btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > プレミアリーグ > 最新ニュース一覧 > 神戸が4年ぶりの優勝へ「山場」となるG大阪戦に臨む 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 第17節

ニュース

神戸が4年ぶりの優勝へ「山場」となるG大阪戦に臨む 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 第17節

2017年12月01日

神戸が4年ぶりの優勝へ「山場」となるG大阪戦に臨む 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 第17節

WEST第17節の注目試合
ヴィッセル神戸U-18 vs ガンバ大阪ユース

高円宮杯U-18プレミアリーグWESTは、12月2日(土)と12月3日(日)に第17節を実施します。首位・ヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、3位のガンバ大阪ユース(大阪)と対戦します。

神戸にとって今節は、2位のサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)の結果次第で、2013年以来となるWEST優勝が決まる大一番です。神戸の得点数はリーグ2位タイの40得点。失点はリーグ最少の16失点と、攻守ともにWEST屈指の成績を残しています。一方で野田知監督が「昨年の選手たちなら、もっと違うサッカーができていると思うし、クオリティーをもっと上げていかなければならない」と話すようにチームは現状に満足していません。さらなる質の向上を目指しながら、「戦える選手が多い」(野田監督)という今年の特徴を発揮することで、これまで通り一戦必勝の気持ちで今節に挑みます。

今節のポイントに挙げられるのは、交代選手の活躍です。今季はけが人が続く中でも、「代わりに入った選手がよく頑張ってくれている」と野田監督が称えるように、控えの選手が穴埋め以上のプレーを見せ、勝点を積み上げてきました。主力の大半がそろった前節の神戸弘陵学園高校(兵庫)戦でも、「途中から入ったなら、試合の流れを変えないと意味がない」と話す泉柊椰選手(MF #11)ら交代で入った3選手が得点をマークするなど、チームに勢いを与える働きを見せています。

対するG大阪は、優勝の可能性はなくなりましたが、第14節の広島戦から3連勝。中断期間中には、Jユースカップでも準優勝を果たすなど好調を維持しており、實好礼忠監督は「自分たちの成長を実感しているのが、一番のモチベーションになっていると思う」と話します。前節の大津高校(熊本)戦も、「Jユースが終わって落ちるかなと思っていたらトレーニングもしっかりやっていて、反対に『自分たちが力を付けていく』という自信が上回っていた」(實好監督)とモチベーションを高く保ったことが、7得点へとつながりました。

今節は、優勝争いの行方を大きく左右する一戦ですが、「神戸は優勝が懸かっているというのはあると思いますが、うちはいつもどおりにやるだけ」と實好監督が話すように、目指すサッカーに変わりはありません。梅津克貴選手(MF #47)や奥野耕平選手(MF #15)を中心に、全員が攻守に関わりながら、アグレッシブに戦うG大阪らしいスタイルで首位撃破を狙います。

監督・選手コメント

野田知 監督(ヴィッセル神戸U-18)
今節のガンバ戦が、優勝争いの山場だと思っています。プレミアリーグの前期に対戦した際は、引き分けでしたが、5月にクラブユースサッカー選手権(U-18)の関西予選では2-3で負けました。テクニカルな選手が多いので、少しやりにくさはありますが、我々がボールを持って主導権を握りたいです。受け身に回ると後手を踏んでしまうので、こっちから積極的に仕掛けていけるかが大事。負ければ、2位と順位がひっくり返る可能性があるので、しっかりと気を引き締めて試合に挑みます。

MF #7 佐藤昴 選手(ヴィッセル神戸U-18)
僕たちのストロングポイントは選手層の厚さです。誰が出ても質の高いプレーができ、交代で出た選手が流れを変えることができます。ガンバ大阪は中盤にうまい選手が多い印象があるので、フリーでボールを持たれないようにチーム全体で相手の特徴を抑えたいです。今節に勝てば、優勝に近づくのでチームで主導権を握って試合を進めたいです。チームとして得点が多く、失点が少ないので、良い部分を継続して残りの試合、全て勝ちます。

實好礼忠 監督(ガンバ大阪ユース)
試合を重ねるごとに、目に見えてプレーが良くなってきており、中断期間中にはJユースカップで準優勝という結果として出てよかったです。攻撃はしっかりみんなで関わってボールを動かすというところのレベルが上がってきました。守備でもみんなで体張って、ポジションを取って守るというのができました。攻守において、関わりがよくなってきたように感じています。チーム内競争のレベルも高いので、残り2節も変わらずしっかりした競争の中で試合に挑みたいです。

MF #8 山下諒 選手(ガンバ大阪ユース)
ヴィッセルはテクニックがある選手が多く、ボール回しもうまいだけでなく、ロングスローなど恐い攻撃も仕掛けてくる印象があります。守備でも攻撃でもゴール前での粘り強さがあると感じたのですが、特に佐々木大樹選手(MF #13)のプレーが印象に残っています。今節は、僕の特長である左足でのプレスキックやサイドチェンジの精度、セカンドボールへの反応の早さとボール奪取を生かし、点を取って勝利に貢献したいです。

ヴィッセル神戸U-18 vs ガンバ大阪ユース
日時:12月3日(日) 13:00キックオフ
会場:いぶきの森球技場
アクセス:●地下鉄「西神南駅」から市バス「ハイテク4番」下車、徒歩約10分

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグWEST 次節 第17節

12月2日(土)
13:00 大津高校 vs 米子北高校(大津町運動公園球技場)
12月3日(日)
13:00 ヴィッセル神戸U-18 vs ガンバ大阪ユース(いぶきの森球技場)
13:00 神戸弘陵学園高校 vs 阪南大学高校(三木総合防災公園 陸上競技場)
14:00 東福岡高校 vs アビスパ福岡U-18(東福岡高校)
15:00 セレッソ大阪U-18 vs サンフレッチェ広島F.Cユース(セレッソ大阪舞洲グラウンド)

JFA-TV

第17節を前に、第16節ダイジェスト映像をお届けします。

その他日程など大会情報はこちら

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ

全国を東西各10チームずつのブロックに分け、年間を通しホーム&アウェイ形式で合計18試合を戦い東西の王者を決定する。両者が相撃つチャンピオンシップで真のU-18年代王者を決定する大会。

大会期間:2017年4月8日(土)~2017年12月10日(日)
日程・結果、順位表など大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP