JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 TOP > 最新ニュース一覧 > 高校サッカーの名門・桐生第一と前橋育英がプレミア昇格を決める! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフ

ニュース

高校サッカーの名門・桐生第一と前橋育英がプレミア昇格を決める! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフ

2021年12月13日

高校サッカーの名門・桐生第一と前橋育英がプレミア昇格を決める! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフ

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフは12月12日(日)、広島県内で2回戦6試合を行い、2022年度からプレミアリーグに昇格する6チームが決まりました。

ピックアップマッチ1

帝京長岡高校 3-4(前半3-1、後半0-3)桐生第一高校

エディオンスタジアム広島で行われた帝京長岡高校(北信越1/新潟)と桐生第一高校(関東3/群馬)による第1試合は、激しい点の取り合いになりました。先に見せ場をつくったのは、帝京長岡です。18分にはDF松本大地選手(#3)のロングフィードから、ゴール前を抜け出したFW渡辺祐人選手(#9)が先制点をマーク。直後には桐生第一のFW大津聖人選手(#25)に1点を返されましたが、38分には右サイドから入れたロングスローのこぼれ球をMF武原幸之介選手(#6)が頭で合わせて再び先行します。42分にも左からパスを受けたFW三宅凌太郎選手(#10)の落としを渡辺選手が決めて、3-1で試合を折り返しました。

桐生第一は1回戦から中1日での試合ということもあり、後半に入ってから運動量が落ち苦しい展開が続きましたが、下を向きません。キャプテンのMF金沢康太選手(#6)は「自分たちにとって最後の大会。このメンバーでラストの試合なので最後まで諦めたくなかった」と振り返ります。73分にMF浅田陽太選手(#7)のパスからゴール前に抜け出したDF倉上忍選手(#2)が決めて反撃の狼煙を上げると、80分には左CKからDF大隅斗聖選手(#13)が同点ゴールを奪いました。怒とうの追い上げで勢いに乗った桐生第一は、87分にFW吉田遥汰選手(#11)が4点目をマーク。4-3で勝利し、初のプレミアリーグ昇格を手にしました。

ピックアップマッチ2

V・ファーレン長崎U-18 0-2(前半0-2、後半0-0) 前橋育英高校

前橋育英高校(関東2/群馬)は今回が5度目のプレミアリーグ昇格をかけたチャレンジ。「自分たちの代で(プレミアに)上げて前橋育英の歴史に名を刻もうという思いだった」とキャプテンのDF桑子流空選手(#5)が振り返る通り、気合十分でV・ファーレン長崎U-18(九州1/長崎)に挑みました。

序盤から徹底したのは、前線からの守備でした。「相手DFは蹴って、自分たちの背後を狙ってくるというのは分析して分かっていた」と話すMF徳永涼選手(#14)の指示を合図に、長崎のビルドアップを限定。苦し紛れに蹴ったボールを拾って、サイド攻撃へとつなげました。26分には、左クロスのこぼれ球をFW守屋練太郎選手(#9)がシュート。これがMF小池直矢選手(#23)の足に当たって、ゴール前に落ちた瞬間をFW渡辺亮平選手(#11)が逃さず、ダイレクトで押し込みました。渡辺選手は45+1分にも、右クロスから生まれた相手DFの隙を突いて、2点目をマークしました。

後半は3点目を狙いながら、うまく攻撃ができない時間が続きました。相手のフィードから、FW中島聖翔選手(#10)の仕掛けやFW七牟禮蒼杜選手(#13)の飛び出しを受ける場面もありましたが、「自分たちが握る時間が長かったので、リスク管理を欠かさず徹底していた」という桑子選手を中心に冷静に対処し、2-0で試合を終えました。

監督・選手コメント

田野豪一 監督(桐生第一高校)
1回戦の米子北高校戦はいろいろ設定通りに勝てましたが、今日は設定の逆でした。ここまでうまくいくとは思わなかった。劇的でしたね。3点目のCKからの得点は今大会に向けて準備をしてきたので、自信はありました。研究されていましたが、普段どおりに戦うことができれば勝てるだろうと思っていました。決めた大隅はその前のプレーで足をつっていたので、「ワンジャンプだけしてくれ」と伝え、交替の準備をしていました。結果的に交替させなくて良かったです。

MF #6 金沢康太 選手(桐生第一高校)
選手権予選で負けて、そこからチームで「プレミアに行こう」とうまく同じ方向を向けて、再スタートしました。最後の最後で勝って終われたので、笛が鳴った瞬間、自然と涙が出てきました。そこから、本当に勝ったんだと改めて実感したら、もっと泣いてしまいました。桐生第一にとって初めてのプレミアリーグという舞台を用意することができました。後輩たちはプレミアリーグでも戦っていけると思うので、良い準備をして、やれることを全て出し切ってほしいです。

原田武男 監督(V・ファーレン長崎U-18)
プリンスリーグに上がって5年目の今年に優勝できたのは3年生だけでなく、下級生にとっても大きい。他のチームを引き離して優勝したわけではありませんでしたが、やり方次第では勝てるんだよと示せた1年でした。ただ、ここに来るとやっぱそれだけでは誤魔化しは効かないというのもみんなが分かったと思う。やっぱり力を付けなければいけない。地力を付けてこの場に戻ってきたいです。それくらいプレミアは高いところだと感じました。

山田耕介 監督(前橋育英高校)
今回がプレミア昇格を懸けた5回目の挑戦。試合に挑むにあたって、選手には今まで負けた試合の映像を編集して、先輩たちが悔しい思いをした姿を見せました。心に響いてくれたのではないでしょうか。また負けたら、いろいろな人に「耕介さん、ダメだね」なんて言われる。前の試合で桐生第一が大逆転で勝ち、これで前橋育英が行けなかったらどうしようというプレッシャーもあったので、ホッとしています。

大会期間:2021年12月10日(金)・12月12日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー