JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > キヤノン ガールズ・エイト 第16回JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会 TOP > 東北 TOP > 最新ニュース一覧 > キヤノン ガールズ・エイト 第16回JFA東北ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会 青森県TC U-12が優勝!

ニュース

キヤノン ガールズ・エイト 第16回JFA東北ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会 青森県TC U-12が優勝!

2019年03月11日

キヤノン ガールズ・エイト 第16回JFA東北ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会 青森県TC U-12が優勝!

3月10日(日)、キヤノン ガールズ・エイト 第16回JFA東北ガールズエイト(U-12)サッカー大会最終日となる2日目は、1日目に続き晴天に恵まれ、風も無く穏やかな1日となりました。

決勝トーナメントは3位決定戦を除く3試合全てがPK戦となり、拮抗したゲームとなりました。グループB1位 青森県TC U-12対グループA2位 岩手県選抜は、両チームとも多彩な攻撃と粘り強いディフェンスで強度のあるゲームとなりました。3ピリオドを終え、両チーム無得点のままPK戦へ。青森県TC U-12は3人全員がしっかりとネットを揺らし決勝へ進出しました。

グループA1位 宮城県ホワイト対グループB2位 山形県U-12の一戦は、山形県U-12が先制し、宮城県ホワイトが追いつく、手に汗握るゲームとなりました。両チームとも東北トレセンの選手が活躍し、テクニックとフィジカル両面で、迫力のある内容となり、こちらも3ピリオドを終了した時点で2-2。全員がコースを見極め、落ち着いたキックでゴールを決めた宮城県ホワイトがPK戦を制して決勝進出となりました。

4年連続決勝進出の青森県TC U-12と、レギュレーション変更後初の優勝を狙う宮城県ホワイトの決勝。1ピリオドから両チームの高い技術とアイデアあふれるクリエイティブなプレーが観客を沸かせました。2ピリオド、宮城県ホワイトがFKを決め先制するものの、3ピリオドでテクニックと距離の長いスプリントからチャンスを生み出した青森県TC U-12がミドルシュートをゴール上部へ決め、同点としました。その後はお互いに譲らずPK戦へ突入。全員がしっかりとコースへ決めた青森県TC U-12が3年ぶり2度目の栄冠を手にしました。

3位決定戦は山形県U-12が4-3で岩手県選抜を下し、交流トーナメントでは福島県選抜 Futureが2勝しました。

閉会式では優勝から第4位までのチームが表彰され、山路JFAナショナルトレセンコーチより「地域差がなくなってきた」、「両足プレーができている」等のコメントがあり、東北全体の底上げが進んでいることを実感できた大会となりました。

選手コメント

山田野乃 選手(青森県TC U-12)
後半、体力が持たずミスが多くなり、チームのみんなに迷惑をかけてしまいましたが、チームのみんながサポートしてくれました。この大会を通じて、チームのために自分が何ができるかを学ぶことが出来ました。

籠林和奏 選手(青森県TC U-12)
最後のシーンで攻めきれなくて悔しかったです。これからは、自分のゴールで勝って優勝したいです。

小林愛 選手(岩手県選抜)
体力、集中力が落ちても、監督やコーチの言葉のおかげで頑張れました。今後は判断を良くし、試合に臨みたいと思います。

田中真里 選手(岩手県選抜)
昨日の試合よりも上手くいかなかったこともありましたが、一生懸命プレーすることができました。大会2日間を通じて感じた改善点を次に生かしていきたいと思います。

安藤凰佳 選手(宮城県選抜ブルー)
昨日よりも上手くできてよかったです。チームのみんなとコミュニケーションを取り、楽しくできたと思います。

佐藤水紀 選手(宮城県選抜ホワイト)
最初、キーパーのミスにより点が入ってしまった時、自分が決めないといけないというプレッシャーを感じたのですが、チームメイトが声をかけてくれたおかけで不安がなくなり、最後までやり遂げられたと思います。これからも、試合ではぶんぶん飛ばしていきます。

米田夢宝 選手(宮城県選抜ホワイト)
今大会では、チームみんなで協力してプレーすることができました。決勝では相手と体がぶつかっても負けなかったのが良かったです。

三船さくら 選手(秋田県選抜)
今日は声を出して自分たちのサッカーができたと思います。これからの試合でも自分が点をとって勝利したいです。

柳橋理奈 選手(秋田県選抜)
今の試合では点を決めることは出来ませんでしたが、大会全体として早めからのシュートをたくさん打てたので良かったと思います。

岸杏衣 選手(山形県U-12)
この大会では悔しかったことも多かったですが、大会を通じてリスペクトの大切さを学ぶことができました。

都音葉 選手(山形県U-12)
今日の試合では、裏を取られても体を当ててボールを奪うことが出来たのが良かったです。最後は体力が持たない場面もありましたが、チームの雰囲気が良く、楽しくプレーできました。

山岡七海 選手(福島県選抜 Future)
点が取れて嬉しかったです。これからはもっと点を取りたいと思います。

郡司玲奈 選手(福島県選抜 Future)
1日目は失点が多くて悔しい思いをしましたが、2日目は失点すること無く勝てて嬉しかったです。この大会を通じ、仲間と協力することの大切さと、相手と正々堂々と戦うことの楽しさを学ぶことが出来ました。

岡部結菜 選手(福島県選抜 Growth)
相手は強かったですが、自分たちも頑張りました。今日の試合の反省点は、ボールを奪った時に顔を上げられなかったことです。

緑川侑空 選手(福島県選抜 Growth)
大会を通じ、大会1日目の経験により2日目はどんどん上手くプレーできるようになり良かったです。

キヤノン ガールズ・エイト 第16回JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会

開催期間:2018年9月23日(日)~2019年3月17日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー