JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 特定非営利活動法人スフィーダ(東京都世田谷区)

特定非営利活動法人スフィーダ(東京都世田谷区)

賛同するテーマ

  • だれでもJoin
  • だれでもJoin 女子サッカー
  • 社会をSupport

団体の理念・ビジョン・方針

私たちスフィーダ世田谷はスポーツ、その中でも女子サッカートップチームを核とした地域に根ざす総合型スポーツクラブとして、人々にスポーツの楽しさ(する、観る、支える、極める)を提供します。 同時に、地域に貢献しようと活動する人々のプラットフォーム(縁側)としての存在となるように努力します。
私たちの目指すのは、都会における祭りの創造であり、そして大事にしたいのは挑戦を支援し失敗を受け入れる姿勢です。

主な活動内容

女子サッカーの普及と強化、女子を中心とした生涯サッカーの支援、ウォーキング・サッカー普及を通じた地域の生涯スポーツ・コミュニティスポーツ活動、障がい者スポーツ活動への支援。

私達のグラスルーツ宣言

私たちはスポーツ活動を通じた、臨場感のある地域コミュニティの創造を通じて、以下のMissionに取り組みます。
Mission 01:都会におまつりのにぎわいを創りだす。
Mission 02:地域が一つになれる夢の実現を目指す。
Mission 03:地域における多様性社会をけん引する。

上記宣言を具現化するための活動内容

女子サッカーは私たちの最も中心的な活動であり、普及から育成、そして強化にクラブとして2001年から取り組んでいます。またスフィーダカップという年1回の女子中学生チームにカップ戦を主催、地域のチームでサッカーをプレーする少女たちに交流の機会を提供しています。さらに、ママさんチームも地域リーグに参加し、女子サッカーの生涯スポーツ化をけん引する存在となっています。
社会貢献に関しては、地域のお祭りやイベントへの協力、清掃活動への参加、小学生(男女とも)へのサッカー教室の開催等を行ってきました。2019年からはウォーキング・サッカーの体験会を定期的に主催し、10代から80代までの人々がともにプレーを楽しむ機会を提供しています。運動体験の少ない方、地域の人々との交流の少ない方、ニート、障がい者といった社会的弱者に参加を呼びかけることで、地域の社会関係資本の強化に取り組んでいます。
サッカー、フットサル、ウォーキング・サッカーを通じて障がい者スポーツ支援の取り組みも始めており、ローヴィジョンフットサルチームとの協力・支援を行っています。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー