JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 名古屋が大量4得点で首位・京都を破り、優勝争いに待ったをかける 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 WEST第17節
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

名古屋が大量4得点で首位・京都を破り、優勝争いに待ったをかける 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 WEST第17節

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2018年12月03日

名古屋が大量4得点で首位・京都を破り、優勝争いに待ったをかける 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 WEST第17節

ピックアップマッチ

京都サンガF.C. U-18 0-4(前半0-1、後半0-3)名古屋グランパスU-18

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018は12月1日(土)と2日(日)に第17節が開催され、WESTでは京都サンガF.C. U-18(京都)と名古屋グランパスU-18(愛知)が対戦しました。

今節の京都サンガF.C. U-18は勝てば、他のチームの結果次第で優勝が決まる大一番。ホーム最終戦ということもあり、500人ものギャラリーが集まる中で、試合に挑みましたが、「皆が優勝のプレッシャーを感じていたため、動きが堅かった」(上月壮一郎選手/MF #14)。対する名古屋グランパスU-18は「今日の試合で勝たなければ、優勝の可能性がなくなる。何としてでも1点でも多く取って、勝ちたかった」(古賀聡監督)ため、選手の気合は十分で、10分にはMF田邉光平選手(#14)のパスからゴール前を抜け出したMF倍井謙選手(#20)がループシュートを決めました。

先制点を決めてからは、縦に速い攻撃を展開した京都に押される場面もありましたが、「スカウティングで9番(FW服部航平選手)の抜け出しが速いのは分かっていたので、センターバックの二人でコミュニケーションをとりながら対応できた」(鷲見星河選手/DF #30)と要所をしっかり封じて、シュートを打たせません。中盤での攻防も「8月にSBSカップで(福岡)慎平くんと一緒にプレーし、上手いなと思っていたので、この試合が楽しみだった」と振り返る田邉選手らが互角以上の戦いを披露し、1点リードで試合を折り返しました。

後半に入ってからは、「”5-0で勝て”と監督から言われていた」(田邉選手)名古屋が攻撃のギアを更に上げました。右サイドでキレ味鋭いプレーを見せたFW榊原杏太選手(#27)を筆頭にアタッカー陣が個性を発揮し、追加点のチャンスをうかがうと、67分には後方からDF菅原由勢選手(#7)がロングボールを展開。スペースに飛び出したFWマツオカ・ジョナタン選手(#10)がGKとの1対1を冷静に決めました。マツオカ選手は72分にも、榊原選手のシュートがクロスバーに当たり、跳ね返ったボールを押し込み、自身2点目をマーク。78分には左CKをニアに飛び込んだDF藤井陽也選手(#3)が頭で合わせて、名古屋が4-0で快勝しました。

監督・選手コメント

山下弘樹 監督(京都サンガF.C. U-18)
ホーム最終戦でたくさんの方が来てくださっていたので、勝って皆で喜びたいと思っていたのですが、良い結果にならず残念です。前半の入り方から自分たちのリズムがつくれず、名古屋のゲームになったのが一番の原因。先制点を含め、簡単に失点する場面が多かったので、次に向けて修正していきたいです。この負けを次の勝利に向かう反発材料にして欲しい。最終節の広島ユース戦は勝てば優勝という分かりやすい状況になったので、そこに向けて準備していきます。

MF #14 上月壮一郎 選手(京都サンガF.C. U-18)
いつもは真ん中で展開し、サイドが前を向いて仕掛ける形をつくれるのですが、今日は立ち上がりから真ん中で上手く前が向けず、ロングボールで裏を狙うだけの単調な攻撃になっていました。反対にグランパスにつながれて、どんどん押し込まれてしまいました。ボールを奪っても、前に選手がいないため、ボールが収まらず、また攻められての繰り返しで、90分通して自分たちのリズムをつくれなかったので、戦いにくかったです。

古賀聡 監督(名古屋グランパスU-18)
守備に回る時間も長かったのですが、後方からしっかりと組み立て、自分たちの距離で攻撃する時間もつくれていました。得点を奪ったのは速い攻撃ではあったのですが、自分たちの時間をつくり、しのぐべきところはしのぐことができました。日頃からトレーニングを積み重ねてきた基本的なところが今日は出せたと思います。あと1試合、しっかりと自分たちらしいサッカーを披露し、5-0で勝つのが目標。より攻撃的に、どんどん相手のペナルティーエリアに入っていくサッカーをしたいです。

DF #30 鷲見星河 選手(名古屋グランパスU-18)
まだ優勝を狙える位置にいるので、チーム全員で絶対に勝って、優勝しようという気持ちで試合に挑みました。前節は、あと一点決められず勝てなかったので、点をたくさん取ることと絶対に勝つという気持ちを意識しました。後半は前半に先制点を取れたので、このままの勢いでいこうと話をしていました。良い形で2点目が取れて、流れに乗れたかなと思います。練習から意識を高く持ち、基準を上げてやってきた成果が出た試合。他のチームの結果によりますが、優勝を狙えると思うので、この1週間、勝ちにこだわって練習をします。

その他の試合結果

阪南大学高校 3-1(前半1-0、後半2-1)セレッソ大阪U-18
ヴィッセル神戸U-18 2-3(前半1-1、後半1-2)ガンバ大阪ユース
東福岡高校 3-0(前半0-0、後半3-0)米子北高校
サンフレッチェ広島F.Cユース 3-0(前半1-0、後半2-0)アビスパ福岡U-18

セレッソ大阪U-18(大阪)をホームに迎えた阪南大学高校(大阪)は、FW窪田伊吹選手(#27)の2得点により、3-1で勝利しました。打ち合いとなったヴィッセル神戸U-18(兵庫)とガンバ大阪ユース(大阪)の一戦は、90+2分に生まれたFW大谷優斗選手(#23)のゴールが決勝点となり、G大阪が白星を手にしました。東福岡高校(福岡)と米子北高校(鳥取)による高体連対決は、FW大森真吾選手(#9)が2ゴールと大活躍。3-0で勝利し、6位から5位に浮上しました。サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)はMF桂陸人選手(#10)の先制点を皮切りに3点をマークし、アビスパ福岡U-18(福岡)を下しました。

WEST 第17節 ダイジェスト

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

WEST 第18節
2018年12月9日()
13:00 ガンバ大阪ユース vs 阪南大学高校(OFA万博フットボールセンター(グラウンドB))
13:00 セレッソ大阪U-18 vs 米子北高校(セレッソ大阪舞洲グラウンド)
13:00 サンフレッチェ広島F.Cユース vs 京都サンガF.C. U-18(吉田サッカー公園)
13:00 アビスパ福岡U-18 vs 東福岡高校(福岡フットボールセンターAピッチ)
13:00 名古屋グランパスU-18 vs ヴィッセル神戸U-18(トヨタスポーツセンター)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー