btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本サッカーミュージアム > 最新ニュース一覧 > 日本サッカーミュージアムで夏休み自由研究スペシャルワークショップ「みんなでサッカー世界新聞(ワールドカップロシア編)を作ろう!」を開催

ニュース

日本サッカーミュージアムで夏休み自由研究スペシャルワークショップ「みんなでサッカー世界新聞(ワールドカップロシア編)を作ろう!」を開催

2017年08月07日

日本サッカーミュージアムで夏休み自由研究スペシャルワークショップ「みんなでサッカー世界新聞(ワールドカップロシア編)を作ろう!」を開催

日本サッカーミュージアムは、こどもたちにサッカーへの興味、関心を高めてもらうことを趣旨として、夏休み自由研究イベントを開催しています。

期間限定のスペシャルイベントとして、8月5日(土)・6日(日)の2日間、「みんなでサッカー世界新聞(ワールドカップロシア編)を作ろう!」というテーマで、去年も好評を博した自分だけのサッカー新聞作りに挑戦するワークショップを開催しました。

サッカー新聞「エル・ゴラッソ」編集長寺嶋朋也さんが講師となり、参加者は本物のエル・ゴラッソの紙面のキットを使い、自分で写真を選んでの表紙づくり、紙面のレイアウト、そして「いつ、どこで、だれが、なにをした」を整理して記事を書き始めるコツを教わり、自分だけの新聞を作ることに挑戦しました。寺嶋さんは、ロシアという国の歴史と地理、そこから産まれたサッカークラブの成り立ちと世界的に認められた歴代の選手を紹介し、2018FIFAワールドカップロシアの舞台となる国の背景を説明しました。

サッカーを通してロシアを学べるようなクイズや質問が出され、どの参加者も積極的に手を挙げて答えていました。そして、その知識を元に新聞作りに真剣に取り組みました。

講師コメント

寺嶋朋也 さん(サッカー新聞「エル・ゴラッソ」編集長)
2年目ということもあったので、より子ども達が楽しめるように、クイズ形式にしたり、子どもの知らないようなサッカーの歴史を盛り込んだりと工夫しました。「サッカーから世界の国々を知ってほしい」という思いから、小学生にはちょっと難しかったかもしれませんが、ロシアという国について、地理的なことだけでなく歴史的な側面も学べるようにしました。サッカーを入り口に、世界のことについて子ども達に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

参加者の感想

望月博昭 くん
ロシアについてレフ・ヤシンなどの選手がいることを初めて知ったり、コンフェデレーションズカップにも興味を持ったりしました。コンフェデレーションズカップは名前だけは知っていたのですが、今回意味を知ることができて面白かったです。

曽我部翔太 くん
新聞作りは今日が初めてでしたが、楽しかったです。人に伝えるということを意識して、誰が何をしたかなどを詳しく書きました。これから新聞を読むことで、自分も人に伝えることのできる文章が書けそうです。

佐々木柊人 くん
今回のワークショップでロシアの国を知ることができて良かったです。色々な写真を見せながら説明してくれたので、分かりやすかったです。

小河原顕太 くん
お母さんがネットで探して申し込んでくれました。ロシアのことが学べて良かったです。

橋本勇樂 くん
今回のワークショップで、ロシアにすごい選手がいることが分かりました。また、ロシアのFCゼニト・サンクトペテルブルクにフッキ選手がいたことを知らなかったのでびっくりしました。

小野成剛 くん
サッカーが好きなのでお母さんが申し込んでくれました。ロシアリーグにブラジル代表のフッキ選手等、ロシア以外の各国代表選手がいたことを知り驚きました。新聞作りは、ロシアについて知りながら作ることができて楽しかったです。

小澤道生 くん
サッカーについての新聞を作ったことがなかったので、作ってみたくて参加しました。サッカーのことだけでなく、来年のワールドカップの舞台であるロシアについても知ることができて楽しかったです。ロシアについて、冷戦やFCディナモ・モスクワのイギリス遠征等、初めて知ることが多く興味を持ちました。今後の夏休み自由研究スペシャルイベントは以下をご覧ください。またスペシャルイベント後も「夏休み自由研究イベント」を開催しています。ご参加をお待ちしています。

夏休み自由研究スペシャルワークショップ・トークイベント

場所:
日本サッカーミュージアムヴァーチャルスタジアム(1階)

趣旨:
サッカーに携わるいろいろな事象を専門家の方々によりお話、ご指導いただき、サッカーへの興味、関心を高めてもらう。

スペシャルトークイベント 日程・出演者

8月8日(火) 11:00 「サッカーボールのひみつ」
株式会社モルテン 内田潤さん
8月9日(水) 10:30 / 11:30 「のぞいてみよう!プロサッカー選手の食事のヒミツ 
~毎日、何を食べて、強い体を作っているの?~」
presented by 日清オイリオグループ株式会社
公認スポーツ栄養士 橋本玲子さん
8月10日(木) 11:00 「レフェリーの用具を教えてもらおう」
JFAプロフェッショナルレフェリー 松尾一さん
8月11日(金) 11:00 「キットマネジャーの仕事」 
SAMURAI BLUE(日本代表)キットマネジャー
アディダス ジャパン株式会社 山根威信さん
8月12日(土) 11:00 「ケガの予防でチャンスをつかめ!育成年代の外傷・障害予防・応急措置」
SAMURAI BLUE(日本代表)アスレティックトレーナー
菊島良介さん / 前田弘さん
8月13日(日) 11:00 「大切に思うこと~フェアプレーって何だろう~」
JFAリスペクト・フェアプレー委員長 松崎康弘さん

※会場への入場には有料ゾーンチケット(当日のみ有効)が必要となります。
※対象:小中学生+保護者
※観覧希望者多数の場合は、入場規制を行いご入場いただけない場合があります。

夏休み自由研究イベント

開催期間:
2017年7月29日(土)~8月22日(火) 10:00~18:00(最終入場 17:30)

※8月7日(月)は休止します。
※8月5日(土)、6日(日)、8日(火)~13日(日)は13:00からとなります。

会場:
日本サッカーミュージアム ヴァーチャルスタジアム(1階)

料金:
本イベントへの参加には、有料ゾーンチケットが必要となります。

① ホイッスルを作ってみよう!
主審が持つ用具の一つであるホイッスルを、展開図が書かれた紙を切り抜き、折ることで作ります。又、主審がどんな時にホイッスルを吹くのかも学べます。完成させた方には、ホイッスルケースをプレゼントします(※数に限りがございます)。

② レフェリーの用具について調べてみよう!
主審、副審、第4の審判員の仕事と基本用具について、ワークシートを利用し学ぶことができます。

③ サッカー歴史新聞を作ろう!
「年表」、「写真素材」、「新聞台紙」をセットにしたキットと、関連する本や資料を揃えています。新聞を作成しながら、楽しく日本サッカーの歴史について知ることができます。出来上がった新聞はラミネート加工(有料)ができます。

④ 日本代表ユニフォームやボールの進化を調べてみよう!
日本代表ユニフォームとワールドカップ使用ボールの機能やデザイン、コンセプトについて、ワークシートを利用し学習することができます。

※【夏休み自由研究イベント】は、「天皇杯抽選会」開催日8月7日(月)、スペシャルワークショップ・トークイベント開催中(午前中)はお休みになります。また諸事情により、内容が一部変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

夏季特別開館期間

7月22日(土)~9月3日(日) ※期間中無休
開館時間:10:00~18:00(最終入場 17:30)

アーカイブ
日本サッカーミュージアム
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP