JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2019年 > AFCビーチサッカー選手権 タイ2019 TOP > 最新ニュース一覧 > アジア制覇に向けて大会初戦を勝利で飾る~AFCビーチサッカー選手権タイ2019

ニュース

アジア制覇に向けて大会初戦を勝利で飾る~AFCビーチサッカー選手権タイ2019

2019年03月09日

アジア制覇に向けて大会初戦を勝利で飾る~AFCビーチサッカー選手権タイ2019

ビーチサッカー日本代表は、3月8日(金)、AFCビーチサッカー選手権タイ2019のグループステージ第1戦でクウェートと対戦。日本は、初戦の緊張感で思い通りの内容とはいかないものの、3ピリオドを通して得点を重ね、8-1のスコアで、アジア制覇に向け、白星スタートを切りました。

現地時間20:30、昼間の暑さと比べてしのぎやすいコンディションでキックオフ。日本は、短い時間で選手交代をしながら試合を展開し、GKも含め、選手全員が第1戦に出場しました。

第1ピリオド、8分にキャプテンの茂怜羅オズ選手が先制点を奪うと、11分には大場崇晃選手がゴール中央からのFKを仕留めて、日本から応援に駆けつけた応援団を盛り上げます。さらに、茂怜羅選手が空いたスペースを見つけて、すかさず振り抜き、鮮やかなゴールでリードを3点に広げました。

第2ピリオド、ピヴォの山内悠誠選手がゴールを決めて攻撃のスイッチを入れますが、直後にクウェートのアルハマドの蹴ったシュートがGKの前でバウンドし、ゴールを許します。しかし、直後のキックオフで、田畑輝樹選手、茂怜羅選手とつないで、最後はパスをもらった山内選手がワントラップし、ニアサイドの高い位置に打ち込み、すぐさま失点の嫌なムードをかき消し、ラモス瑠偉監督と抱き合ってベンチと喜びを共にしました。さらに、山内選手は23分にハットトリックを達成。相手を引き離して最終ピリオドを迎えます。

第3ピリオドは、大場選手がFKでこの日2点目を決め、練習の成果を見せると、31分には、小牧正幸選手がオーバヘッドキックでゴール奪取。パスのタイミングがうまく合わず、ラモス監督が激を飛ばす場面も見られましたが、日本は試合終盤になっても相手を上回る運動量で、失点を1点に抑えて、8-1で勝利しました。

難しい初戦で勝利することが重要と語っていたラモス監督。課題は残したものの、初戦で勝利し、勝ち点3をしっかりと積んだ日本。この日チーム最多得点となる3点を決めた山内選手は、「今日の出来が最低で、チームはこれから上がっていく。僕自身も今日は最高ではなく、もっと点をとって、味方にアシストして、1つ1つ積み重ねて優勝したい」と、次戦へと気持ちを向けました。

日本は、中1日の10日(日)、現地時間20:30(日本時間22:30)からカタールとグループステージ第2戦を戦います。

監督・選手コメント

ラモス瑠偉 監督
勝ったことはよかったですが、内容では満足はしていません。もう少しシンプルに、ミスを少なくして、ゴールに向かってどんどん打ちにいかないと。自分たちの良さを出すためには、自分たちが主導権を握らないといけないと思います。初戦の緊張感で、プレッシャーに負けて自分たちの力を出しきれないという雰囲気があった。もっと自分たちらしいサッカーをしないと上にいけないと、選手たちには伝えたいと思います。

GK #1 照喜名辰吾 選手(琉球エリスリナ)
やろうとしたことができたところと、できなかったところがあったので、しっかりとプレーで出すことが必要だと思います。得点できたことはとても良かったのですが、相手が強くなると難しくなってくるので、もっと人を動かして、相手を走らせて、崩れたところで点をとるという形でやっていけるようにしたいです。

FP #9 山内悠誠 選手(東京ヴェルディBS)
大会前はなかなかコンディションが上がらなかったのですが、大会が始まったらスイッチが入ると自分で分かっていたので、いい意味で、これが普通だと思っています。ラモスさんが監督に就任して、力を貸してくれと言ってくれて、もう一回日本代表でやると決意させてもらいました。まだ初戦で、あまり強くない相手に対して3点取っただけですが、感謝の思いで、ゴール後にラモスさんにハグしにいきました。

FP #10 茂怜羅オズ 選手(東京ヴェルディBS)
初戦の緊張感があって、今日は自分たちのやることがうまくいかなかったような気がします。そういう時もあるから、とりあえず点をとって、勝ててよかったと思います。明日、監督の言うことを聞いて、次のカタール戦に向けて、集中しないといけないと思います。もっといい試合ができるようにがんばります。

スケジュール

AFCビーチサッカー選手権タイ2019   
3月8日(金) 8-1 グループステージ第1戦 vs ビーチサッカークウェート代表(@Main Arena)
3月9日(土) TBC トレーニング
3月10日(日) 20:30 グループステージ第2戦 vs ビーチサッカーカタール代表(@Main Arena)
3月11日(月) TBC トレーニング
3月12日(火) 17:30 グループステージ第3戦 vs ビーチサッカーバーレーン代表(@Main Arena)
3月13日(水) TBC トレーニング
3月14日(木) TBC 準々決勝(@Main Arena)
3月15日(金) TBC 準決勝(@Main Arena)
3月16日(土) TBC トレーニング
3月17日(日) TBC 決勝(@Main Arena)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー