JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 前年王者のFC東京は最終節で勝利もプレミア残留はならず 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 EAST第18節
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

前年王者のFC東京は最終節で勝利もプレミア残留はならず 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 EAST第18節

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2018年12月10日

前年王者のFC東京は最終節で勝利もプレミア残留はならず 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 EAST第18節

ピックアップマッチ

柏レイソルU-18 0-1(前半0-1、後半0-0)FC東京U-18

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグEASTは9日(日)に第18節を開催し、5位・柏レイソルU-18(千葉)は9位・FC東京U-18(東京)と対戦しました。

前節、プレミアリーグ残留を確定させた柏と、逆転でのプレミア残留のために勝利が必要なFC東京との一戦は、最終節にふさわしい見応えのある攻防が続きました。

立ち上がりから出足の鋭さを見せたのはFC東京。テンポよくボールを動かして柏陣内で試合を進めます。柏もピッチをワイドに使ってサイドの起点から仕掛け、14分には左サイドから敵陣深くに進入。ゴール前で決定的な場面をつくり出しますが、FC東京の懸命のディフェンスに阻まれます。

34分、FC東京はMF芳賀日陽選手(#10)の展開から、DFバングーナガンデ佳史扶選手(#22)が左サイドを突破。中央へのマイナスのパスに、ボランチのMF寺山翼選手(#17)が詰め、狙いすましたシュートを突き刺します。先制に成功したFC東京は、その後も果敢に前線からプレスをかけてチャンスを生み出しますが追加点を奪うには至らず、前半を終了しました。

後半は反撃に臨む柏がリズムをつかみます。ボールを支配し、持ち前のパスワークやダイレクトプレーを生かして東京ゴールに迫ります。

67分、DF貞廣大輔選手(#2)のオーバーラップからサイドのコンビネーションで相手DFを崩しますが、FW正田徳大選手(#10)はわずかに合わせられず。79分、スルーパスを受けたFW森海渡選手(#9)が、右エリア内から放った決定的なシュートもFC東京GK野澤大志ブランドン選手(#30)のセーブに阻まれ、ネットを揺らすことはできません。

FC東京も粘り強い守備からカウンター攻撃を仕掛けて追加点を狙おうとし、共に気迫のこもった戦いを繰り広げましたが、0-1のスコアのままタイムアップ。寺山選手のゴールが決勝点となり、FC東京が勝利をつかみました。

この結果、前年王者のFC東京は終盤の3試合を2勝1分けで締めくくりましたが、今節、浦和レッドダイヤモンズユース(7位)とジュビロ磐田U-18(8位)が引き分けたため、勝点1差で届かず。2011年以来となるプリンスリーグ関東への降格が決定しました。

監督・選手コメント

山中真 監督(柏レイソルU-18)
3年生にとっては柏アカデミーとしてラストの試合。そのモチベーションを勝利につなげるために彼らを起用しました。敗れた悔しさはありますが、プレミアリーグではどのチームもプレッシャーが厳しく、簡単にボールを取れないし、ゴールも決めさせてくれない。その中で選手たちは「どのような状況になっても攻撃的に戦う」姿勢を貫いてくれました。1年を通して苦しい時期もありましたが、選手自身で考え、修正を施し、主体性をもってたくましく成長していった。彼らの先につながる1年だったとも感じてます。

DF #4 杉井颯 選手(柏レイソルU-18)
「自分たちらしさ」を見せられた時間も多くありましたが、勝つことができず残念です。今日の試合だけでなく、1年をとおして「もっとできた」というのが正直な思いかもしれません。僕たちは柏らしいスタイル=ボールを大事に、スペースを支配し、相手を圧倒するサッカーで優勝を目指していましたが、プレミアリーグの強度を体感する中、連敗が続いた時もありました。それでも個性豊かな仲間と助け合い、成長できたことも確か。感謝の気持ちを持ちながら、この舞台を楽しむことがきました。

佐藤一樹 監督(FC東京U-18)
自分たちが勝点3を獲るために、準備してきたことを表現し、この1年間の取り組みや生きざまも見せようとしたゲームでした。個々の成長を最大の目標としてU-23チームにも選手を送り出す中、選手たちは必死に戦う姿勢を含め、成長した姿を見せてくれました。最後に表現した「意地」は、FC東京の歴史と伝統を継承できた証かもしれません。それがもう少し早い時期にできていれば……という悔いがない訳ではありませんが、選手たちのサッカーは続きます。それぞれの悔しさをバネとしてレベルアップしてほしいです。

MF #17 寺山翼 選手(FC東京U-18)
残留は他力であり、まずは勝利で締めくくることだけを意識していました。前半は積極的に仕掛けて自分たちのゲームができ、理想の形でゴールを取ることもできました。後半は「柏の時間」になっても慌てずに戦うという共通意識が発揮できました。シーズン序盤は一体感が薄く、キャプテンとして何もできないふがいなさも感じていました。ただしチームのためにという姿勢をみんなで強く打ち出し、最後はFC東京U-18としてのプライドを持って本当に一つになれた。降格の悔しさは拭えませんが、その成長は自信としたいです。

その他試合結果

市立船橋高校 0-3(前半0-0、後半0-3)青森山田高校
清水エスパルスユース 3-0(前半1-0、後半2-0)富山第一高校
鹿島アントラーズユース 1-0(前半0-0、後半1-0)流通経済大学付属柏高校
ジュビロ磐田U-18 0-0(前半0-0、後半0-0)浦和レッドダイヤモンズユース

市立船橋高校(千葉)と青森山田高校(青森)による高体連対決は後半に3点を挙げた青森山田が勝利。富山第一高校(富山)と対戦した清水エスパルスユース(静岡)は、31分にFW東駿選手(#9)のゴールで先制すると、終盤に2点を加え、3-0で勝利しました。EASTを制した鹿島アントラーズユース(茨城)は流通経済大学付属柏高校(千葉)をホームに迎えての一戦。互いにスコアレスで試合を進めますが、77分にFW屋木俊也選手(#27)が決勝弾を決め、鹿島が有終の美を飾りました。ジュビロ磐田U-18(静岡)と浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)はスコアレスドローに終わり、それぞれ勝点1を加え、プレミア残留を決めました。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

大会情報はこちら

高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2018 ファイナル
日時: 2018年12月15日(土)13:00キックオフ(予定)
会場: 埼玉スタジアム2002
対戦: 鹿島アントラーズユース(EAST優勝チーム)対 サンフレッチェ広島ユース(WEST優勝チーム)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー