JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 1回戦で前回女王・藤枝順心とインターハイ優勝の常盤木が激突~第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会~

ニュース

1回戦で前回女王・藤枝順心とインターハイ優勝の常盤木が激突~第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会~

2018年11月24日

1回戦で前回女王・藤枝順心とインターハイ優勝の常盤木が激突~第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会~

日本サッカー協会(JFA)は11月23日(金・祝)、第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の組合せ抽選会を日本サッカーミュージアム内のヴァーチャルスタジアムにて実施しました。

冒頭のあいさつでは岩上和道JFA副会長が登壇し、「今大会は高体連所属の509チームの頂点を決める大会。現在開催中のFIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018に出場している、U-17日本女子代表にも高体連のチームから選手が出場しているが、東京オリンピックを目指しながら、この大会で素晴らしい試合を見せてほしい」と、選手権出場を決めた32校の選手たちを激励しました。

続いて行われた抽選会では、各校の代表選手たちが次々に抽選箱へ向かい、番号を引いて1回戦の対戦相手が決まっていきました。

抽選会場が大きくどよめいたのは、前回大会で優勝した藤枝順心高校(東海1/静岡)と、今夏の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)で優勝した常盤木学園高校(東北1/宮城)の対戦が決まった瞬間でした。選手権優勝3回の藤枝順心高校と、5回の選手権優勝を誇る常盤木学園高校の名門対決が1回戦で実現することとなりました。

前回大会で準優勝の岡山県作陽高校(中国1/岡山)は、今夏のインターハイでベスト4の前橋育英高校(関東6/群馬)と、初戦で激突。今夏のインターハイで準優勝の日ノ本学園高校(関西2/兵庫)は、過去の選手権すべてに出場している常連の北海道文教大学明清高校(北海道1)と顔を合わせます。

また、選手権初出場ながら北信越予選優勝の帝京長岡高校(北信越1/新潟)は、25大会連続25回出場の九州予選で優勝した神村学園高等部(九州1/鹿児島)と対戦。その九州予選で4位となり、選手権初出場を決めた筑陽学園高校(九州4/福岡)は、初戦で北海道大谷室蘭高校(北海道2)と対戦します。鹿島学園高校(関東7/茨城)と兵庫県播磨高校(開催県/兵庫)は、初出場同士で1回戦を戦うこととなりました。

今大会は2019年1月3日(木)に兵庫県内の各会場で開幕し、同13日(日)の決勝が行われる神戸総合運動公園ユニバー記念競技場に向けて、32チームが戦います。入場料は全試合無料です。

監督・選手コメント

星川彩 選手(常盤木学園高校/宮城県)
藤枝順心との1回戦が決まったので、一気に緊張感が増したというか、内心はドキドキしています。今、常盤木にいる身として、過去の栄光にぶら下がっているだけではいけないと思い、夏のインターハイは自分たちで歴史を作ろうと意識して戦い、結果を出すことができました。でも、それは過去のことで、今は冬の選手権に向けて課題に向き合っています。1日1日の練習の質をどれだけ高めていけるかが大事になるので、これからの1カ月半、1分1秒も無駄にしないような練習をしたいと思います。

髙内美希 監督(鹿島学園高校/茨城県)
1回戦の播磨とは初出場同士ですが、どこと対戦しても全力で挑むのみだと思っています。一戦必勝で臨み、選手には1日でも長くこのチームでプレーさせてあげたいです。関東予選は厳しい状況でしたが、耐えて耐えて少ないチャンスをものにできたことが、かなり大きかったと思います。創部9年目ですが、今回の選手権出場を、OGやOGの保護者も祝福してくれました。関東予選で、自分たちに足りないところがさらに明確になったので、その厳しさを練習で生かし、1回戦まで準備していきたいです。

多々良和之 監督(藤枝順心高校/静岡県)
U-17日本女子代表に長江伊吹が参加していますが、彼女がいない間に他の選手も伸びてきているので、さらにチームのオプションを増やせていると思います。今季は得点が取れないという課題があり、(インターハイで)常盤木に負けてしまいましたが、ちょっとずつ良くなっています。東海予選を見ると変わりきれているかは疑問が残るところですが、大会までの1カ月半でさらに良くしていきたいです。

中村萌愛 選手(岡山県作陽高校/岡山県)
前回大会も1回戦は前橋育英でしたが、その結果は関係なく、自分たちのサッカーをできればと思っています。前橋育英は、気が抜けない相手。まずは1回戦突破を目標にして、頑張りたいと思います。前回大会の決勝は、初めて味わった舞台でした。今大会は、それを下級生にも味わってもらえるいい機会。優勝で終われるようにしたいです。本大会までは、長いようであっという間だと思いますが、まだまだ成長できるはずなので、全国大会で多く戦えるように準備していこうと思います。

第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会

大会期間:2019年1月3日(木)~2019年1月13日(日)[全試合無料]
大会会場:三木総合防災公園(兵庫県三木市)、五色台運動公園(兵庫県洲本市)、いぶきの森球技場(兵庫県神戸市)、神戸総合運動公園(兵庫県神戸市)
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー