JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 一般社団法人 S.C.P. Japan(千葉県流山市)

一般社団法人 S.C.P. Japan(千葉県流山市)

賛同するテーマ

  • だれでもJoin
  • 女子サッカー
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

VISION
一人ひとりが自分らしく歩んでいける未来を創る

MISSION
1. 自分らしく豊かに生きる力を養うスポーツの可能性を探る。
2. 共生社会をスポーツを通じて推進する。
3. スポーツを共生社会創りに活用できる実務者を育てる。

主な活動内容

・インクルーシブな運動遊び教室の実施
・「スポーツとジェンダー」「スポーツとLGBTQ+」「スポーツを通じたダイバーシティ&インクルージョン」「スポーツを通じた社会課題の解決」「スポーツとセーフガーディング」などをテーマとした研修の実施
・その他スポーツ交流イベント等の実施

私達のグラスルーツ宣言

私たちは団体ビジョンにも掲げる「一人ひとりが自分らしく歩んでいける未来」を目指し、スポーツを通じて社会に貢献していきます。
また、障がい者サッカーや女子サッカーの普及活動及びセーフガーディングや性の多様性に関する活動などを通じて、障がいの有無や性別・性的指向等に関係なく参加をできるインクルーシブなスポーツ環境づくりを広め、スポーツを誰にとっても安心安全に楽しめるものに変えていきます。

上記宣言を具現化するための活動内容

【障がい者サッカー】
・障がいの有無や性別・性的指向に関係なく参加をできるインクルーシブなサッカー/スポーツ教室、イベントの実施
・ダブルマイノリティ(障がいのある女の子など)といった複合的に重なりあう不平等を意識したサッカー/スポーツ教室の実施

【女子サッカー】
・女の子を対象とするサッカー教室
・スポーツをツールとした「ジェンダープログラム」などの実施
・スポーツとジェンダーに関する指導者、スポーツ関係者向けの研修会の実施

【社会課題への取り組み】
・上記の活動を、「性別や性的指向、障がいなどの理由による差別や機会の不平等」という社会課題に対する取り組みとして行う。
・「人権侵害」の問題に取り組むための活動として、「セーフガーディング研修」をスポーツ団体、関係者向けに行う

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー