JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表 アジアビーチゲームズ UAE代表にPK戦の末敗れるも2位でグループステージ突破

ニュース

ビーチサッカー日本代表 アジアビーチゲームズ UAE代表にPK戦の末敗れるも2位でグループステージ突破

2014年11月19日

ビーチサッカー日本代表 アジアビーチゲームズ UAE代表にPK戦の末敗れるも2位でグループステージ突破

ビーチサッカー日本代表 アジアビーチゲームズ 第2戦
2014年11月18日(火)    キックオフ時間12:15    試合時間12分x3ピリオド
Saphan Hin Sports Center(タイ/プーケット)

ビーチサッカー日本代表     0-0(1st0-0, 2nd0-0, 3rd0-0, Extra0-0) PSO 0-2    ビーチサッカーUAE代表
*PSO (Penalty Shoot-Out/PK戦)

スターティングメンバー
GK: 照喜名辰吾
FP:  當間正人、茂怜羅オズ、後藤崇介、松尾那緒弥

サブメンバー
GK:杉田哲司
FP: 尾田博文、瀧口貴史、赤熊卓弥、大場崇晃
*GK杉田以外出場

マッチレポート

アジアビーチゲームズ4日目、グループステージ第2戦で日本はUAEと対戦しました。午前中は曇っていた空も、チームが会場に到着する頃には太陽が顔を出し、猛烈な暑さの中でキックオフしました。

先のインターコンチネンタルカップでUAEに敗れている日本はなんとしても雪辱を晴らしたいところ。日本は現在のチームのテーマでもある守備に集中して試合に入りました。前線からプレッシャーをかけて周りがそれに連動してサポートするという日本の守備に対し、UAEは焦らずに落ち着いてボールを回すという展開。

第1ピリオド、第2ピリオドともに両チームとも特徴を出しつつも得点にはいたらず、試合は無得点のまま第3ピリオドを迎えるという展開になり、依然我慢比べが続きます。

一般的に試合が動くと言われる第3ピリオドに入り、先に流れを掴んだのは日本でした。運動量が落ちたUAEに対し、交替をうまく使いながら前線でチャンスを作ります。コーナーキックと相手ゴール近くでのスローインが続き、赤熊卓弥選手、茂怜羅オズ選手、大場崇晃選手らが連続してゴールを狙いますが惜しくもゴールならず、チャンスを生かせません。逆にミスからピンチを招くシーンもありますが辛くも失点は免れます。

試合はこのまま無得点で36分を終え、延長戦に突入。さらに3分の延長を戦っても0-0のまま決着がつかず、ビーチサッカーでは非常に稀な0-0でPK戦を決着を着けることになりました。

先攻は日本。最初のキッカーはキャプテンの茂怜羅選手ですが、相手GKのファインセーブに阻まれます。続く赤熊選手も枠を捉えられず、逆にUAEに2本連続で決められた日本は0-2で敗れ、インターコンチネンタルに続いて対UAE戦2連敗となりました。

この結果グループDの2位となった日本はノックアウトステージに進出。グループC1位の中国と準々決勝で対戦することになりました。

準々決勝は11月19日(水)、現地時間12:15(日本時間14:15)キックオフです。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス 監督
今日の試合を完璧な試合にするためには、得点だけが足りませんでした。危ないミスもありましたが失点には至らず、全員が役割を全うしてくれました。いい試合だったと言えます。交替で入る選手も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれましたし、この内容を明日の中国戦でも見せてくれれば必ず勝つことができると確信しています。ただし、ゴールは必要です。今日はそんな素晴らしい内容だっただけに、結果として敗れたという事実にショックはありました。インターコンチネンタルカップからいい流れは作れています。後は結果を残すのみですので、明日の中国戦は是が非でも勝って準決勝に進みたいと思います。

尾田博文 選手 (東京レキオスBS)
今日の相手はインターコンチネンタルカップでも対戦しました。結果はスコアレスのPK負けでした。ポジティブな言い方をすれば、久々に0-0の試合をできましたが、ネガティブな言い方をすれば、1点が欲しかったです。次からはノックアウト方式で負けられない試合になるので、勝ちにこだわって戦いたいです。

當間正人 選手 (ソーマプライア)
今回の大会は、砂の深さに手こずり、時差の関係や暑さと最初のスタートがあまりよくなかったですが、決勝トーナメントに進出できるので切り換えて臨みたいです。しかしながら今日のような試合をしたら本当に上にはあがれないと思うので、決める所は決めてゲームをコントロールしなければと思いました。でも悪いところだけではなく、守りの所は0でおさえたので守備はそのままで、明日は中国、前から来るのでそれを利用して簡単にキーパーに預けてピボに投げて落としがよければ点は入ると思うので勝ちにいきたいと思います。そしてまた決勝でUAEを倒して優勝したいと思います。 

スケジュール

第4回アジアビーチゲームズ
11月16日(日) 5-2 vs マレーシア代表(Saphan Hin Sports Center)
11月18日(火) 0-0
(PSO 0-2)
vs UAE代表(Saphan Hin Sports Center)
11月19日(水)   準々決勝 vs 中国代表(Saphan Hin Sports Center)
11月20日(木)   順位決定戦~準決勝(Saphan Hin Sports Center)
11月21日(金)   順位決定戦~3位決定戦~決勝戦(Saphan Hin Sports Center)

*PSO (Penalty Shoot-Out/PK戦)

日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

Official Sponsor

Official Supplier

Supporting Companies

Match Sponsor

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー