JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 鹿島と青森山田の首位攻防戦はドローに終わり、優勝は次節に持ち越しに 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第16節
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

鹿島と青森山田の首位攻防戦はドローに終わり、優勝は次節に持ち越しに 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第16節

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2018年11月26日

鹿島と青森山田の首位攻防戦はドローに終わり、優勝は次節に持ち越しに 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第16節

ピックアップマッチ

青森山田高校 1-1(前半0-1、後半1-0)鹿島アントラーズユース

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグEASTは25日(日)に第16節を開催し、2位・青森山田高校(青森)と1位・鹿島アントラーズユース(茨城)が対戦しました。

試合前の両チームの勝点差は「4」。鹿島が勝てば勝点差が「7」に開き、2節を残して優勝が決まることになります。一方、青森山田が勝てば、勝点差は「1」となり、優勝の行方はまったく分からなくなるという状況でした。このため、テレビ中継も行われる注目の一戦となりました。

先手をとったのは首位を走る鹿島でした。12分、キャプテンのMF前田泰良選手(#10)が中盤の競り合いからルーズボールを拾ってドリブルで前進し、最後は思い切った右足シュートを選択。前田選手が「コースが空いていたので、シュートを選んだ。うまく巻いて蹴ることもできた」と振り返る見事なゴールが生まれ、鹿島が1点リードを奪います。

「まずゼロでいくゲームプランだった」(黒田剛監督)という青森山田にとってこの1点が重くのしかかります。一方、「最悪、引き分けでもいい」(前田選手)というプランを当初から持っていた鹿島は、リスクを避けたシンプルな形の攻撃を繰り返しつつ、持ち前の激しいディフェンスで青森山田に有効な攻撃を許しません。

後半に入ると、青森山田は選手交代も行いながら持ち味のピッチの幅を広く使った攻撃を繰り返し、再三にわたって鹿島ゴールへ迫ります。最後は197cmの長身DF三國ケネディエブス選手(#5)を前線に上げてのパワープレーも見せて何とか1点をもぎ取ろうと攻撃を続けました。そして86分、この徹底したサイドからの攻めが思わぬ形で実ります。右サイドを抜け出したバスケス・バイロン選手(#11)が右足で上げたクロスボールが絶妙なループシュートのような弾道になり、ゴールイン。土壇場で青森山田が同点に追い付きました。

こうなると、試合は完全に青森山田のペースです。しかし鹿島は冷静でした。再び勝ち越しを狙うのか、それとも引き分けを受け入れるのか「ベクトルがそろわなくなりがち」(前田)な流れだったにもかかわらず、バラバラになることなく、まず失点を避けることを徹底。無理に攻めるのではなく、粘り強く引き分けを選択し、1-1のまま試合終了を迎えることとなりました。「ここ(青森)で青森山田さんに勝つのは容易なことではない」と語った熊谷浩二監督は、勝点1を分け合い、勝点差が「4」のまま動かなかった結果を「ポジティブに考えたい」と総括しました。

残り2節となる中で、12月2日(日)の第17節で鹿島はホームに富山第一高校(富山)を迎えます。勝てば文句なしの優勝決定ですが、前日の1日(土)に行われる試合で青森山田が清水エスパルスユースに敗れるようだと、自分たちの試合を待たずに優勝が決まることとなります。

監督・選手コメント

黒田剛 監督(青森山田高)
鹿島は守備の激しさもありますが、そこの中でもつないで崩せるくらいでないといけないと思ってやっていました。今日の試合、やられたのは本当に(失点した)あの1本のシュートのところだけだったと思います。ただ、それが決まるのがこの大会のレベルだということです。ただ、ここで優勝を決めさせなかったことは前向きに考えたいと思っています。奇跡が起こることを信じ、次の試合に向けて準備したいと思います。

MF #11 バスケス・バイロン 選手(青森山田高)
何が何でも勝つんだという強い気持ちを持って戦っていました。何とか勝ちたかったです。先に失点してしまい、相手は引いて固めてくるという試合になってしまいました。(得点場面は)ボールをまたいでから(タッチが)長くなってしまう中で蹴ったらラッキーな形になりました。勝ち切れなかったことは自分たちの力不足だったと受け止めたいと思います。

熊谷浩二 監督(鹿島アントラーズユース)
選手たちはよくやったと思います。試合としてはこちらが先行できたことが大きかったと思います。青森山田さんを相手にする試合は本当に全部の要素が必要になります。今は私たちが首位に立っていますが、青森山田さんの力は間違いなく自分たちと変わりないか、それ以上のものがあります。その相手に対していくつかのプランを準備して臨んだ試合で、選手たちがそれをよく分かった上で戦ってくれました。

DF #2 結城将貴 選手(鹿島アントラーズユース)
自分のマークは(得点ランクトップの青森山田MF)檀崎竜孔選手(#10)でした。ホームで対戦したときは最後にやられてしまっていました。ドリブルに入ってスピードに乗ったら止められない選手なので、その前にどれだけ寄せられるかだと思っていました。少しでも失点の可能性を減らすための細かいところをやっていこうと思っていて、檀崎選手の決定的シュートをブロックできたのもそういう部分を意識できていたからだと思います。

その他の試合結果

柏レイソルU-18 1-0(前半0-0、後半1-0)流通経済大学付属柏高校
市立船橋高校 0-1(前半0-0、後半0-1)清水エスパルスユース
浦和レッドダイヤモンズユース 0-0(前半0-0、後半0-0)FC東京U-18
富山第一高校 0-1(前半0-1、後半0-0)ジュビロ磐田U-18

柏レイソルU-18(千葉)と流通経済大学付属柏高校(千葉)による柏ダービーは、56分にFW鵜木郁哉選手(#12)が決勝ゴールを決め、1-0で柏レイソルが勝利しました。市立船橋高校(千葉)と対戦した清水エスパルスユース(静岡)は、MF佐野陸人選手(#6)のゴールで2連勝。浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)とFC東京U-18(東京)はスコアレスドローで勝点1を分け合いました。残留を争う富山第一高校(富山)とジュビロ磐田U-18(静岡)の直接対決は、43分にMF渡邊翔耶選手(#33)のゴールで磐田が先制。この1点を守り抜き、磐田は残留に大きく前進。一方、最後まで食い下がった富山第一でしたが、2節を残してプリンスリーグ自動降格が決まりました。

EAST 第16節 ダイジェスト

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第17節
2018年12月1日(土)
13:00 清水エスパルスユース vs 青森山田高校(IAIスタジアム日本平)

2018年12月2日(日)
11:00 流通経済大学付属柏高校 vs ジュビロ磐田U-18(流通経済大柏高校グラウンド)
11:00 鹿島アントラーズユース vs 富山第一高校(県立カシマサッカースタジアム)
13:00 FC東京U-18 vs 市立船橋高校(味の素スタジアム西競技場)
14:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 柏レイソルU-18(レッズランド)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー