JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > スルガ銀行チャンピオンシップ2015OSAKA > 最新ニュース一覧 > スルガ銀行チャンピオンシップ2015OSAKA 南米2冠の強豪を日本の3冠王者が迎え撃つ!

ニュース

スルガ銀行チャンピオンシップ2015OSAKA 南米2冠の強豪を日本の3冠王者が迎え撃つ!

2015年08月11日

スルガ銀行チャンピオンシップ2015OSAKA 南米2冠の強豪を日本の3冠王者が迎え撃つ!

8月11日(火)に開催される「スルガ銀行チャンピオンシップ2015OSAKA」に出場する両チームの公式練習が10日、試合会場となる万博記念競技場で行われました。

また、練習に先立って行われた公式会見には監督と選手が出席し、国際タイトル奪取に向けて抱負を語りました。

2008年の第1回大会以来の出場となるガンバ大阪は、勝てば初めての制覇、また同じ2008年に獲得したAFCチャンピオンズリーグとパンパシフィックカップ以来の国際タイトルとなるだけに、長谷川健太監督以下高いモチベーションでこの試合に臨みます。

一方のリバープレートは、先日行われたコパ・リベルタドーレスも制覇し、昨年のコパ・トタル・スダメリカーナと合わせ、南米クラブ大会の2冠を達成したばかり。20時過ぎから行われた1時間強のトレーニングでは、アルゼンチンからの長旅の疲れも見せず、リラックスした表情を見せていました。

ガンバ大阪 監督・選手コメント

長谷川健太 監督
南米チャンピオンと試合ができることを非常に楽しみにしています。こんな機会は滅多にありません。我々の力というものを存分に出して、ホームゲームですし、勝って、喜びを分かち合えたらと思います。(東アジアカップから帰国した)代表選手全員とは会っていないので、まだコンディションをつかめていませんが、基本的には昨日90分プレーした選手は(先発が)難しいのではないかと思っています。今日のトレーニングの状態を見ながら、最終的に判断したいと思います。

遠藤保仁 選手(主将)
(リバープレートは)つい先日、コパ・リベルタドーレスで優勝したチームですし、攻守において非常に素晴らしいと思います。そのチームに対してガンバ大阪が、しっかりと自分達の持ち味を出しながら勝てるよう、良いモチベーションと良いコンディションで、タイトルを取りたいと思います。(リバープレートの映像は)少ししか見ていませんが、攻守に非常にアグレッシブなチームです。特に前の方には一発でゲームをしとめてしまうような選手が多いので、その辺は注意したいと思っています。相手がこの暑さでどう出てくるかはわからないですけれど、普通にやれそうだと思いますし、そこで隙を見つけて、ゴールへ向かう姿勢を見せていきたいと思います。

リバープレート 監督・選手コメント

マルセロ・ガジャルド 監督
コパ・リベルタドーレスで最高の瞬間を経験して、(その直後に)日本まで来ることは簡単なことではなかったのですが、それでも「リーベル」というチームの名にかけて、この大会を勝ちたいという意気込みがあります。

ホナタン・マイダナ 選手
私たちにとってこのスルガ銀行チャンピオンシップはとても重要な試合なので、ぜひ勝ってアルゼンチンに帰りたいと思います。(先日コパ・リベルタドーレスを終えたばかりだが)クラブとして一番いい瞬間が終わって、疲れはありますが、勝ち続けることが重要です。ぜひこのスルガ銀行チャンピオンシップを勝ち取りたいと思います。

JFA-TV

 

  • マルセロ・バロベロ 選手 インタビュー

  • ハビエル・サビオラ 選手 インタビュー

スルガ銀行チャンピオンシップ2015OSAKA

Jリーグヤマザキナビスコカップ/コパ・トタル・スダメリカーナ 王者決定戦
ガンバ大阪 vs リバープレート
2015/8/11(火) 19:00 キックオフ(予定) 17:00 開場(予定)
大阪/万博記念競技場
大会情報はこちら
チケット情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー