btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 > プレミアリーグ > 最新ニュース一覧 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオンシップ 青森山田がPK戦の末に初優勝

ニュース

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオンシップ 青森山田がPK戦の末に初優勝

2016年12月18日

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオンシップ 青森山田がPK戦の末に初優勝

青森山田高校 0-0(PK4-2)(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-0) サンフレッチェ広島F.Cユース

U-18年代の男子サッカーチーム日本一決定戦、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオンシップが12月17日(土)、埼玉スタジアム2002で開催されました。12,503人の観衆が見守る中、プレミアリーグEASTを制した青森山田高校(青森)と、WEST王者のサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)が対戦しました。

優勝決定戦特有の緊張感に包まれた一戦は、両者ともまずは失点しないことに重きを置く静かな立ち上がりを迎えます。その中で青森山田が先に攻勢に出ました。16分、右サイドバックの小山新選手のクロスを鳴海彰人選手が収め、シュートを狙います。得点にはなりませんでしたが、これで動きが軽くなった青森山田は18分、鳴海選手、嵯峨理久選手とワンタッチでつないで最後は嵯峨選手がシュート。相手GKが弾いたこぼれ球を高橋壱晟選手が押し込みましたが、これはオフサイドと判定されます。

劣勢だった広島も、持ち味の攻撃力を徐々に発揮していきます。20分、満田誠選手のクロスボールに仙波大志選手がうまく頭で合わせ、際どいシーンをつくりました。この2分後にはセットプレーから波状攻撃を浴びせるなど、広島はピッチを広く使った攻撃で試合の主導権を握っていきます。

0-0で迎えた後半開始早々、青森山田は檀崎竜孔選手が負傷退場するアクシデントに見舞われます。一方、前半をいい形で終えていた広島は後半も引き続き、攻勢に出ます。仙波選手、満田選手、10番を背負う山根永遠選手が前線で動き回ってパスを引き出し、ゴールに迫っていきますが、青森山田も4バックとGK廣末陸選手が強固な守備ブロックを形成。一糸乱れぬ守りで無失点に食い止めます。

互いが死力を尽くした一戦は90分間では決着がつかず、10分ハーフの延長戦に突入します。ここでも広島がボールを持つ時間が長くなりましたが、青森山田も懸命の守備で応対。延長18分、力安祥伍選手のスルーパスに反応した川合歩選手がゴール前に鋭いボールを送りましたが、ここも青森山田の小山内慎一郎選手がカットするなど、集中した守備で得点を許しません。

延長戦でも均衡は破れず、試合の行方はPK戦に委ねられることになりました。勝負のかかる重要な局面で、青森山田がわずかに広島を上回りました。「この試合の数日前から黒田剛監督と一緒に、(サドンデスを含む)6人のキッカーが徹底して練習した」と郷家友太選手が語るとおり、一人目から冷静にキックを沈めていきます。1人目と4人目が失敗した広島に対し、青森山田は4人目のキッカー、廣末選手も含めて全員が成功。PK戦を4-2でものにして、大会初優勝を飾りました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

黒田剛 監督(青森山田高校)
プレミアリーグ第17節以降、3週連続でバス移動が続き、選手たちは体力的に苦しかったと思います。その中で気持ちを一つにして、最後まで粘り強く戦ってくれました。東日本と高体連の代表として、責任を持ってプレーした選手たちを褒めてあげたいです。ワイドの選手が激しく上下動する広島のサッカーに対応し、体力を消耗させられましたが、絶対に失点しない、体を張る、ミドルシュートを打たせない、というコンセプトを最後まで貫き通しました。チーム全体が、ワンプレーたりとも力を抜くことなく走り続けてくれました。

住永翔 選手(青森山田高校)
全体的に相手がボールを持つ時間が長くなりましたが、「我慢して、チーム全体で無失点に抑えよう」とみんなに声をかけていました。この優勝にはいろいろな価値があります。3冠を目指していたFC東京U-18に勝ってこの場に立ちましたし、EASTの他チームのことも考えて一つ一つのプレーを進めました。優勝は個人として大きな経験になりました。青森山田の歴史を塗り替えることができ、チームも自分も、今回の結果をポジティブに捉えています。

郷家友太 選手(青森山田高校)
自分の人生で全国優勝を成し遂げたのは今回が初めてだったので、優勝セレモニーを含めて一瞬の出来事のように感じました。試合は(廣末)陸さんをはじめとする守備陣の踏ん張りのお陰で勝てたと思います。全然ボールを奪えず、自分自身、初めて足をつってしまいましたが、PK戦になったら「絶対に勝つ」という自信がありました。ここ数日、通常のトレーニングの後に、PKの練習に真剣に取り組んだ成果が出ました。

沢田謙太郎 監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
最後は厳しい現実をつきつけられる、厳しい試合でした。ただ、前半途中に難しい時間帯もあった中で、そこを耐えて、どちらにでも試合が転ぶ状況になりました。ある程度チャンスもつくれるようになったという意味で、自分たちらしい試合ができたと思っています。準優勝という結果を受け、まだ足りないものがあると感じています。鍛えなければいけない部分がたくさんあるので、今後は鍛えに鍛え、鋼のような強さをまとってから、またこの場に戻ってきたいと思います。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオンシップ

日時:2016年12月17日(土) 13:00キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP