btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > プレミアリーグ > 最新ニュース一覧 > 柏と浦和の一戦は両者譲らずドロー 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 第15節

ニュース

柏と浦和の一戦は両者譲らずドロー 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 第15節

2017年10月10日

柏と浦和の一戦は両者譲らずドロー 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 第15節

ピックアップマッチ

柏レイソルU-18 1-1(前半0-1、後半1-0)浦和レッドダイヤモンズユース

高円宮杯U-18プレミアリーグEASTは10月7日(土)、8日(日)に第15節を開催し、柏レイソルU-18(千葉)と浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)が対戦しました。

勝点17の5位・柏と、勝点12の8位・浦和による一戦は、今後の残留争いを占う上で重要なゲーム。その中で先にリズムをつかんだのはホームの柏でした。最終ラインの中川創選手(DF ♯4)を軸に最終ラインから攻撃を組み立てていき、中盤と最前線の選手も絡んで好機をつくっていきます。しかし、決定機をものにできず、時間が経過していきます。20分には落合陸選手(MF ♯10)が右足でゴールを狙いますが、枠を捉えきれません。

すると、浦和が一瞬の隙を突き、試合を動かします。39分にGKとDFの連携ミスから好機が生まれると、長倉幹樹選手(FW ♯20)が右足でシュート。これがネットに突き刺さり、押されていた浦和が先手を取りました。

1-0で折り返し、迎えた後半。柏は3バックに変更して攻め込みます。52分と54分の落合選手のシュートはいずれもゴールにはなりませんが、57分、柏が浦和ゴールをこじ開けます。セットプレーの流れから、こぼれ球を拾った加藤匠人選手(MF ♯6)が右足を一閃。この一撃で同点に追い付くと、試合の流れは一気に柏に傾きます。63分には落合選手の右クロスから、森海都選手(FW ♯18)が頭でゴールを強襲。71分にも森選手が右足でシュートを放ちますが、いずれもクロスバーに阻まれてしまい、勝ち越し点を奪うまでには至りません。

対する浦和は粘り強く守り、シマブク・カズヨシ選手(FW ♯10)のドリブル突破を起点にカウンターを発動。しかし、チャンスを生むまでにはいたらず、苦しい時間帯が続きました。

最後まで死力を尽くした両者でしたが、このままスコアは動かずタイムアップとなりました。勝点1を積み上げた柏は5位をキープ。一方の浦和は10位の市立船橋高校(千葉)が勝利したため、降格圏の9位に転落する結果となりました。

監督・選手コメント

永井俊太 監督(柏レイソルU-18)
今日の試合は、良かった前半ともっと良くなった後半だったと思います。欲を言えば、勝点3を取りたかったです。よく追い付いて、勝点を分け合えたので、プレミアリーグ残留を考えれば大きかったと思います。ただ、最後の質を上げていかないといけません。練習からやっている形でイメージ通りに崩して、パスまでは良いのですが、最後のところで決めてほしいなと思います。

DF #4 中川創 選手(柏レイソルU-18)
チーム状況的にこの試合に勝ちたいと思っていて、それがこの1週間のトレーニングの軸にずっとありました。そのため、引き分けに終わったことはすごく悔しい。自分たちは良いサッカーをしていたので、次の1点が取れなかったことは本当にもったいないと思います。前半もいい流れでしたが、ミスから失点をしてしまったので、チームとして反省をしなければいけません。

大槻毅 監督(浦和レッドダイヤモンズユース)
後半から相手が3バックに変え、ホッとしていたところでCKからやられてしまいました。そこから1点を取られ、自分たちは最終ラインが後ろに下がっていきました。ただ、試合を通じて、選手たちは頑張ってボールを取り続けてくれたと思いますし、前半の入り方もよく集中していたので、戦おうとしていたのはすごく見えました。この勝点1が今後や、残留につながると感じています。リーグ再開後にはけがをしている選手も戻ってくると思うので、総力戦で残留を目指したいと思います。

DF #4 橋岡大樹 選手(浦和レッドダイヤモンズユース)
前半は何度も僕たちが攻めることができましたが、後半は相手が(攻撃に転じて)くるのが分かっていました。そこで相手がシステムを変えてきて、すぐに決められてしまったことは反省しなければいけません。しかも、CKからのこぼれ球だったので、もっと集中することが必要でした。最後まで次の1点を取られなかったのは、今後につながると思います。今シーズンはいつも最後に決められてしまい、スコアも1-1など同点の状況に失点する形が多かったのですが、引き分けに持ち込み、勝点1を積み上げたことは次につながります。

その他試合結果

鹿島アントラーズユース 0-1(前半0-0、後半0-1)清水エスパルスユース
市立船橋高校 2-1(前半0-0、後半2-1)大宮アルディージャユース
横浜F・マリノスユース 0-1(前半0-1、後半0-0)青森山田高校
京都サンガF.C. U-18 0-3(前半0-1、後半0-2)FC東京U-18

清水エスパルスユース(静岡)は鹿島アントラーズユース(茨城)との一戦。スコアレスで迎えた後半アディショナルタイムに宮本優選手(MF #8)が決めて首位をキープしています。勝点1差で清水を追う青森山田高校(青森)とFC東京U-18(東京)もそれぞれ勝利を収め首位奪還を虎視眈々と狙います。大宮アルディージャユース(埼玉)をホームに迎えた市立船橋高校(千葉)は、同点で迎えた86分に西堂久俊選手(FW #15)のゴールが生まれ、勝点3を獲得。この結果、市立船橋が7位に浮上しました。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグEAST 次節 第16節 スケジュール

11月25日(土)
11:00 青森山田高校 vs 鹿島アントラーズユース(青森山田高校)
13:00 大宮アルディージャユース vs 清水エスパルスユース(NTT東日本志木総合グラウンド)
15:00 FC東京U-18 vs 横浜F・マリノスユース(東京ガス武蔵野苑多目的グランド/人工芝)
11月26日(日)
10:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 京都サンガF.C. U-18(浦和駒場スタジアム)
11:00 市立船橋高校 vs 柏レイソルU-18(船橋市法典公園(グラスポ)球技場)

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ

全国を東西各10チームずつのブロックに分け、年間を通しホーム&アウェイ形式で合計18試合を戦い東西の王者を決定する。両者が相撃つチャンピオンシップで真のU-18年代王者を決定する大会。

大会期間:2017年4月8日(土)~2017年12月10日(日)
日程・結果、順位表など大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP