JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > NPO法人 レフェリーアカデミー横浜(神奈川県横浜市中区)

NPO法人 レフェリーアカデミー横浜(神奈川県横浜市中区)

賛同するテーマ

  • だれでもJoin
  • 女子サッカー

団体の理念・ビジョン・方針

横浜市18区内所属の審判員の審判技術のレベルアップと上級を目指したい方々の発掘や育成を通じて横浜市内各区サッカー協会運営のサポート等を事業の目的としています。

主な活動内容

横浜市区内で活動をしておられるすべてのチーム、関係者(少年から社会人、女子、障がい者の方々)向けにサッカー普及のため競技規則勉強会、レフリーアカデミー開催、審判員派遣等の事業を行っています。

私達のグラスルーツ宣言

私たちは、「障がい者サッカー」の考え方を大切にし、すべてのサッカーファミリーがサッカー競技規則の正しい理解の上で競技の底辺の普及を目指し、心の差別や身体的な障壁を作らず、選手がグラスルーツサッカーを楽しんで活動できる環境づくりの一助となれるように努めます。

上記宣言を具現化するための活動内容

「障がい者サッカー」:
主に電動車椅子サッカー大会に経験値の高い審判員を派遣し、競技の普及と競技規則の理解普及に努めています。具体的には、みなとみらいの活動支援センターで一般向けに競技の紹介等を開催し、競技規則理解の底辺が広がるように努めています。

◆従来活動
①2019電動車椅子サッカー交流大会in千葉
開催日:2019年6月9日(日)
会場:八千代市民体育館
対象:千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県各電動車椅子サッカー協会登録団体
参加者:14チーム(79名)
内容:大会への審判員派遣

②第3回Safilvaカップ
開催日:2019年7月21日(日)
会場:札幌市南区体育館
対象:北海道、神奈川県各電動車椅子サッカー協会
参加者:4チーム(28名)
内容:大会への審判員派遣

③長野県電動車椅子サッカー大会
開催日:2019年8月10日(土)
会場:松本市総合体育館
対象:一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会第1種加盟チーム
参加者:カテゴリ−1 4チーム(28名) カテゴリ−2 3チーム(21名)
内容:大会への審判員派遣

④第22回神奈川県電動車椅子サッカー大会
開催日:2019年9月15日(日)
会場:トッケイセキュリティ平塚総合体育館第1体育室
対象:神奈川県電動車椅子サッカー協会登録団体
参加者:7チーム(49名)
内容:神奈川県大会への審判員派遣

⑤横浜F・マリノスカップ第17回電動車椅子サッカー大会
開催日:2019年10月5日(土)〜10月6日(日)
会場:障害者スポーツ文化センター横浜ラポール
対象:一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会第1種加盟チーム
参加者:カテゴリ−1 7チーム(39名) カテゴリ−2 4チーム(28名)
内容:大会への審判員派遣

⑤日本電動車椅子サッカー選手権大会
開催日:2019年12月7日(土)〜12月8日(日)
会場:小笠山総合運動公園エコパアリーナ
対象:一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会 第1種加盟チーム
カテゴリ−1 10㎞ カテゴリ−2 6㎞
参加者:カテゴリ−1 14チーム(97名) カテゴリ−2 15チーム(88名)
内容:日本選手権大会への審判員派遣参加者:カテゴリ−1 4チーム(31名)

④第22回ドリームカップ
開催日:2019年11月16日(土)
会場:トッケイセキュリティ平塚総合体育館第1体育室
対象:一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会 第1種加盟チーム
参加者:7チーム(39名)
内容:日本最強クラブ決定カップ戦への審判員派遣

⑤横浜市中区在住向け電動車椅子サッカー普及活動会
開催日:2019年12月28日(土)
会場:横浜市民活動支援センター
対象:横浜市民一般 参加者:20名
内容:電動車椅子サッカー活動紹介および普及啓蒙活動

⑥神奈川県電動車椅子サッカー協会審判員新規講習会
開催日:2019年11月9日(土)
会場:厚木市東町スポーツセンター
対象:新規取得審判員 参加者:13名
内容:講師派遣による新規取得者向け競技規則説明

◆活動の紹介
審判員は大会試合運営のためには、必要不可欠な存在ですが、審判員個々のレベル資質や技術の向上を常に志していかないとチームや選手等の信頼関係は構築されません。
審判員はなくてはならない存在として大会と選手をサポートしていかなければならない社会的な意義を当該年度も改めて大いに感じましたので、引き続き事業の存在意義を認識しました。

◆活動の紹介 (活動の中で特に他の団体に紹介したいこと(好事例、よかったことなど)
一般の方でも電動車椅子サッカー競技に関心が高いかということが改めて分かり励みになりました。他の障がい者サッカーにも来年度は徐々に活動の輪を広げようと計画しています。

「女子サッカー」:
主にインターナショナルスクール向け(中高生)へのサッカー競技規則の正しい普及活動と大会への審判員派遣を10数年来行っています。また、インターナショナルスクール女子審判員への育成活動も行っています。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー