JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 TOP > 最新ニュース一覧 > 清水は流経大柏と痛恨のドロー 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第12節

ニュース

清水は流経大柏と痛恨のドロー 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第12節

2021年12月13日

清水は流経大柏と痛恨のドロー 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第12節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021の最終戦が12月11日(土)と12日(日)に各地で開催されました。EASTでは勝点平均で2位につける清水エスパルスユース(静岡)が、練習拠点としている鈴与三保グラウンドに流通経済大学付属柏高校(千葉)を迎え、延期分の第12節で激突しました。

ピックアップマッチ

清水エスパルスユース 1-1(前半0-0、後半1-1) 流通経済大学付属柏高校

清水は逆転優勝するために、この試合に勝利した上で首位・青森山田高校(青森)の結果を待つ状況です。しかし、「優勝が懸かった試合だから、とみんな固くなってしまったところがあって、前半の最初は思い切りの良いプレーが少なかった」とMF金子星太選手(#7)が振り返ったように、心理的プレッシャーの影響からか持ち前のパスワークをなかなか発揮できません。

対する流経大柏は、先発が2年生10人、1年生1人というメンバー構成。これには「少し傷んでいる選手もいたので、それなら思い切って2年生主体の構成にしてしまおうと。(全国高校サッカー)選手権に向けた個々のアピールにも期待した」という榎本雅大監督の意図がありました。キャプテンマークを巻いた大川佳風選手(#2)は、「今までは3年生に付いていくという選手が多かったけれど、この試合では『空元気でも良いから全員で声を出して、盛り上げていこう』という話をして、立ち上がりから良いゲームができた」と試合への入り方に手応えを感じたようです。

均衡が破れたのは66分。スローインからFW斉藤柚樹選手(#17)が収め、最後は金子選手の右足シュートで清水が先制。しかし、流経大柏もすぐさま反撃に出ます。71分、MF小西脩斗選手(#42)の左CKのこぼれ球をDF萩原聖也選手(#15)が頭で押し込み、試合を振り出しに戻しました。

その後も一進一退の攻防が続きましたが、互いに譲らず1-1のまま試合終了。勝点1ずつを積み上げ、リーグ最終戦を終えました。

清水の岩下潤監督は、最後まで優勝争いを繰り広げたことについて、「(シーズンを通して)引き出しが増えたり、選手同士で話し合って対応できるようになった。また、最後に難しさを教えてもらえるのがサッカーの良いところだし、厳しいところ」と総括。一方の流経大柏は、「これだけ戦わないと勝てない、これだけ走っても勝てない。そういう部分を選手は感じたと思う。アウェイでドローという結果は悪くない」(榎本監督)と自信を掴み、全国高校サッカー選手権大会に向けてさらなるチーム強化に励んでいきます。

監督・選手コメント

岩下潤 監督(清水エスパルスユース)
青森山田の途中経過は選手たちには伝えず、この試合に懸けようと思っていました。ただ選手たちは、結果を知らなくても「この試合に勝って、(他会場の)結果によってはチャンピオンになれる」というのがプレーに出てしまい、守りに入ったと思います。少し残念ですが、ありがちなこと。リーグ戦トータルで考えると中断明けの1分け1敗が響いてしまいましたが、最後まで優勝争いに関われたのは毎日の積み重ねの結果だと思います。

DF #3 菊地脩太 選手(清水エスパルスユース)
今まで良かったところが全然出ていなかったし、こういう一戦ほど楽しめなければ、緊張して固くなっているようでは(優勝は)掴めない。自分自身は「楽しもう」という気持ちでしたが、チーム全体として固さがあったと感じました。ただ、昨シーズンはコロナ禍でなかなか試合ができなかったので、今年こういう環境で試合を続けられたことは本当に感謝しています。

榎本雅大 監督(流通経済大学付属柏高校)
エスパルスには前回対戦で負けているので、リベンジしたいという思いと、選手権に向けたアピールのためにも、選手たちには“戦う”姿勢を出してほしいと思いながら乗り込んできました。そういう意味ではアウェイでドローという結果は悪くないと思っています。守備の部分は原点に返り、出足が良くなってきていますが、課題は得点力。ペナルティーエリア内にもっと人数を掛けられるように、選手権までに改善していきたいです。

DF #2 大川佳風 選手(流通経済大学付属柏高校)
2年生が主体となったゲームで、練習の時は元気がなく不安だったのですが、「とにかく今日は空元気でもいいから、全員で盛り上げていこう」という話をして、良い入りができました。ただ、ベースが低く、受けに回る場面が多くなってしまったので、サイドに起点をつくったり、ボランチがもう少し前でプレーする場面を増やしていかないといけない。2年生がこの試合で得た経験は大きいので、3年生と合わせてより良いチームにしていきたいと思います。

その他の試合結果

EAST
横浜FCユース 0-4(前半0-4、後半0-0) 青森山田高校
浦和レッドダイヤモンズユース 2-0(前半0-0、後半2-0) 市立船橋高校
FC東京U-18 2-0(前半2-0、後半0-0) 大宮アルディージャU18

青森山田高校(青森)は3分に先制すると、前半のみで4得点。横浜FCユース(神奈川)を退けて、一昨年に続き2回連続でEAST優勝を決めました。来季のプリンスリーグ降格が決まっている浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)は市立船橋高校(千葉)と対戦。浦和は57分にFW伊澤壮平選手(#9)、78分にMF堀内陽太選手(#16)のゴールが生まれ、最終戦を白星で飾りました。FC東京U-18(東京)は8分のFW野澤零温選手(#18)の先制ゴールで主導権を握ると、大宮アルディージャU18(埼玉)の攻撃をシュート4本に抑え、2-0で勝利しました。

WEST
ジュビロ磐田U-18 2-1(前半1-1、後半1-0) 大津高校
京都サンガF.C. U-18 2-5(前半0-2、後半2-3) ガンバ大阪ユース
ヴィッセル神戸U-18 2-0(前半0-0、後半2-0) 東福岡高校
セレッソ大阪U-18 2-2(前半0-1、後半2-1) サガン鳥栖U-18

ジュビロ磐田U-18(静岡)は大津高校(熊本)をホームに迎えての一戦。1-1で迎えた後半開始直後に、FW後藤啓介選手(#23)のスルーパスに抜け出したFW西村日陽選手(#10)が右足で決勝ゴールを決め、磐田が今季5勝目を挙げました。京都サンガF.C. U-18(京都)と対戦したガンバ大阪ユース(大阪)は攻撃陣が躍動しました。2点リードで迎えた後半は、京都に得点を許すものの、FW坂本一彩選手(#11)の2得点などで突き放し、5-2で勝点3を掴みました。ヴィッセル神戸U-18(兵庫)と東福岡高校(福岡)は互いにスコアレスで試合を折り返しますが、後半にDF寺阪尚悟選手(#19)とFW生駒泰輝選手(#13)のゴールで神戸が勝利しました。セレッソ大阪U-18(大阪)とサガン鳥栖U-18(鳥栖)の対戦では、アウェイの鳥栖が先行するも、C大阪は87分にMF伊藤翼選手(#13)のゴールで追いつき、勝点1を分け合いました。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月12日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー