JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 広島が大量5得点で中国ダービーを制する 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第7節

ニュース

広島が大量5得点で中国ダービーを制する 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第7節

2018年07月02日

広島が大量5得点で中国ダービーを制する 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第7節

ピックアップマッチ

サンフレッチェ広島F.Cユース 5-0(前半3-0、後半2-0)米子北高校

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグWESTは6月30日(土)、7月1日(日)に第7節を実施し、サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)と米子北高校(鳥取)が対戦しました。

試合は広島ユースのペースで進みました。開始と共に、見せ場をつくったのは「あいつがいると、チームが元気になる」と沢田謙太郎監督が評するMF桂陸人選手(#10)です。桂選手が「背後を狙っていると後ろが空いてくると思っていた」と明かすように、米子北DFの裏に何度も走り込み、空いたスペースにMF大堀亮之介選手(#14)ら2列目の選手が仕掛けます。

出だしこそは、マークの受け渡しとオフサイドトラップを多用した米子北の守りに苦しみましたが、22分にペナルティーエリアの手前でFKを獲得すると、大堀選手のキックをFW棚田颯選手(#20)が頭で合わせて、試合を動かしました。以降も、自陣からピッチの幅を使ったボール回しでゲームをコントロールしながらチャンスをうかがうと、28分には棚田選手のスルーパスから大堀選手が2点目をマーク。38分にも大堀選手が華麗なループシュートを沈め、米子北高を引き離しました。

前半のうちに試合の大勢を決めた広島ユースですが、「試合は前半だけじゃない。後半はゼロのつもりでやり直した」と桂選手が振り返るように気を抜いた様子は見られません。23分に米子北のMF佐野海舟選手(#7)のロングフィードから、FW岡田大和選手(#10)にクロスバーをかすめるシュートを打たれた守備の課題を修正し、気持ちを入れ直して残りの45分に挑むと、54分には「いつも練習でやっている通りのコンビネーション」(桂選手)である大堀選手とのホットラインから、桂選手がゴールネットを揺らしました。

クーリングブレイク明けの73分には相手の隙を突き、MF松本大弥選手(#4)が5点目をマーク。意地を見せたい米子北は、佐野選手がクロスバー直撃のミドルシュートを放つなど孤軍奮闘を続けましたが、惜しくも実らずタイムアップ。中国ダービーを制した広島ユースが、2連勝を飾りました。

監督・選手コメント

沢田謙太郎 監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
前半のうちに3点取れたのは良かったですが、危ない場面もあったので、ハーフタイムにもう一度、気持ちを引き締めました。後半開始すぐにも危ない場面をつくられましたが、一つひとつのパスの精度が良く、悪くないゲームだったと思います。試合を重ねるうちに今年のチームの骨格ができてきました。プレーの精度はまだまだですが、攻守ともに幅が出てきて、意図するプレーが増えてきているので、今後はさらに良くしていきたいです。

MF #10 桂陸人 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
相手がオフサイドトラップを多用してきたので、前節に比べて背後に飛び出すプレーが難しかったですが、繰り返し動き続けたおかげで、スペースを活かした攻撃ができました。リーグが始まった当初は厳しい試合が続きましたが、何とか粘って勝点を積み上げてきました。最初は攻撃も相手の背後ばかりで単調でしたが、最近はコンビネーションによる崩しも増えてきました。まだ優勝を狙える位置にいると思うので、まずは第2クールの2試合をしっかり勝ちたいです。

中村真吾 監督(米子北高校)
広島ユースの選手は、試合の中で我々のウィークポイントをしっかり突いてきた印象があります。後半から入った原田海(MF #11)もドリブルで仕掛けられたのは最初だけ。相手は決めるべきチャンスをきっちり決めたり、終始こちらが嫌なプレーをしてきました。5失点ともあっさり失点したように見えましたが、今日に関しては相手の方が一枚も二枚も上だったように思います。選手は今ある力を精一杯出してくれましたが、このままでは終われません。次に当たる際は違った結果になるよう頑張ります。

FW #10 岡田大和 選手(米子北高校)
これまでの試合で失点が続いていたので、今日こそは無失点でいこうと話していたのですが、早い時間帯に失点を許しました。守備でも球際で勝てず、組織的にもボールが取れなかったため、力の差を痛感させられました。前半に打ったシュートを決めていれば、試合の流れが変わったかもしれないので、一本のシュートをもっと大切しなければいけないと再認識した試合です。今年から10番をつけさせてもらっているので、もっとチームの中心にならなければいけません。これからは、一つでも多く得点を奪って、チームに貢献したいです。

その他の試合結果

阪南大学高校 1-2(前半0-2、後半1-0)ヴィッセル神戸U-18
京都サンガF.C. U-18 1-1(前半0-1、後半1-0)ガンバ大阪ユース
東福岡高校 0-3(前半0-2、後半0-1)セレッソ大阪U-18
アビスパ福岡U-18 1-2(前半1-1、後半0-1)名古屋グランパスU-18

阪南大学高校(大阪)と対戦した2位のヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、FW泉柊椰選手(#11)の2ゴールで勝利し、首位に再浮上。京都サンガF.C. U-18(京都)とガンバ大阪ユース(大阪)の一戦は共に1点ずつ奪い、勝点1を分け合いました。東福岡高校(福岡)とのアウェイゲームに挑んだセレッソ大阪U-18(大阪)は、34分にマークしたMF松本凪生選手(#20)の先制点を皮切りに3点を奪い、快勝。2試合ぶりの白星を目指したアビスパ福岡U-18(福岡)は名古屋グランパスU-18(愛知)から先制点を奪いましたが、前後半に1点ずつ与え、逆転負けを喫しました。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

WEST 第8節
2018年7月7日(土)
17:00 セレッソ大阪U-18 vs 阪南大学高校(セレッソ大阪舞洲グラウンド)
17:00 アビスパ福岡U-18 vs サンフレッチェ広島F.Cユース(福岡フットボールセンターAピッチ)

2018年7月8日(日)
10:00 米子北高校 vs 東福岡高校(どらドラパーク米子陸上競技場)
16:00 名古屋グランパスU-18 vs 京都サンガF.C. U-18(トヨタスポーツセンター)
18:00 ガンバ大阪ユース vs ヴィッセル神戸U-18(OFA万博フットボールセンター(グラウンドB))

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー