JFA.jp

JFA.jp

EN

CLUB VALER TOKYO(東京都世田谷区)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • だれでもJoin
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

【理念】
世界一価値のあるクラブ

【ビジョン】
1. 世界一のクラブへ
競技として世界一のクラブを目指し、多くの人に夢や希望を与える。

2. より良い社会創造
スポーツ/パラスポーツの力でより良い社会創造に尽力する。

3. 共生社会の実現
年齢、性別、国籍、障がいの有無に関わらず誰もがその個性を価値として 楽しみ、活躍できる社会を実現する。

4. 教育活動の推進
これからの未来を担う世代への社会教育、グローバル人材育成を行う。

5. 生涯スポーツの提供
全ての人に生涯スポーツに携わる機会を提供し、健康生活を促進する。

6. 地域活性化
ホームタウンを中心にクラブが地域におけるプラットフォームとなり、 活性化を促す。

主な活動内容

・障がい者スポーツ事業(ロービジョンフットサルトップチーム活動等)
・スクール事業
・多様性推進運動(講演活動、出張授業)
・アダプデットスポーツイベント

私達のグラスルーツ宣言

「世界一価値あるクラブを目指して」
〜CLUB VALER TOKYOグラスルーツ宣言〜


スポーツはなぜ、我々の生きる社会においてこれ程までに発展した文化なのだろう
それは「誰のものでもない」からだ
人種、年齢、性別、障がいの有無、競技力に関係なく、一部の誰かが所有すべきでない誰にでも開かれた文化的遺産であるからだ
誰もがいつでもどこでも、自らの手で選択し、享受し、生活を豊かにすることができる人生の一部であるからだ
我々VALER TOKYOは、そんなスポーツの根源的な価値を世の中に浸透させ、誰にでもスポーツの場を提供することで、
人を育て、人を繋げ、人と地域を結び、地域と社会、そして世界を繋げていきたい
スポーツならできる

それがVALER的グラスルーツ宣言

上記宣言を具現化するための活動内容

■引退なし
-どんな年齢でも、障がいを持っていても一生涯楽しむことができるアダプテッドスポーツのイベント開催
→ウォーキングフットボール×弱視体験会のイベントを開催(昨年4回実施)

■障がい者サッカー
-ロービジョンフットサル部トップチームではパラスポーツ振興及び価値向上と障がいのある人々のスポーツ環境づくりをテーマに練習及び日本選手権出場等を行っている。

■社会課題解決
小学校等へのロービジョン体験会、講演会を通じた他者理解啓発授業を実施し、社会の分断や障がいのある人々の社会参画を促す活動等を行なっている

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー