btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 > プレミアリーグ > 第3回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016高円宮杯U-18サッカーリーグ2016
プレミアリーグ
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016高円宮杯
U-18サッカーリーグ2016
プレミアリーグ
2016/4/9(土)~2016/12/11(日)

第3回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞

第3回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞

投票は終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

出場20チームが選出した自チームのベストゴール動画(エントリーNo.1~20)の中から、得票数により20ゴールの中からプレミアリーグのベストゴールを決定いたしました。

順位チーム名得票数
1大津高校6,744回
2清水エスパルスユース3,538回
3神戸弘陵学園高校3,512回
実施期間 2016/11/29(火)~12/16(金)17:00
発表 12/17(土)のチャンピオンシップ当日、ハーフタイムに会場内にてベストゴールを発表します。
賞品 「ベストゴール受賞チーム」に下記をプレゼント
投票方法
・投票は1日1回までとなります。
・各投票ボタンを誤って押した場合や「Twitterで投票する」ボタンを押した後にツイートしなかった場合も、投票数に加算されますのでお気をつけください。
・会社や学校、ご自宅など、同一のIPアドレスを使用している環境からの投票は1回とカウントされ、その日中は同一IP内の他の方の投票が行えなくなります。予めご了承ください。

EAST

  • エントリー No.1
    青森山田高校

    第13節 vs市立船橋高校(78分)

    絶対に負けられない、高体連同士の首位攻防戦。インターハイ王者の市船を撃破する値千金のヘディングシュート!

    得点者:8 嵯峨 理久サイドでのアップダウンを精力的にこなすハードワーカー。
    「犠牲心」を常に大切し、泥臭いプレーでチームに貢献する選手。

  • エントリー No.2
    鹿島アントラーズユース

    第11節 vs柏レイソルU-18(89分)

    出し手と受け手のイメージが合致して生まれたゴール。


    得点者:13 篠崎 輝和豊富な運動量と空中戦の強さが特徴。チーム得点王。

  • エントリー No.3
    大宮アルディージャユース

    第7節 vs市立船橋高校(79分)

    今季のプレミアリーグで初の完封勝利につながる得点。この一戦にかける思いが形となったゴール。

    得点者:10 小柏 剛スピードに乗ったドリブルからのシュートが得意。献身的な守備もできる選手。

  • エントリー No.4
    市立船橋高校

    第10節 vsアルビレックス新潟U-18(64分)

    ゴールの奪えるボランチを目指す得点意欲の高い高宇洋のゴール。

    得点者:10 高 宇洋1年時からレギュラーを務め3年時にボランチに転向した攻守に関わりつづけるナンバー10。

  • エントリー No.5
    柏レイソルU-18

    第11節 vs鹿島アントラーズユース(66分)

    後半戦、大事なゲームで勝ち点を積み上げる事が出来た、スーパーミドルシュート。

    得点者:13 宮本 駿晃左足のキックが特徴のSB。日々のトレーニングを常に全力で取り組む選手。

  • エントリー No.6
    流通経済大学付属柏高校

    第8節 vs柏レイソルU-18(83分)

    敗戦続きで苦しい状況の中、我慢強く攻守に集中した中で生まれた渾身の一振り。

    得点者:15 関 大和今年の目標「全員攻撃・全員守備・90分ハードワークしてプレスをかけ続ける」を体現する流経の心臓。

  • エントリー No.7
    FC東京U-18

    第14節 vs市立船橋高校(45+2分)

    イマジネーションとスキルの高さが合致したビューティフルゴール!

    得点者:14 内田 宅哉テクニック抜群。切れ味鋭いドリブルで相手ゴールを強襲!

  • エントリー No.8
    横浜F・マリノスユース

    第15節 vs青森山田高校(90分)

    優勝争いに残るためにも首位のチーム相手に、必ず勝ち点3を取らなければいけない試合で、2度も相手にリードされる展開でも、チーム全員が1つになり残り時間が少ない中で、GKの逆を突いた逆転ゴールは、チームに優勝の可能性を残す、大きな意味を持つゴールだったから。

    得点者:14 山田 康太攻守共にハイレベルなプレーができるオールラウンドプレーヤー。
    中盤でチームを落ち着かせる。

  • エントリー No.9
    アルビレックス新潟U-18

    第11節 vs清水エスパルスユース(32分)

    劣勢の状況から、起死回生の同点ゴール!ゴール奥にドライブしながら吸い込まれるスーパーゴール。

    得点者:24 本間 至恩細かいボールタッチと緩急をつけたドリブルが特徴の選手。1年生ながら攻撃のキーマンとして欠かせない選手に成長し、チームに貢献している。
    中盤でチームを落ち着かせる。

  • エントリー No.10
    清水エスパルスユース

    第7節 vs柏レイソルU-18(90+3分)

    良い守備から攻撃に入るチームのスタイルと、今年の選手の持っている特徴が現れた、アディショナルタイムの決勝ゴール!

    得点者:10 望月 陸縦へのスピードが持ち味であり、裏をとるタイミングも優れ、決定的な仕事ができる選手。

WEST

  • エントリー No.11
    名古屋グランパスU18

    第2節 vs京都サンガF.C. U-18(20分)

    選手、チームにとっても2016年ファーストゴールであったこと。また、前半20分と早い時間に取れたことにより、大量得点につながった。身体能力を活かしたジャンプ力は見事であった。

    得点者:9 深堀 隼平一瞬のスピードがあり、個人での突破の出来る選手。
    昨年からレギュラーとしてチームを引っ張ってきたエースである。

  • エントリー No.12
    京都サンガF.C. U-18

    第15節 vs東福岡高校(32分)

    ゴールに至るまでの流れが非常に良かった得点。

    得点者:6 比嘉 みちよし球際の激しさと的確な展開で中盤に活力を与える選手。

  • エントリー No.13
    ガンバ大阪ユース

    第4節 vsセレッソ大阪U-18(90+2分)

    前半を0-2で折り返し、後半早々に0-3と突き放された後から始まった猛追劇の最後を飾った勝ち越しゴール。

    得点者:18 臼井 貫太左サイドの仕掛けを得意とする。左サイドバックとしてだけではなく、攻撃的なジョーカーとしても途中出場で試合の流れを変えられる選手。

  • エントリー No.14
    セレッソ大阪U-18

    第1節 vs大分トリニータU-18(90+3分)

    地元大阪ヤンマースタジアム長居で行われたプレミア開幕戦。得意のショートカウンターから勝負を決定づける逆転ゴール!

    得点者:6 舩木 翔得意の左足から放つ高質なクロス、クサビのパスが持ち味のサイドバック。また高い攻撃力を活かし得点を量産する。

  • エントリー No.15
    ヴィッセル神戸U-18

    第5節 vsサンフレッチェ広島F.Cユース(89分)

    マラドーナ、メッシの5人抜きを超えた?ような気がした向井のセンターサークルからの単独突破!!

    得点者:13 向井 章人相手にとって脅威となる独特なドリブルと強烈なシュートでゴールを奪うことのできる選手。

  • エントリー No.16
    神戸弘陵学園高校

    第1節 vs名古屋グランパスU18(72分)

    プレミアリーグ開幕戦。最初の勝ち点3につながる貴重なゴール。

    得点者:17 竹村 史明大事な所で点の取れ、切れ味鋭いドリブルと正確な右足のキックを持つサイドアタッカー。

  • エントリー No.17
    サンフレッチェ広島F.Cユース

    第15節 vsガンバ大阪ユース(24分)

    終盤の3節を残し約2ヶ月の中断に入る節目となる大切な一戦。どうしても欲しかった貴重な先制点。

    得点者:10 山根 永遠スピード生かした突破が持ち味の選手。

  • エントリー No.18
    東福岡高校

    第3節 vsガンバ大阪ユース(54分)

    周囲の選手との関わりから生まれたゴール。チームを勢いづけるとともに、熊本出身の高江が震災で避難生活されている中、応援に駆けつけたご両親を元気づけるゴールだった。

    得点者:11 髙江 麗央中盤のキープレイヤー。
    昨年のガンバ戦でもゴールを奪っており、ガンバ戦に強いところを印象づけた。

  • エントリー No.19
    大津高校

    第6節 vs名古屋グランパスU18(62分)

    初勝利を目指すチームを勢いづける同点ゴール。大津高校のパスサッカーを表す崩しからのシュート。

    得点者:7 杉山 直宏つかみどころのないドリブルから左足での強烈なシュートを得意とするチームのキャプテン。

  • エントリー No.20
    大分トリニータU-18

    第1節 vsセレッソ大阪U-18(36分)

    高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグEAST/WEST通じてシーズン最初の記念すべき開幕ゴール!チームとしてのスタイルである、ハードワークを基に躍動感のあるアグレッシブな攻撃サッカーを体現したゴール。

    得点者:18 小野原 洸持ち味はタイミング良く裏に飛び出しゴールを奪うストライカー・細かいボールタッチでのドリブルとチームのために誰よりも走り・戦う選手。

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

Tweet