btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > サッカーファミリー > グラスルーツ > 裾野西サッカースポーツ少年団(静岡県裾野市)

裾野西サッカースポーツ少年団(静岡県裾野市)

グラスルーツ
誰もが、いつでも、どこでも、安心してサッカーを楽しめるように!
グラスルーツ
誰もが、いつでも、どこでも、安心してサッカーを楽しめるように!

裾野西サッカースポーツ少年団(静岡県裾野市)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay

団体の理念・ビジョン・方針

子供達の将来を見据え、サッカーを心から楽しみに、自分で考えて行動出来る子供達の育成指導を行っていく。

主な活動内容

・サッカー練習、公式戦に参加、プレイヤーズファースト交流戦を実施
・大人も楽しむゆるサカ練習、ジュニアユース練習

私達のグラスルーツ宣言

子供から大人までサッカーを心から楽しめる場をつくる取り組みを行います。
また、プレイヤーズファーストを最優先し、指導者や保護者は子供達の考えをリスペクトして子供達の成長をあたたかく見守ります。そして、子供達の頑張りを心から褒めてあげる場を提供します。

上記宣言を具現化するための活動内容

  • ・引退なし
    毎週土曜日の夜に子供から大人までサッカーを楽しむメンバーが集まる"ゆるサカ"練習を行っています。

  • ・補欠ゼロ
    全て子供達が考えて行う、プレイヤーズファースト交流戦を開催しています。指導者はベンチに入らず、戦術、メンバー交代、試合の準備も全て子供達だけで行います。
    この交流戦では、指導者と保護者は子供達の考えをリスペクトして、声掛け、指示やコーチング、プレイの否定は一切禁止行いません。
    子供たちはポジションを固定せず、全てのポジションを練習します。そして練習したポジションを試合で実践します。
    試合終了後、子供たちは試合の反省点を話し合い、次の目標設定を行います。指導者は、子供たちの考えを尊重し、子供たちが決めた目標設定に対するアドバイスを行います。
    チェレンジしたことに対する失敗はチーム内で決して責めない様に指導しています。指導者は子供たちに何度でもチェレンジする機会を与えるようにしています。
    ベンチにいる選手は、ピッチでプレーしている選手と一丸となって何ができるか考えます。指導者は直接プレーの指示をせず、ベンチにいる子供たちが自分たちで修正点を伝えるように指導しています。
    参加した大会、練習試合で全ての選手が出場するようにしています。

活動報告

団体ホームページはこちら

サッカーファミリー

JFA.jp SITEMAP