JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフ TOP > 最新ニュース一覧 > 川崎F、アカデミー福島が高校最高峰の舞台への切符を勝ち取る! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフ

ニュース

川崎F、アカデミー福島が高校最高峰の舞台への切符を勝ち取る! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフ

2021年12月13日

川崎F、アカデミー福島が高校最高峰の舞台への切符を勝ち取る! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフ

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフは12月12日(日)、来季の高円宮杯プレミアリーグ昇格が懸かった2回戦を開催しました。

ピックアップマッチ1

川崎フロンターレU-18 3-0(前半0-0、後半3-0) 阪南大学高校

広島広域公園第一球技場で行われた第1試合は、川崎フロンターレU-18(関東1/神奈川)と阪南大学高校(関西2/大阪)が対戦しました。前半は阪南大高がFW鈴木章斗選手(#18)をターゲットにした攻めでゴールに迫り、セットプレーなどでチャンスをつくります。しかし、川崎FもGK青山海選手(#1)を中心に守備陣が粘りのプレーを見せ、0-0のまま前半を終えました。

後半に入ると、1回戦から中1日の阪南大高の運動量が落ち、川崎Fがボール支配率で上回って押し気味にゲームを進めます。54分にはFW五十嵐太陽選手(#10)の左からのセンタリングを、「完全にフリーだったので緊張しましたが、狙い通りに合わせることができた」というDF松長根悠仁選手(#20)がヘッドで決めて先制。63分にはFW田中幹大選手(#9)の右からセンタリングを、五十嵐選手が中央で合わせてリードを広げました。

さらに76分にも五十嵐選手がこの日2点目を決め、優位を決定的なものとしました。阪南大高も何とか一矢報いるべく攻め込みましたが、最後まで守備を崩せず、川崎Fが3-0で完封勝利。川崎Fはプレーオフ初出場で初めての昇格を果たし、長橋康弘監督は「昇格はチーム立ち上げ当初からの目標。やってくれると思っていたが、想像以上に頑張ってくれた」と選手たちを称えていました。

ピックアップマッチ2

尚志高校 0-0(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-0、PK4-5) JFAアカデミー福島U-18

2019年以来のプレミアリーグ復帰を目指す尚志高校(東北1/福島)と、2015年以来の復帰を目指すJFAアカデミー福島U-18(東海2/静岡)の一戦は、両チームの守備陣の奮闘が光る一戦となりました。尚志は3分にMF松尾春希選手(#10)が左足でシュートを放ちますが、アカデミー福島GK大畑神唯選手(#1)が好セーブ。アカデミー福島も15分にMF本保奏希選手(#8)がドリブルでゴールに迫ったものの、尚志GK鮎澤太陽選手(#1)が防ぎ、得点を許しません。

後半はアカデミー福島がゴール前でのセットプレーを多く獲得しますが、なかなか均衡が破れません。0-0のまま突入した延長前半5分、尚志FW本田陸選手(#18)が狙った左足シュートは、クロスバーに当たって下にはね返ったものの、ゴールラインは越えずにノーゴール。結局、勝負の行方はPK戦にもつれ込みました。

お互い3人目まで全員が成功しましたが、先攻の尚志は4人目の新谷一真選手(#7)が右ポストに当てて失敗。アカデミー福島は5人全員が成功し、6年ぶりの昇格を果たしました。アカデミー福島のGK大畑選手は「今年はキャプテンに指名してもらって、それまで以上に責任感が強くなり、俺がこのチームを勝たせてやるという強い気持ちで1年間やってきた。すごくうれしいです」と涙ながらに語っていました。

監督・選手コメント

GK #1 青山海 選手(川崎フロンターレU-18)
このチームの始動日からプレミアリーグ昇格を目標にやってきて、挑戦権を取り、絶対に昇格してやろうと思っていたので、ベンチのメンバーも含め、開始直後から良い形で試合に入ることができました。前半は受けてしまった時間帯もありましたが、無失点で終えることができたのが良かったです。後半は先制点が入ってから勢いに乗り、後ろから見ていてもいけると思っていました。みんなが頑張ってくれたおかげです。来年のチームが良いステージで戦えることを目標に頑張っていたので、結果につながってうれしいです。

濵田豪 監督(阪南大学高校)
前半の最後くらいから足が完全に止まってしまいました。前半に前からボールを奪いに行った時間帯で、セットプレーなどのチャンスで得点できていれば、流れは変わっていたと思います。チャンスを生かせず、結果的に力の差が出ました。プレミアリーグプレーオフに出場するのは3回目で、過去2回は全国高校サッカー選手権大会の大阪府大会決勝で敗れ、切り替えが難しい状況で臨んでいます。今回は出場が決まっており、次の大会がある状況なので、切り替えて、しっかりコンディションを整えて準備していきたいです。

船越優蔵 監督(JFAアカデミー福島U-18)
我慢強く戦ってくれました。こういう試合展開になることは想定していたので、しっかり準備ができていましたし、何より選手たちが集中力を切らさずプレーしたことが良かったです。(中1日での試合だったが)コンディショニングも、コーチ陣や選手一人一人が意識を高く持って取り組んでくれました。今年のチームは、みんなひたむきにプレーできるし、失点がすごく少なくて勝負強い。(MF関日向多選手が11分で負傷交代するアクシデントもあったが)最初から総力戦だと言っていました。広島に来たメンバー20人全員で戦うことができたと思います。

仲村浩二 監督(尚志高校)
選手は精一杯やってくれました。完全に僕のせいです。もっと自由に、のびのびやらせてあげれば勝利に近づけたと思います。選手は精一杯、ベストを尽くしてくれました。(守備面は)CKなど、集中力を切らさずにやってくれたと思います。(PK戦に備えて交代で入ったGK布川陽大選手は)最近すごく調子が良くて、僕の直感で彼の力に頼ってみたのですが、相手のキックがうまかったです。GKがどうにかできるものではありませんでしたね。幸いなことに、うちには全国高校サッカー選手権大会があるので、そこに向けて調整していきたいです。

大会期間:2021年12月10日(金)・12月12日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー