JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2018年 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表、アルゼンチンとの国際親善試合第2戦に向けて最終調整

ニュース

フットサル日本代表、アルゼンチンとの国際親善試合第2戦に向けて最終調整

2018年01月28日

フットサル日本代表、アルゼンチンとの国際親善試合第2戦に向けて最終調整

フットサル日本代表は28日(日)、世界王者であるフットサルアルゼンチン代表との国際親善試合第2戦に臨みます。第1戦に2-4で敗れた日本は、27日(土)に午前・午後の2部練習を試合会場となる富山市総合体育館で行いました。午後のトレーニングは試合に向けた公式練習で約1時間、試合に向けて最終調整を行いました。

公式練習はメディア公開となり、ウォーミングアップ後、フィールド―プレーヤーを2組に分けてパワープレーの攻撃パターンを確認。続くハーフコートのゲームでも、片方のチームは5人全員がフィールドプレーヤーとなるパワープレーの状態で行われました。最後にはフルコートのゲームが行われ、アルゼンチン戦に向けて士気を高めました。

アルゼンチンも同日の日中に公式練習を行いました。選手たちは時差にも順化してきた様子で、初戦よりも良いコンディションで第2戦に臨みそうです。

日本は2月にチャイニーズ・タイペイで開催されるAFCフットサル選手権に出場します。2大会ぶりの優勝を目指す日本にとって、この試合は大会前、最後の国際親善試合であり、第1戦で出た課題をどれだけ修正できたかも問われる試合となります。

28日(日)のフットサル日本代表とアルゼンチン代表の国際親善試合は15:10キックオフの予定です。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督(フットサル日本代表)
第1戦では世界チャンピオンのアルゼンチンに対しても、自分たちのやりたいスタイル、やろうとしていることの非常に多くが、機能することを確認できました。しかし、対戦相手は、自分たちのできないことがあれば、それを許してくれるような甘いチャンピオンではありません。それによって勝利を逃しました。そのことをしっかり肝に銘じて、明日の試合に臨みたいと思います。そうすることで互角の、がっぷり四つに組み合うゲームを続けて、なんとか最後に勝利をもぎ取りたいと思います。

FP #5 皆本晃 選手(フットサル日本代表/府中アスレティックFC)
相手が世界王者であろうと、ホームで2連敗するのは許されないので、明日の試合はとにかく勝利を目指します。初戦でも通用したアグレッシブなディフェンスは継続してやっていきたいです。ボールを奪ってからチャンスはできていたので、次はボールを奪ってしっかり得点を取りたいです。もう一つの課題は、ドリブルがうまい選手、ピヴォでボールキープができる選手が日本にはたくさんいるので、その個人の特徴がもう少し生きる形をつくってあげて、その選手がしっかり活躍してくれたらと思います。

FP #8 滝田学 選手(フットサル日本代表/ペスカドーラ町田)
明日の試合は勝つだけです。アルゼンチンは世界一を取っているチームですし、想像通り本当にうまい選手がそろっていました。こういう相手にも日本代表がやるべきことをやり通せば、かなり良い結果が得られると思います。準備期間も短く、まだお互いの動きを詰め切れていない部分もあったのですが、その落とし込みもかなりうまくできてきています。

FP #15 加藤未渚実 選手(フットサル日本代表/シュライカー大阪)
初戦は出るつもりで準備をしていたのですが、残念ながら出番がなくて、悔しかったです。アルゼンチンは技術もあって、うまくて強いです。体の使い方も上手で取られないですし、こっちがプレスをかけているつもりでも、体を使ってうまく回避してきます。自分が試合に出たらどうすればいいかというイメージもできていますし、積極的に仕掛けられる部分もあると思うので、しっかり準備を続けていきたいと思います。

ディエゴ・ジュストッシ 監督(フットサルアルゼンチン代表)
日本は同じ戦術で挑んでくると思いますが、私たちは1試合目でできなかったことを修正しながら、明日の試合も戦いたいと思います。アルゼンチンは現世界チャンピオンであり、世界のどこに行っても良いプレーが期待されています。そういった責任感を持ちながら、戦いたいと思います。私たちは主役になることを目指して戦い、人々が期待するインテンシティの高いゲームにしたいです。

スケジュール

1月22日(月) 10:00
18:00
トレーニング(アリーナ立川立飛)【一般公開】
トレーニング(アリーナ立川立飛)【一般非公開】
1月23日(火) 10:30
18:00
トレーニング(アリーナ立川立飛)【一般公開】
1月24日(水) 10:00
PM
トレーニング(アリーナ立川立飛)【一般公開】
公式練習【一般非公開】
1月25日(木) 10:00
トレーニング(アリーナ立川立飛)【一般公開】
2-4 国際親善試合 vs アルゼンチン代表(東京/大田区総合体育館)
詳しくはこちら
1月26日(金) 18:00 トレーニング(富山市総合体育館)【一般公開】
1月27日(土) AM
PM
トレーニング【一般非公開】
公式練習【一般非公開】
1月28日(日) 15:10
国際親善試合 vs アルゼンチン代表(富山/富山市総合体育館)
詳しくはこちら

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー