JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > アスフィーダ熊本(熊本県菊池郡菊陽町)

アスフィーダ熊本(熊本県菊池郡菊陽町)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay
  • だれでもJoin
  • 女子サッカー
  • 施設の確保
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

サッカーを通じて人生と地域社会を豊かにする事、サッカー文化の創造に挑戦する。

主な活動内容

サッカー(年中~中学3年)
巡回指導(運動教室)

私達のグラスルーツ宣言

私達は『引退なし』、『補欠ゼロ』、『障がい者サッカー』、『女子サッカー』、『施設の確保』、『社会課題への取り組み』というテーマと向き合い、地域の皆様と共に、サッカーを通じて人生と地域社会を豊かにする事、サッカー文化の創造に挑戦する。

上記宣言を具現化するための活動内容

『引退なし』
年齢に関係なく(子供からお年寄りまで)、生涯にわたってサッカーやスポーツを楽しめるように(シニア、社会人、ユースを視野に入れた)プレー環境の創出を目指します。

『補欠ゼロ』
練習試合・公式戦に関わらず全員出場を目指します。リーグ戦では複数チームでエントリーし個人のレベルにあったリーグ戦に出場し試合確保を目指します。

『障がい者サッカー』
まず我々が「ダイバーシティ&インクルージョン」の考え方を理解し、その考えのもと障がいの有る無しに関わらず、サッカーやスポーツを通じて、安心して個性が発揮できる場(交流会・サッカースクールなど)を開催し体を動かすことの楽しさを共有します。

『女子サッカー』
女子サッカーの普及活動(ガールズスクールなど)を進め、女子チームの設立を目指す。子どもからシニア、プレーヤー、指導者、審判など様々な関わりのなかで、サッカーを日常的に楽しめるような環境創出を目指す。

『施設の確保』
フットサル場の施設運営。現在、近隣大学と提携しグランドを利用。将来的には自前のフルピッチコートの専有を目指します。

『社会課題への取り組み』
貧困、不登校、引きこもり、暴力、いじめ、差別など、様々な社会的課題が存在する中でサッカーを通して、そのような課題の解決に取り組みます。そのような子供達を対象にしたフリースクールなどを開催しスポーツの楽しさを感じてもらえるような環境創出を目指します。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー