JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > ドイツ戦前日、試合会場で公式練習を実施~なでしこジャパンヨーロッパ遠征(4/1-11@フランス、ドイツ)

ニュース

ドイツ戦前日、試合会場で公式練習を実施~なでしこジャパンヨーロッパ遠征(4/1-11@フランス、ドイツ)

2019年04月09日

ドイツ戦前日、試合会場で公式練習を実施~なでしこジャパンヨーロッパ遠征(4/1-11@フランス、ドイツ)

9日(火)に控えるヨーロッパ遠征第2戦・ドイツとの国際親善試合を前に、なでしこジャパンは試合会場のベンテラー・アレーナで公式練習を行いました。

ベンテラー・アレーナは現在ドイツブンデスリーガ2部に所属するSCパーダーボルン07のホームスタジアムで、2008年7月のボルシア・ドルトムントとのオープニングマッチで歴史が始まった比較的若いスタジアムです。シルバーとブルーが特徴の外観で、ソーラーパネルを乗せた屋根が四方を囲み、観客は雨に濡れずに試合を観戦することができます。15,000人を収容するスタンドは限界までピッチに近い構造となっていて、試合の興奮を間近に感じることができるサッカー専用スタジアムです。

ウォーミングアップを終えてピッチに出た選手たちは、対面パスやヘディング、パス&コントロールでピッチコンディションを確かめると、ピッチを広く使った自陣からのビルドアップトレーニングではボールの転がり方やスパイクのかかり具合なども確認します。冒頭15分のみメディアに公開し、非公開時間中は紅白戦とセットプレーの確認を行い、1時間の公式練習を終えました。

ドイツの印象を「本当に強い相手」とシンプルに評した高倉麻子監督は、1-3で落としたフランス戦から「自分たちで起き上がれるかが大事。ブレずに、自分たちの武器を再確認して、チャレンジャーとして成長するために積極的なチャレンジをしたい」と話しました。

ドイツ戦は9日(火)16時(日本時間23時)キックオフ予定です。

選手コメント

DF #3 鮫島彩 選手(INAC神戸レオネッサ)
ドイツはフランスより攻守に組織的なチームだと思います。フォーメーション的にミスマッチが起こりやすいかもしれないので、守備面では追い方など、チームで話してから試合に入りたいです。フランス戦では前線の高い位置から追いはじめていましたが、スピードとパワーがあるチームに対しては、それがスペースを与えてしまうことにもなるので、そこははっきりさせて試合に臨みたいところです。サイドにスピードがあって仕掛ける選手が多いので、そこをいかに食い止めるかが課題です。ドイツ戦では、フランス戦で得た課題を改善することができる貴重な機会ですし、ワールドカップに向けて更に改善できる機会にしたいと思います。

MF #14 長谷川唯 選手(日テレ・ベレーザ)
フランス戦は良くない結果でしたが、チームはいつもどおりの雰囲気です。苦しい試合が続いていますが、これまでよりも相手のレベルが上がっていることもあって、チームとしてやれることが少なくなってきている中で、自分としても去年のピークに比べたら落ちていると思うので、戻せるようにしたいです。戦い方として、相手のDFラインと中盤の間で受けて前を向くというような基本的なことや、いいポジショニングを取れれば、日本の良さを出せると思います。点を取れれば一番いいですが、それだけになることなく、守備でも特徴を出していきたいです。

FW #20 横山久美 選手(AC長野パルセイロ・レディース)
ワールドカップメンバーが決まる前の最後の試合です。フランス戦ではヨーロッパのレベルの高さを感じました。ドイツも強い相手ですが、負けて帰る訳にはいきません。日本らしくチームワークを生かして、ボールを保持する時間を増やすことでチャンスも作れると思います。自分の仕事はゴールを奪うことですが、ここ最近取れていないのでゴールに飢えています。ドイツには元チームメートや対戦していた相手もいるので楽しみすし、やはり勝ちたいです。

スケジュール

4月2日(火) AM/PM トレーニング
4月3日(水) AM トレーニング
PM 公式練習
4月4日(木) 1-3 国際親善試合 vs.フランス女子代表(スタッド・アッベ・デシャン)
4月6日(土) AM トレーニング
4月7日(日) AM/PM トレーニング
4月8日(月) PM 公式練習
4月9日(火) 16:00 国際親善試合 vs.ドイツ女子代表(ベンテラー・アレーナ)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

国際親善試合 ~ヨーロッパ遠征~

大会期間:2019年3月31日(日)~2019年4月11日(木)
会場:スタッド・アッベ・デシャン、ベンテラー・アレーナ

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー