JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表 イランに敗れるも銀メダルを獲得

ニュース

ビーチサッカー日本代表 イランに敗れるも銀メダルを獲得

2014年11月22日

ビーチサッカー日本代表 イランに敗れるも銀メダルを獲得

アジアビーチゲームズ 決勝
2014年11月21日(金)    キックオフ時間14:45    試合時間12分x3ピリオド
Saphan Hin Sports Center(タイ/プーケット)

ビーチサッカー日本代表 3-4(1st1-2, 2nd1-0, 3rd1-2)   ビーチサッカーイラン代表

得点
6分 失点(ビーチサッカーイラン代表)
8分 失点(ビーチサッカーイラン代表)
10分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)
17分 後藤崇介(ビーチサッカー日本代表)
25分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)
28分 失点(ビーチサッカーイラン代表)
33分 失点(ビーチサッカーイラン代表)

スターティングメンバー
GK: 照喜名辰吾
FP:  當間正人、茂怜羅オズ、後藤崇介、大場崇晃

サブメンバー
GK:杉田哲司
FP: 尾田博文、瀧口貴史、松尾那緒弥、赤熊卓弥


マッチレポート

アジアビーチゲームズも最終日、決勝を迎えました。日本がアジアビーチゲームズで決勝に進むのは初めてのことです。

対するイランは優勝経験もあるチーム。マルセロ監督を迎えた新生チームとしては強豪国を破って優勝し、実績と自信を積みたいところです。

第1ピリオドから両チームとも攻守に積極的な展開となり、一進一退の攻防が続きます。日本はオフザボールの動きを増やしてパスワークで、イランはパワーを武器に相手ゴールに攻め入ります。

試合が動いたのは開始6分、日本が前がかりになったところをカウンターから失点し先制を許すと、8分にも失点して2点のリードを奪われます。10分、相手のハンドで得たフリーキックを茂怜羅選手が決めて1-2で第1ピリオドを終えます。

第2ピリオド、イランに疲れが見え始めて日本がペースを掴みます。19分には當間選手のシュート性のパスに反応した後藤選手がゴールを決めて同点に追いつき第3ピリオドへ突入します。

勝負の最終第3ピリオド、キックオフを得た日本は茂怜羅選手が弾丸シュートを突き刺してついに逆転に成功します。このリードを生かしたい日本でしたが、32分にロングシュートを決められて再度同点に。この後ゴール正面で与えてしまったフリーキックを照喜名選手がファインセーブで凌ぐも、33分にペナルティエリア内での4秒ルールを犯して与えてしまったフリーキックを決められて3-4と逆転を許すとこれが決勝点に。試合はこのまま終了し、日本は金メダルを逃すこととなりました。

大会はイランが優勝、日本の準優勝という結果で大会は幕を閉じました。

ビーチサッカー日本代表の2014年の活動はこれをもって終了となりました。2015年はワールドカップアジア予選、そしてワールドカップを迎える大事な年となります。2014年、国内、そして海外で積んだ経験を生かしてチーム一丸となって戦っていきます。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス 監督
アジアビーチゲームズという公式戦で、タイトルがかかる決勝戦に進み、残念ながら敗れてはしまったものの、準優勝という結果には誇りを持っていいと思います。イランという強豪国を相手に、2点のリードを許しながらも追いつき、勝ち越すということはどの国にもできることではありません。ここで負けて学んだことは今後必ず生かしていかなければなりません。代表の活動はここがゴールではありません。来年3月にはワールドカップのアジア予選があります。ここで優勝してワールドカップに出場し、いい成績を収めるということが最大の目標です。今日の試合、これまでと同様に我々のミスが敗因です。この教訓から学べることは多いはずです。一人ひとりが課題を持ってこれからの日々を過ごして欲しいと思います。しかし、最後まで死力を尽くして戦い抜いてくれた選手たちには感謝の意を送りたいです。

茂怜羅オズ 選手(東京レキオスBS)
準優勝という結果は何も恥じるものではありません。胸を張って帰りたいと思います。しかし、ドバイ、プーケットで犯したミス、そしてそれによって負けた試合を通じて、個々の選手に何が足りなかったのかが分かったと思います。アジアビーチゲームズの決勝で負けた悔しさを感じる時間があれば、もっともっと練習しなければいけないと思います。それが自分たちに与えられた役割だと思っています。来年3月にはアジア予選があります。ここでワールドカップを逃すようなことがあれば日本のビーチサッカーは終わってしまいます。そうした責任感を持って、モチベーションを高く持って日々のトレーニングを欠かさずに取り組んでいかなければと思っています。ビーチサッカーを応援してくれている多くの人たちのためにも、ここで沈まずに前を向いて進んでいきます。

スケジュール

第4回アジアビーチゲームズ
11月16日(日) 5-2 vs マレーシア代表(Saphan Hin Sports Center)
11月18日(火) 0-0
(PSO 0-2)
vs UAE代表(Saphan Hin Sports Center)
11月19日(水)  7-3 準々決勝 vs 中国代表(Saphan Hin Sports Center)
11月20日(木)  7-2 準決勝 vs ベトナム代表(Saphan Hin Sports Center)
11月21日(金) 3-4 決勝戦 vs イラン代表(Saphan Hin Sports Center)
日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

Official Sponsor

Official Supplier

Supporting Companies

Match Sponsor

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー