JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2021年 > FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021 TOP > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表 いよいよFIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021開幕

ニュース

ビーチサッカー日本代表 いよいよFIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021開幕

2021年08月19日

ビーチサッカー日本代表 いよいよFIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021開幕

8月7日からロシア・モスクワでスタートしたFIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021の直前合宿を終え、いよいよ開幕直前となりました。
海外勢とのトレーニングマッチが3試合行えたことは、大会に向けた強化を図るうえで非常に大きな経験となりました。
相手選手との間合いやシュートのタイミング、身体能力を生かしたプレーへの対応など、国内合宿だけでは経験できないものを直前に確認できたことは、ワールドカップに向けた良い準備に繋がりました。
トレーニングマッチ後、1日のオフを挟んでからはFIFA主催のミーティングなどが実施され、いよいよ始まるなという雰囲気が漂ってきました。

8月17日(火)に行われたオフィシャルトレーニングでは、初めてFIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021の会場となるスタジアムで練習を行い、雰囲気や砂の感触、距離感の掴み方などの練習を通して、選手たちは戦う準備をしていました。
ゴールキーパーの河合雄介選手は「音が反響するので、試合中指示が通りやすいかもしれない」と、音の反響具合もチェックしていました。
スタジアムは、感染対策のため50%の収容人数となるため、椅子に印をつける作業が行われていましたが、大場崇晃選手は、過去の会場と比較して「観客席の傾斜がきつく、観客が入ると圧迫感を感じるかもしれない」と話していました。

開幕前日練習では、主にこれまでの確認に重点を置き、3-1の崩しからシュートの流れや、セットプレーを繰り返しおこない、選手間でも確認の声掛けが多く見られました。

2年前の悔しい想いを胸に、今大会では世界一を取りにいくことを最後に確認し、最終練習を締めくくりました。

コーチ・選手コメント

田畑輝樹 コーチ
ロシアは思ったよりも過ごしやすい気候です。チームは現地に入ってからも感染対策をして開幕に向けて準備をしてきました。1戦目のパラグアイ戦に向けては僕たちができる準備は全てできたと思いますし、スタッフのサポートもあり、緊張感もなく良い状態で試合に臨めそうです。良い戦いができると思います。
ビーチサッカーにおいてヨーロッパのチームは試合数も多くレベルが上がっている中で、僕たちは昨年からできる試合は少なかったことはありますが、前回大会の4位を超えるために守備面をより組織的に、そして攻撃面は戦術的にと強化してきました。ピヴォにどれだけボールを当てられるかがポイントになってくると思います。前回から引き続き入っている選手はもちろん、新しい選手、そして選手兼監督のオズにも注目をしてほしいなと思います。
こういうご時勢ではありますが、少しでも明るいニュースを届けられるように、選手とともに開幕戦を絶対に勝つという気持ちで挑みますので、日本からたくさん応援してくれたら嬉しいですし、応えられるようにがんばります。

GK #1 河合雄介 選手(東京ヴェルディBS)
コンディションはとても良い感じです。僕自身も日に日に気持ちもモチベーションもあがっています。(海外のチームとの試合ができていなかったことで)これまで持っていた不安な部分は、トレーニングマッチの3試合でしっかり解消できていると思います。相手に勝つためにチームみんなで意識の共有をすること、そしてチームがひとつになればいつも以上に力が発揮できますし、もう何も怖いものはないと思っています。あとは結果を出していければなと思います。
スポーツだけでなく生活の面でも難しい状況が続いている状況で海外の大会に参加させてもらっていますが、僕たちが結果を出すことで少しでも日本の人たちに明るい話題を届けられればと思います。そのことがビーチサッカーの未来にもつながっていくと思うので、結果をしっかり残していきたいです。僕たちが日本の明るい未来も背負って頑張っていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いいたします。

FP #7 大場崇晃 選手(レーヴェ横浜)
前回大会でメダルを取りこぼしてしまい、そのときに一番足りなかったのはどうしても勝ち切るんだという気持ち、そして冷静さも含めて勝つためのプレーかなと感じました。今回はチーム全体としてそれを体現できればメダルを持って帰れると思うので、まずはグループステージではありますが、勝つことを強く意識しながらプレーしていきたいと思います。トレーニングマッチを受けて、“個としても結果を残してほしい”という言葉を監督からももらっているので、しっかり得点をとること、守備では剥がされないということを心がけていきます。チームは若手もベテランも関係なく、感染対策をしながらではありますがたくさん話もして、とても前向きな良い雰囲気だと思います。個人的にはとにかく初戦を勝つことしか考えていませんし、良い準備ができていると思います。
今は日本もすごく大変な状況ですが、家族、友人、ビーチサッカーの仲間などたくさんの人が応援してくれていますので結果で恩返ししたいと思っています。応援していただけるようなプレーを心がけて、しっかり全力で戦っていきたいと思います。

FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021

大会期間:2021/8/19(木)~2021/8/29(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー