JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 清水エスパルス(静岡県静岡市清水区)

清水エスパルス(静岡県静岡市清水区)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay
  • だれでもJoin
  • 女子サッカー
  • 施設の確保
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

「わかちあう 夢と感動と誇り」
1.エスパルスは、スポーツを愛する人々に支えられる地域のシンボルとして、夢を創造しつづけます
2.エスパルスは、サッカーを通じて多くの人々と感動をわかちあい、地域スポーツ文化の発展に寄与します
3.エスパルスは、正々堂々と情熱をもって戦い、地域の誇りとなる最強のチームを目指します

主な活動内容

Jリーグに参戦、ジュニア~ユース年代の育成、サッカーの普及活動、ホームタウン活動

私達のグラスルーツ宣言

サッカーのまちの更なる活性化のために、地域の皆様と一緒に呼吸し
だれもが・いつでも・どこでも・笑顔で心から楽しめ活動を増やし、環境を整えて参ります。

上記宣言を具現化するための活動内容

『引退ゼロ』
大人のスクールを年間160回(県下4施設×40回)で実施しています。
ウォーキングサッカーを活用し老若男女の活動の場を広げています。

『補欠ゼロ』
様々なスクール交流戦では、補欠ゼロを実施。全員が試合に出場できる環境を提供しています。

『障がい者サッカー』
アンプティサッカーの体験会や、今年からブラインドサッカーの立上げに協力をしていきます。
また、特別支援学校、特別支援学級対象に中学3年生までの児童を対象に軽度・重度の知的障害者へのサッカー教室にコーチを派遣しています。
静岡市・富士市(年間40回)

『女子サッカー』
ガールズスクールを毎週開催(小学1年~6年生)。
なでしこ広場を開催。2019年度は年間5回実施しています。2020年度は女子のフェスティバルも予定しています。
静岡県女子トレセンへ指導者派遣(年間で合宿、遠征、TM等13回実施)

『施設の確保』
地域の皆さんが安全にサッカーができる環境を確保し、コミュニティの場としても提供させていただいています。

『社会課題の取組み』
特別支援センターのフットサル教室に指導者を派遣しています。
うつ病など社会復帰が困難な方を対象に、精神科院の先生方と一緒にフットサル教室の指導を行っています。(年間12回)

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー