JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 vs U-19オーストラリア代表

ニュース

U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 vs U-19オーストラリア代表

2014年09月08日

U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 vs U-19オーストラリア代表

AFF NutiFood U19 Cup 2014 vs.U-19オーストラリア代表
2014年9月7日(日)16:30 キックオフ 90分(45分ハーフ)
My Dinh Stadium(ベトナム/ハノイ)

U-19オーストラリア代表 3-4(前半1-2、後半2-2) U-19日本代表

得点
14分 失点(U-19オーストラリア代表)
44分 越智大和(U-19日本代表)
45+1分 奥川雅也(U-19日本代表)
51分 失点(FK)(U-19オーストラリア代表)
58分 奥川雅也(U-19日本代表)
90分 失点(PK)(U-19オーストラリア代表)
90+3分 高木大輔(U-19日本代表)

スタ―ティングメンバー
GK:吉丸絢梓
DF:高木大輔、内山裕貴、三浦弦太、坂井大将
MF:小川直毅、大山啓輔、安東輝、奥川雅也
FW:越智大和、金子翔太

サブメンバー
GK:中村航輔
DF:藤谷壮、進藤亮佑、茂木力也
MF:杉本太郎、井手口陽介、中野雅臣
FW:表原玄太、北川航也

交代
HT 小川直毅 → 杉本太郎
75分 大山啓輔 → 井手口陽介

マッチレポート

オーストラリア代表との初戦。
試合序盤は、日本がボールを保持するも効果的なパスが出せず、シュートまでの形が作れません。すると14分、左サイドでボールを奪われ右に展開、ゴール中央にクロスボールを入れられてしまうと豪快なミドルシュートを決められ先制を許します。その後も日本はボール動かしますがなかなか攻めこむことができずシュートが打てません。しかし、30分過ぎからようやく日本がリズムを作り始めます。そして44分、大山選手がボールを奪い、左サイドから攻めこむと最後は越智選手がゴール前のスペースに抜け出し、GKを交わしてシュート。これを決めて同点にします。続けて前半終了間際には相手のクリアボールを奥川選手が拾い、そのままドリブルで持ち込んで右足でミドルシュートを決めて日本が逆転。2-1で日本がリードして前半を折り返します。

後半も日本が優位に試合を進めますが、左サイドで不用意なファウルからFKを与えてしまいます。これをヘディングで合わせられ同点に追いつかれます。それでも58分、金子選手が中央でボールを受け、相手を引きつけて右サイドにいた奥川選手にパスを送ると、華麗なドリブルで相手を交わしてシュートを決めて再び日本がリード。しかし、オーストラリアも負ければグループリーグ敗退のためこのままでは終わりません。試合終了間際の90分、CKから日本の守備陣のファウルを誘いPKを獲得。これを決められ再び同点に追いつかれます。

しかし日本は最後まで諦めませんでした。後半アディショナルタイムの93分、相手ゴール前で得たFKを途中出場の井手口選手がシュートを放ち、GKが弾いたところを高木選手が飛び込みシュートを決めて4-3で試合終了。課題は多くあるものの、日本が勝利し、ベトナム戦を残して準決勝進出を決めました。

選手コメント

高木大輔 選手(東京ヴェルディ)
まず勝てたことがすべてだと思います。失点もありましたが、点の取り合いの中で最後に決めて勝ち切れたことは今後につながると思います。10月のAFC U-19選手権に向けては、まだまだ課題はたくさんあるので残り3試合で改善していきたいです。個人的には代表で久しぶりにゴールがとれたことは良かったです。しかしそれ以外はミスが多かったので、次の試合では今日の反省をチームとしても個人としても活かして戦っていきたいです。

坂井大将 選手(大分トリニータU-18)
大会初戦を勝利で終えることができて良かったです。チームとして、攻撃・守備をみんなで共有できたことは次につながると思います。個人としての課題は、パスの質や動きの質を上げていくことです。第2戦に向けてしっかり準備したいです。

越智大和 選手(産業能率大学)
今日の試合は初戦ということもあり、立ち上がりは自分達の思うような試合運びができませんでした。しかし時間が経つごとに改善され、結果的に勝利できたことは良かったと思います。まだまだ修正しなければいけないことがありますが、この大会で優勝してAFC U-19選手権に繋げられるようにしたいと思います。

スケジュール

9月3日(水) PM トレーニング
9月4日(木) AM/PM トレーニング
AFF NutiFood U19 Cup 2014
9月5日(金) AM トレーニング
9月6日(土) PM トレーニング
9月7日(日) 4-3 vs オーストラリア(My Dinh Stadium)
9月8日(月) AM トレーニング
9月9日(火) 19:00 vs ベトナム(My Dinh Stadium)
9月10日(水) AM トレーニング
9月11日(木) 16:30/19:00 準決勝(My Dinh Stadium)
9月12日(金) AM トレーニング
9月13日(土) 16:30/19:00 3位決定戦/決勝戦(My Dinh Stadium)

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー