JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > フットサル女子 2015年 > AFC女子フットサル選手権マレーシア2015 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本女子代表 大会初戦、ベトナム相手に白星発進

ニュース

フットサル日本女子代表 大会初戦、ベトナム相手に白星発進

2015年09月22日

フットサル日本女子代表 大会初戦、ベトナム相手に白星発進

AFC女子フットサル選手権マレーシア2015 vs フットサルベトナム女子代表
2015年9月21日(月) キックオフ 14:00 試合時間 20分×2(プレーイングタイム)
ニライ・インドアスタジアム(マレーシア/ヌグリ・スンビラン)

フットサル日本女子代表 4-2(前半3-0、後半1-2) フットサルベトナム女子代表

得点
5分 吉林千景(フットサル日本女子代表)
10分 東山真依子(フットサル日本女子代表)
12分 高尾茜利(フットサル日本女子代表)
24分 吉林千景(フットサル日本女子代表)
34分 失点(フットサルベトナム女子代表)
39分 失点(フットサルベトナム女子代表)

スターティングメンバー
GK:山下美幸
FP:堀田えりこ、加藤沙織、坂田睦、中島詩織

サブメンバー
GK:山本彩加
FP:網城安奈、東山真依子、吉林千景、関灘美那子、北川夏奈、高尾茜利、関かおり、上本唯由

交代
GK山本彩加以外全員出場

マッチレポート

フットサル日本女子代表は、いよいよ第1回目となるAFC女子フットサル選手権マレーシア2015での初戦を迎えました。試合前にロッカールームに集まった選手を代表してキャプテンの中島詩織選手は、「アジアで初となる女子フットサルの公式大会でプレーできることをとても嬉しく思います、記念すべきこの大会で優勝できるよう頑張ります」と話しました。

また、先日お亡くなりになられたデッドマール・クラマー氏への追悼の意を表し、本日の試合は喪章を付けて臨みました。

素晴らしい雰囲気の会場で、日本から応援に来てくださった方々の熱い声援を受けながら、日本のキックオフで試合は始まりました。開始5分、ベトナムの反則で得たPKを吉林千景選手がしっかりと決め、日本は先制点を挙げます。その後日本は自分たちのペースでうまく試合を運び、何度かチャンスを作ります。そして10分には、ゴール前で相手選手がクリアしたボールに東山真依子選手が反応、見事ヘディングで合わせて得点します。続く12分には坂田睦選手が相手ゴールライン際から蹴ってポストに当たったボールを高尾茜莉選手がそのままシュート、追加点を奪いました。その後も日本は落ち着いた守備で相手の得点を許さず、前半を終えました。

後半は24分に吉林選手が本日2点目を決めますが、その後はベトナムのプレッシャーに苦しみ、日本はなかなか自分たちのプレーが出せません。そして、とうとう34分と39分には相手に得点を許してしまい、日本は追加点を奪えること無くそのまま試合は終了しました。

明日はグループリーグ第2戦となるフットサルタイ女子代表との試合に臨みます。グループリーグ突破に向け非常に大事である一戦です。

監督・選手コメント

在原正明 監督
大会初戦というプレッシャーのかかる大事な試合で、勝ち点3を取れたことはとても大きなことです。得点が4対0までは、緊張と付き合いながらも安定した戦い方でうまく力をだすことができていました。その後メンバーを変えながら戦う中で、ファウルトラブルや相手に流れがある時にどういったプレーをするべきなのか、大きな学びを得ることができた試合となりました。明日の対戦相手であるタイはアジアのライバルの一つなので、とても厳しい試合になるとは思いますが、これまでの経験をしっかり活かして、良い試合をしたいと思います。

堀田えり子 選手(SAICOLO)
「簡単な試合は1つも無い、全員で戦おう」と臨んだ大事な初戦で、早い時間帯に点が取れ、試合に勝つことができて良かったです。ただ相手は最後まで体をぶつけてきたので、同じ試合でも展開によって色々と判断をして対応をしていかなくてはならないと感じました。明日のタイ戦は、今日の反省を活かし、最後まで体を張りチーム一丸となって勝ち点3を全力で取りに行きたいです。

加藤沙織 選手(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
いよいよ初戦を迎え、色々な思いを持って良い緊張感で挑むことができました。チームの雰囲気もとても良く、ピッチに立った時は全力で戦い、ベンチにいる時は声を出して盛り上げることができたと思います。まずは勝ち点3を取ることができて良かったです。まだまだ課題はありますが、しっかりコミュニケーションを取って改善し、良かったところやうまくいったところは自信にして、今日よりも明日はさらに良くなるように、より強い気持ちで次の試合に挑みたいです。

坂田睦 選手(SWHレディースフットサルクラブ)
待ちに待ったAFC女子フットサル選手権での初戦でした。色々な方々の思いを背負って自分がこのピッチに立てることに感慨深いものがありました。まずは第一の目標としていた勝ち点3を取れたことが何より良かったです。前半の立ち上がりは全体的に固さがあったり、後半は相手のペースが続いたりと難しい時間帯もありましたが、しっかりと勝ち切ることができました。今日の試合で出た成功事例と課題点を整理し、一試合一試合成長していきたいと思います。今回マレーシアでの開催にもかかわらず、日本から応援に駆けつけてくださった方がいてとても力になりました。明日も現地で、そして日本から、応援よろしくお願いします。

第1戦 vs ベトナム ハイライト

インターネットライブ配信

AFC(アジアサッカー連盟)は、9月22日(火)14:00キックオフ(予定)[日本時間 9月22日(火)15:00キックオフ(予定)]に開催する「AFC女子フットサル選手権マレーシア2015」グループステージ第2戦 フットサル日本女子代表 対 フットサルタイ女子代表の試合の網様をインターネットライブ配信いたします。

※回線の状況や閲覧環境により、一部ご覧いただけない場合がございます。予めご了承ください。

スケジュール

AFC女子フットサル選手権マレーシア2015
9月21日(月) 4-2 vs  ベトナム(ニライ・インドアスタジアム)
9月22日(火) 14:00 vs  タイ(ニライ・インドアスタジアム)
9月23日(水) 14:00 vs  中国(ニライ・インドアスタジアム)
9月24日(木) AM/PM トレーニング
9月25日(金) 16:30/19:30 準決勝 A1vsB2・A2vsB1(ニライ・インドアスタジアム)
9月26日(土) 16:30/19:30 3/4位決定戦・決勝(ニライ・インドアスタジアム)

※時間は全て現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC女子フットサル選手権マレーシア2015 出場国
グループA イラン、マレーシア、ウズベキスタン、香港
グループB 日本、中国、タイ、ベトナム

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー