JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 第11回 全国ビーチサッカー大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 第11回全国ビーチサッカー大会 フュージョンが初優勝!
ニチバン
明治
国内競技開催事業

ニュース

第11回全国ビーチサッカー大会 フュージョンが初優勝!

ニチバン
明治
国内競技開催事業

2016年10月17日

第11回全国ビーチサッカー大会 フュージョンが初優勝!

10月16(日)、第11回全国ビーチサッカー大会が最終日を迎え、準決勝と決勝が行われました。朝から天候に恵まれ、炎天下の中、頂点を目指す4チームが熱戦を繰り広げました。

午前中に行われた準決勝。ピッチAではソーマプライア沖縄(開催地/沖縄)とドルソーレ北九州(九州3/福岡)の顔合わせとなりました。スコアが動いたのは第2ピリオド。18分にソーマプライアが新垣隆選手のゴールで先制すると、その2分後には斉藤巧選手が追加点を挙げます。2点のビハインドとなったドルソーレでしたが、4分間に大場崇晃選手、宮本光選手がネットを揺らし同点とします。地元の大声援を受けるソーマプライアは29分に斉藤選手のゴールでリードを奪いますが、すぐさまドルソーレが同点に追いつき、試合は白熱した展開になります。しかし、ソーマプライアが試合終了間際に斉藤選手のオーバーヘッドで勝ち越し、4-3で前回大会覇者を破り、決勝へ駒を進めました。

もう一方のピッチBではタヒチ代表選手などを擁するフュージョン(北信越/新潟)と前回大会準優勝の東京レキオスBS(関東2/東京)が対戦。9分にフュージョンが先制しますが、第2ピリオドで東京レキオスが2ゴールを奪い、逆転に成功します。この後は均衡した展開が続きますが、最終ピリオドにフュージョンのエマニュ・タイアルイ選手が同点ゴールを奪取。緊迫した一戦は、ピッチAと同様に試合終盤までもつれ込みましたが、終了間際に攻撃をけん引していた後藤崇介選手が決め、フュージョンが3-2で勝利。初の決勝進出を果たしました。

決勝では、僅差の試合を制して勝ち上がってきたソーマプライアと、準決勝までの6試合で32得点を挙げたフュージョンが激突しました。試合は開始早々にオウンゴールで先制したフュージョンが、7分にもタイアルイ選手がPKを決めて2点をリードします。

第2ピリオドでは、ソーマプライアが日本代表GK照喜名辰吾選手のキーパーシュートで得点を狙いにいきましたが、同じく日本代表の茂怜羅オズ選手がゴール前で跳ね返し、なかなかゴールを割ることができません。

最終ピリオドに入り、フュージョンが後藤選手のオーバーヘッドで3点差に広げます。しかし、地元開催のソーマプライアも引き下がりません。27分に上原朋也選手が1点を返すと、会場のボルテージは一気に上昇。35分に新垣選手がヘッドで決めて1点差に詰め寄り、最終ピリオド残りわずかの時間で斉藤選手がゴールを決めて、ついに同点とします。試合は延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入。フュージョンがPK戦を2-1で制し、初優勝に輝きました。

選手コメント

田畑輝樹 選手(東京レキオスBS)
集中して自分たちの戦いをしようと挑みました。負けましたが、みんなが(力を)出し尽くしたと思います。負けたのは僕らの力不足ですし、点が取れないと勝てないので、それに尽きると思います。(試合終了まで)残り20秒で取られたらさすがに苦しい。でも、これがビーチサッカーですし、あれが勝負の分かれ目なので、この負けを受け止めてバネにして、またチャンピオンシップでチャレンジしてタイトルが取れればと思います。

上原朋也 選手(ソーマプライア沖縄)
準決勝、決勝は、それぞれの試合で出し切るという気持ちでやっていました。(決勝は)第1ピリオドで点を取られないように我慢して、2点を取られた後もしっかりと落ち着いて自分たちのゲーム運びができました。第2ピリオドで点を決めていれば、また違う展開になっていたと思います。相手を動かしながら自分たちの時間帯を長くすることができれば、体力の消耗を抑えられますが、うまくいかないこともあります。そこは全員でやるしかないですし、チャンスで点をもっと取れていればというのがありました。

茂怜羅オズ 選手(フュージョン)
(決勝は)難しい試合になると分かっている中で、開始5秒にオウンゴールで先制できて助かりました。最後の最後でミスをしてPK戦に持ち込まれてしまいましたが、結果的に勝てて良かったです。PKは毎日しつこく練習してきたので、キーパーもキッカーも自信を持っていました。(ソーマプライアのGK)照喜名辰吾選手とは日本代表でよく練習しているので、僕の蹴るコースが分かっていたと思いますが、良いコースを狙えました。ベルナルド・ボテーリョ選手も決めてくれてありがたかったです。

後藤崇介 選手(フュージョン)
今日の2試合はきつかったですが、普段やっている練習の方がきついので、特に決勝は楽しむだけでした。チームとして少し余裕を感じて、油断して相手にゴールを許してしまったのですが、何点取られても勝てる雰囲気がありました。とにかく集中を切らさず、最後まで諦めずに戦った結果、勝てて良かったです。11月にチャンピオンシップがあるので、ケガをせずに良いコンディションで頑張りたいと思います。

JFA-TV

準決勝 ソーマプライア沖縄 vs ドルソーレ北九州

準決勝 フュージョン vs 東京レキオスBS

決勝 ソーマプライア沖縄 vs フュージョン

第11回 全国ビーチサッカー大会

2016年10月14日(金)~16日(日)
沖縄県/宜野湾市トロピカルビーチ

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー
  • 大会トップ
  • 大会要項
  • 日程・結果
  • チーム紹介
  • JFA-TV
  • 会場アクセス
  • 歴代優勝チーム一覧
  • JFAの理念

    サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
    人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

    JFAの理念・ビジョン・バリュー