
FW:表原玄太、北川航也

交代
HT 内山裕貴 → 茂木力也
54分 杉本太郎 → 中野雅臣
70分 越智大和 → 表原玄太

マッチレポート

ベトナム代表との第2戦。スタジアムは32,000人のベトナムサポーターで埋め尽くされ、完全アウェイの状況で試合が始まりました。
両チームともすでに準決勝進出を決めていますが、互いに守備的ではなく攻撃を仕掛け合う展開になります。そして21分。ベトナムに中央から細かいパスで突破を許し、ペナルティアエリア付近からミドルシュートを打たれ、これが決まり日本は相手に先制点を与えてしまいます。追いかける展開となった日本は、失点直後から再び攻撃を仕掛けると、ゴール前でボールを受けた越智選手が右足でシュートを放つもこれを相手GKが防いで同点ゴールを奪えません。その後も杉本選手、奥川選手がゴール前でチャンスを作りますが決めることができず、ベトナムが0-1でリードし前半を終えます。

後半開始は日本のペースで試合が進み、50分には井手口選手のパスから奥川選手がゴール前に抜け出しシュートを打つも、これを相手GKが防ぎます。続けて53分にも奥川選手が右サイドから来たパスにゴール前で反応しシュートを打ちますが、これは不運にもゴールポストにあたり同点ゴールが奪えません。それでも58分、左サイドで始めたスローインから金子選手がボールを受け、中央にいた井手口選手にパス。これを井手口選手が素晴らしいファーストコントロールから右足を振り抜き、豪快なミドルシュートがゴール右隅に決まって同点に追いつきます。

振り出しに戻った試合は、互いに譲らぬ展開となり、両チームとも積極的に勝ち越しゴールを狙っていきます。すると追加点は日本。84分に奥川選手が左サイドをドリブル突破すると、途中出場の表原選手がボールを受けてゴール前にドリブルで切り込み相手を引きつけ、右サイドから走りこんできた同じく途中出場の中野選手にパス。これを中野選手がゴール左隅にシュートを決めて逆転ゴールを奪います。さらに88分には、左サイドでボールを受けた金子選手が、スピードを落とさずそのままドリブルで突破し相手を交わすと、最後はGKの状況を冷静に見ながらシュートをゴール右隅に決め追加点を奪います。その後、試合終了間際にペナルティアエリア内での混戦からファウルをとられベトナムにPKを与えてしまうと、これをゴール正面に決められ再び1点差になりますが、試合はそのまま終了。日本が3-2で勝利し、Bグループ1位で準決勝進出を決めました。
準決勝の相手は、Aグループ2位のタイ代表。11日の現地時間で16時30分から試合が行われます。
引き続きU-19日本代表への応援をよろしくお願いいたします。

選手コメント

中野雅臣 選手(東京ヴェルディユース)
今日の相手は、10月のAFC U-19選手権でも対戦するベトナム代表ということで絶対に負けられない試合でした。ベトナムサポーターがスタジアムを埋め尽くすアウェイの中でプレー出来たことは貴重な体験になりました。その中で、最後まで集中を切らさずに闘い抜いて勝利出来たことは、とても良かったです。個人としても、得点することが出来たので良かったです。試合を重ねるごとにグループでもチームでも共有できる部分が増えてきていると思うので、残り2試合でさらに高めていきたいです。次の試合に向けて、自分の役割を考えてしっかり準備していきます。

茂木力也 選手(浦和レッズユース)
今日は、途中出場でプレーすることができました。開催国のベトナム代表と試合だったので、スタジアムはほぼ満員でとても良い雰囲気でした。後半は相手の攻撃の目を潰すことができ、ゴール前のカバーなどもできたので良かったです。また出場するチャンスがあれば、要求されていることをよく考えプレーしたいと思います。今日の勝利に満足せず優勝を目指してチーム全体で頑張りたいと思います。

井手口陽介 選手(ガンバ大阪)
今日の試合は、スタジアムの歓声や雰囲気から完全にアウェイの状況でしたが、選手間ではこの雰囲気を楽しんで絶対に勝とうと言っていたので、まず試合に勝てたことが本当に良かったです。個人では、バイタルエリアに簡単にくさびやドリブルで侵入されないように特に心がけていましたが、あまり自分の思うような守備ができなかったので次の試合で改善できるようにしたいです。攻撃の部分では、相手が前からプレッシャーをかけてこなかったのにも関わらず、慌てて前に急いでしまったりしたので、もっと自分のところで落ち着いてボールを動かし、全体を見てプレーできるようにしたいと思います。今日の試合はみんなのハードワークで勝利できたと思うので、次の試合もチーム全員で勝ちたいと思います。

スケジュール

9月3日(水) PM トレーニング
9月4日(木) AM/PM トレーニング
AFF NutiFood U19 Cup 2014
9月5日(金) AM トレーニング
9月6日(土) PM トレーニング
9月7日(日) 4 - 3 vs オーストラリア(My Dinh Stadium)
9月8日(月) AM トレーニング
9月9日(火) 3 - 2 vs ベトナム(My Dinh Stadium)
9月10日(水) AM トレーニング
9月11日(木) 16:30 準決勝 vs タイ(My Dinh Stadium)
9月12日(金) AM トレーニング
9月13日(土) 16:30/19:00 3位決定戦/決勝戦(My Dinh Stadium)

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー