JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 一般社団法人レプロ東京(東京都北区)

一般社団法人レプロ東京(東京都北区)

賛同するテーマ

  • だれでもJoin
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

■ビジョン〈vision〉
Diversity×Football=Diversity×Sports
障害者サッカーと健常者サッカー融合という全国で前例のないフットボールクラブを創設し、皆様と一緒に作り上げることで、障害のあるなしに関係なく、すべての人に夢を与え、感動を創造していきます。
そして、このフットボールクラブをダイバーシティ×スポーツのロールモデルとして日本中に発信し、携わるすべての誇りとなれるクラブを目指します。

■価値〈Value〉
既成概念を打破し、新しい価値の創造、常に変革を。
目の前にある一つ一つのことに真摯に向き合い、その積み重ねで新しい価値を創造し、常に変革していく。

■行動指針〈Principle〉
尊敬、信頼、感謝、思いやり、素直、謙虚

■戦略〈Strategy〉
チームの約束事
規律…社会の規律はもちろんのこと、チームの規律を守り、秩序を維持する。
信頼…チームを、一人の人間として、お互いを尊重し合い、信頼関係を築く。
姿勢…己の姿勢がチームに影響を及ぼすことを自覚する。
管理…アスリートとして健康を維持できるよう自己管理を努める。
感謝…関わるすべてのことに感謝の気持ちを示す。

主な活動内容

1.東京都社会人リーグ出場
2.障害者サッカー疑似体験を通した障害理解の普及
3.チームのオリジナルグッズの製作・販売

私達のグラスルーツ宣言

「障がい者サッカー」の考え方を大切にし、障害の有無に関係なく、全ての人々がサッカーを楽しめる環境を作ります。
また、子どもたちや地域の方々に、デフサッカーの体験をしてもらうことで、人権教育の場を提供し、地域共生を目指します。

上記宣言を具現化するための活動内容

1.東京都社会人リーグ出場
健常者、聴覚障害、知的障害のある選手を中心に、都内で週に2回練習をし、週末に東京都社会人リーグの公式戦に出場しています。現在、聴覚障害と知的障害のある選手がいますが、他の障害がある選手の入団も受け入れています。

2.デフサッカー・デフフットサル疑似体験 企画
大学や地域のクラブチーム対象にデフサッカー・デフフットサル疑似体験を企画しています。サッカーを1つのツールとした疑似体験を通して障害について理解してもらい、共生社会の実現に繋がるように活動しています。

3.江戸川区主催のスポーツ体験イベントにスタッフとして参加することで、子どもたちにスポーツの機会を提供するとともに、地域社会の多様な交流を積極的に推進しています。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー