JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー代表 ベトナムに勝利、金メダルめざしていざ決勝へ

ニュース

ビーチサッカー代表 ベトナムに勝利、金メダルめざしていざ決勝へ

2014年11月21日

ビーチサッカー代表 ベトナムに勝利、金メダルめざしていざ決勝へ

アジアビーチゲームズ 準決勝
2014年11月20日(木)    キックオフ時間13:30    試合時間12分x3ピリオド
Saphan Hin Sports Center(タイ/プーケット)

ビーチサッカー日本代表 7-2(1st1-1, 2nd2-1, 3rd4-0)   ビーチサッカーベトナム代表

得点
7分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)
12分 失点(ビーチサッカーベトナム代表)
21分 赤熊卓弥(ビーチサッカー日本代表)
24分 失点(ビーチサッカーベトナム代表)
24分 當間正人(ビーチサッカー日本代表)
26分 大場崇晃(ビーチサッカー日本代表)
27分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)
31分 後藤崇介(ビーチサッカー日本代表)
34分 後藤崇介(ビーチサッカー日本代表)

スターティングメンバー
GK: 照喜名辰吾
FP:  當間正人、茂怜羅オズ、後藤崇介、松尾那緒弥

サブメンバー
GK:杉田哲司
FP: 尾田博文、瀧口貴史、赤熊卓弥、大場崇晃


マッチレポート

アジアビーチゲームズ準決勝で、日本は初の決勝進出をかけてベトナム代表と対戦しました。

この日も、ベトナムの分析結果を朝食後のミーティングで共有して試合に向けて準備します。

準決勝は、日本にとってこれまでで最も遅い13:30のキックオフ。「落ち着いて日本のビーチサッカーをしよう」とマルセロ監督が試合前に話したとおり、日本がポゼッションを高めて序盤から主導権を握ります。しばらく膠着状態が続きましたが、第1ピリオド7分、相手のミスから得たフリーキックを茂怜羅オズ選手がきっちり決めて先制点を奪います。このリードを保ったまま第1ピリオドを終えるかと思った残り11秒、ベトナムに同点ゴールを決められて試合の流れをつかみそこねます。

第2ピリオドも両チームとも得点できない時間が続き、赤熊卓弥選手のヘディングで日本が待望の追加点を奪うも、第1ピリオド同様残り30秒で同点に追いつかれてまたもや流れをつかむことができません。

勝負の第3ピリオド。ここから日本が息を吹き返し、これまでにないパスワークでベトナムを翻弄します。大場崇晃選手、茂怜羅選手がゴールを決めてベトナムを突き放すと、終盤には選手全員の鮮やかなパス交換から最後は後藤崇介選手が連続ゴールを奪って試合終了。7-2の快勝で初の決勝進出を決めました。

なお、この後に行われた準決勝第2試合で、グループステージで日本が敗れたUAEとのPK戦を制したイランが決勝の相手に決まりました。

決勝の相手が決まり、夜に行われたミーティングでは、「(イランは)これまでの相手より手強いのは間違いない。しかし、相手がどこということではなく、日本のビーチサッカーを貫けば勝てない相手はいない。」と、マルセロ監督が翌日の決戦を前に改めてチームの戦い方を確認しました。

日本史上初の金メダルがかかる決勝は21日(金)現地時間14:45キックオフです。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス 監督
今日の試合は、結果だけ見れば楽勝に見えますが、中身は非常に厳しい試合でした。決勝はイランが相手となりましたが、とてもパワフルで、実績もあるチームです。アジアビーチゲームズで初めて決勝の舞台を踏む日本と違い、彼らは優勝経験もあり、逆にそれがプレッシャーになってくるに違いありません。しかし、相手がどこということではなく、我々は日本らしいビーチサッカーをするだけです。この舞台に来ることができなかった仲間のために、日本のビーチサッカーのために、そしてここプーケットに来ているチームJAPANのために、明日の決勝はなんとしても勝って優勝したいと思います。

瀧口貴史 選手(ノーソックス横浜)
昨日の試合に引き続き、今日も点差ほど簡単な試合ではありませんでしたが、最後まで諦めず皆で戦い抜いた事が結果に繋がったと思います。優勝しなければここまで勝ち抜いてきた意味がないので、何がなんでも優勝します。

杉田哲司 選手(湘南SPREAD1545)
今日のベトナム戦、個人的には残り3分弱、5点差からの出場でしたが、今大会では延長の3分間で4点入る試合もあったので最後まで失点せずに第3ピリオドを終えることができて良かったです。優勝まであと一勝となりました。ここまでこれたのは非常に多くの方々の力があったからです。この感謝を胸に戦います。

スケジュール

第4回アジアビーチゲームズ
11月16日(日) 5-2 vs マレーシア代表(Saphan Hin Sports Center)
11月18日(火) 0-0
(PSO 0-2)
vs UAE代表(Saphan Hin Sports Center)
11月19日(水)  7-3 準々決勝 vs 中国代表(Saphan Hin Sports Center)
11月20日(木)  7-2 準決勝 vs ベトナム代表(Saphan Hin Sports Center)
11月21日(金) 14:45  決勝戦 vs イラン代表(Saphan Hin Sports Center)
日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

Official Sponsor

Official Supplier

Supporting Companies

Match Sponsor

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー