JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2019年 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表、カタールに勝利しグループステージ突破~AFCビーチサッカー選手権タイ2019

ニュース

ビーチサッカー日本代表、カタールに勝利しグループステージ突破~AFCビーチサッカー選手権タイ2019

2019年03月11日

ビーチサッカー日本代表、カタールに勝利しグループステージ突破~AFCビーチサッカー選手権タイ2019

ビーチサッカー日本代表は、3月10日(日)20:30より、AFCビーチサッカー選手権タイ2019のグループステージ第2戦でカタールと対戦しました。第1ピリオドで先制ゴールを奪われるものの、直後にふりだしに戻すと、ピヴォ3人全員がゴールをマークし、7-1で勝利。グループステージ突破を決めました。

第1ピリオド、何度も決定機を迎えた日本でしたが、枠を捉えきれないでいると、11分に先制され、予想外の展開となります。しかし、失点直後のキックオフで、キャプテンの茂怜羅オズ選手が決めてすぐに追いつくと、第1戦でハットトリックを決めている山内悠誠選手が追加点をマークします。ラモス瑠偉監督の指示が飛ぶなか、15分には、元チームメイトの大場・赤熊のホットラインで、赤熊卓弥選手がヘッドで押し込み、渾身のガッツポーズ。プレッシャーをはねのけ、気持ちの入ったゴールで3-1にします。

第2ピリオドは、相手に何度もFKのチャンスを与えたものの、カタールのシュート精度に助けられ、得点は動かず。一方の日本は、18分に奥山正憲選手がFKのチャンスを得ると、キーパーが前に出てくることを予測し、狙いすましたコースに待望のゴールを決めます。2分後には、再び奥山選手がFKを獲得し、今度は逆のコースに決め、5-1と引き離しました。さらに22分、茂怜羅選手が鮮やかなFKを決めると、24分にはGK照喜名辰吾選手がシュート性のパスをピヴォへ送り、山内選手がこれをヘッドですらしてゴール。7-1で最終ピリオドへ。

第3ピリオドの立ち上がりは、カタールのチャンスが続きますが、GK照喜名選手を中心に防ぐと、茂怜羅選手がロングシュート。惜しくもポストに弾かれますが、会場を沸かせます。試合終盤、日本はメンバー交代をし、第2戦も全員が出場。スコアは動かず、7-1のまま試合が終了。第1戦に続き、大量得点での勝利を挙げた日本。しかし、ラモス監督は、トライが少ないと、物足りなさを強調しました。

優勝を目指す日本は、12日(火)に行われるグループステージ最終戦で、現地時間17:30(日本時間19:30)より勝ち点6同士のバーレーンと激突。日本らしい戦いで、1位通過を目指します。

監督・選コメント

ラモス瑠偉 監督
予想外の失点をしてしまう、ビーチの怖さはそういうところですね。失点直後に自分たちの自信を取り戻したのはよかった。自分たちのやりたいことができていたのに、みんなが少し焦ってできなくなってしまいました。7-1で勝っても、目指していることができなかったことには納得がいっていません。第3ピリオドで相手は疲れてきたのに、そこをうまく利用できなかったのは納得がいきません。優勝を目指しているチームが、こんなミスをしたらあかん。

FP #2 赤熊卓弥 選手(ドルソーレ北九州)
ゴールは、大場からいいボールがきたので、あとは決めるだけでした。ゴールを取れてよかったです。やっと、少し楽になりました。絶対にワールドカップに行かないといけないのでプレッシャーはありますが、応援してくれている人、支えてくれているたくさんの人がいるので、優勝してみんなで喜べるように、得点を取りたいと思っています。

FP #4 松田康佑 選手(レーヴェ横浜)
チームとしてやりたいことが少しずつ出せてきたと感じています。まだまだ納得がいくようなプレーはできていないので、もう少しリラックスしてできれば。チームとしても個人としても、やりたいことをスムーズに出せるようになれば、ストレスのない試合展開になると思います。技術のミスは起きると思うので、判断のミスはしないようにしていきたいです。

FP #11 奥山正憲 選手(レーヴェ横浜)
今日は取ってほしいところでファウルとなり、FKで点が取れてよかったです。ピヴォは、点を取ることが一番大きな仕事なので、その部分で貢献できて、かなり気持ちが落ち着きました。次は、大量得点で勝てるような相手じゃないと思うので、しっかりと締め直して、チーム一丸となって臨めるように、個人としてもパフォーマンスを上げていけるようにがんばります。

スケジュール

AFCビーチサッカー選手権タイ2019   
3月8日(金) 8-1 グループステージ第1戦 vs ビーチサッカークウェート代表(@Main Arena)
3月9日(土) TBC トレーニング
3月10日(日) 7-1 グループステージ第2戦 vs ビーチサッカーカタール代表(@Main Arena)
3月11日(月) TBC トレーニング
3月12日(火) 17:30 グループステージ第3戦 vs ビーチサッカーバーレーン代表(@Main Arena)
3月13日(水) TBC トレーニング
3月14日(木) TBC 準々決勝(@Main Arena)
3月15日(金) TBC 準決勝(@Main Arena)
3月16日(土) TBC トレーニング
3月17日(日) TBC 決勝(@Main Arena)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー