JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 TOP > 最新ニュース一覧 > 首位を猛追したG大阪、最終節での逆転優勝に届かず 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 WEST第18節
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

首位を猛追したG大阪、最終節での逆転優勝に届かず 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 WEST第18節

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2018年12月10日

首位を猛追したG大阪、最終節での逆転優勝に届かず 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 WEST第18節

ピックアップマッチ

ガンバ大阪ユース 5-2(前半2-0、後半3-2)阪南大学高校

4月に開幕し、約8カ月に渡って行われたJFA U-18サッカープレミアリーグ2018は、12月9日(日)いよいよ最終節を迎えました。WESTはサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)、京都サンガF.C. U-18(京都)、ガンバ大阪ユース(大阪)の3チームに優勝の可能性が残る大混戦になりました。

首位を勝点差2で追い掛ける3位のG大阪は、ホームで阪南大学高校(大阪)と対戦しました。G大阪が逆転優勝するためには、広島と京都の直接対決が引き分けに終わり、かつ今節7点差以上で勝利することが求められます。

「7点が必要だが、得点は1点1点取るしかない。これまでやってきた幅と深みを意識したバランスのよい攻撃をしよう」(島田貴裕監督)と送り出されたG大阪は、立ち上がりからFW原田烈志選手(#14)を中心に流動的にポジションを入れ替えながら、息つく暇を与えない波状攻撃で襲いかかります。しかし、「少し硬さがあり、いつもよりパスの精度が低く」(島田監督)、人数を掛けてゴール前を固める阪南大高を崩し切ることができません。スコアが動かないままジリジリとした時間が過ぎていきます。

待望の得点が生まれたのは38分。縦パスを中央で受けた原田選手がダイレクトで左サイドに送ると、パスを受けたMF足立翼選手(#11)がドリブルで仕掛けて左足を鋭く振り抜き、ゴールをこじ開けます。先制点で落ち着いたG大阪は、42分にMF岩本翔選手(#10)のクロスに原田選手が右足で合わせて追加点を奪います。

前半2点に終わったG大阪は、ハーフタイムにスピードが武器のFW大谷優斗選手(#23)をピッチに送り込んで攻撃を加速させます。すると59分、大谷選手が岩本選手からのパスに走り込んでDFを置き去りにすると、GKとの1対1を制して落ち着いてゴールに流し込みました。しかし直後の61分に、「今季の課題だった」セットプレーの崩れから阪南大高のDF中川空選手(#3)に頭で押し込まれて、痛い失点を喫します。

それでもG大阪は優勝の可能性を信じて猛攻を続け、72分、再び大谷選手が、MF奥野耕平選手(#8)のスルーパスに絶妙なタイミングで抜け出すと、追いすがるDFを切り返しでかわして4点目を奪取。90+2分にも、ゴール前の混戦から押し込んでハットトリックを達成します。

しかし、またもその直後、阪南大高に前がかりになったところをつかれ、カウンターからFW篠畑純也選手(#15)に2点目を献上。そのまま終了のホイッスルを迎えました。G大阪は逆転優勝には届かず、2位で今季の戦いを終えました。得点ランキングでは、2点目を挙げたG大阪の原田選手が、京都のFW服部航平選手(#9)に15得点で並んで得点王に輝きました。

監督・選手コメント

島田貴裕 監督(ガンバ大阪ユース)
7得点が必要でしたが、いつも通り、ボールを失ったら奪い返して、バランスを考えながら攻撃にいこうと送り出しました。優勝の可能性を残しながら最終節までこられたのは、選手みんなの力です。最後まで走り続けて、気持ちを出してくれたのは良かったと思います。セットプレーはこの1年の課題で、(失点シーンは)今季を象徴するシーンだったと感じています。シーズン途中で監督が変わって、選手は大変だったと思いますが、とても前向きに取り組んでくれて、吸収力の高いチームだったと感じています。大学で続ける選手もプロになる選手も、本当にここからが勝負なので、この悔しさを次のところで生かして、日本を代表するような選手になれるよう頑張ってほしいです。

FW #14 原田烈志 選手(ガンバ大阪ユース)
しっかりとつないで大量得点を狙いましたが、最後のところでGKに止められたり、パスミスも多く出てしまい、自分の決定力のなさやチームの弱さが出たと感じています。前半2点しか取れなかったので、ちょっとやばいなと焦りもありました。(得点王については)自分の点で7点取って、単独で得点王になりたかったです。1年間通して引き分けることが多く、大事なところで勝点を落として、最終的に優勝を逃してしまったので、悔いが残っています。

濵田豪 監督(阪南大学高校)
(相手に優勝の可能性がある)難しい試合でしたが、それでも自分たちの思ったような試合にできなかったは、次年度に向けた課題だと思います。本当はもう少し早いタイミングで2トップに変えて相手にプレッシャーを与えたかったのですが、前半に2点、後半早々に3点目を喫してしまったので、動きづらくなってしまいました。このリーグを戦う上では、自分たちの型を崩してでも守らざるを得ない。選手たちは身体を張ってよく守備を頑張ってくれました。この2年間プレミアリーグという高いレベルでできたことをチームの財産にして、次年度以降、チームのつくり方を含めまた勉強していきたいと思います。

FW #6 和田育 選手(阪南大学高校)
(相手に優勝の可能性がありましたが)自分たちのやることは変わらず、今までやってきたことを続けようと試合に臨みました。ガンバの選手が上手いということは試合前から分かっていましたが、結果の通りボロボロの試合になってしまいました。毎試合厳しい試合が続く中で、キャプテンとしてチームをまとめ、残留を目標に戦ってきましたが、降格してしまい責任を感じています。2年間プレミアリーグの高いレベルを経験できたことで、またサッカーの楽しさが知ることができました。サッカーを続けていく上で自分の財産になりました。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

大会情報はこちら

高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2018 ファイナル
日時: 2018年12月15日(土)13:00キックオフ(予定)
会場: 埼玉スタジアム2002
対戦: 鹿島アントラーズユース(EAST優勝チーム)対 サンフレッチェ広島ユース(WEST優勝チーム)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー