btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > サッカーファミリー > グラスルーツ > NPO大豆戸フットボールクラブ(神奈川県横浜市)

NPO大豆戸フットボールクラブ(神奈川県横浜市)

グラスルーツ
誰もが、いつでも、どこでも、安心してサッカーを楽しめるように!
グラスルーツ
誰もが、いつでも、どこでも、安心してサッカーを楽しめるように!

NPO大豆戸フットボールクラブ(神奈川県横浜市)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay

団体の理念・ビジョン・方針

いつでもどこでも誰とでも、サッカーができる選手の育成と未来を担う子どもたちの志、夢を育てること。地域の人たちにとってちょっとだけ自慢でき、なくてはならない存在、第二の場所としてのクラブでありたい。

主な活動内容

サッカー(キッズからシニアまで)、サッカースクール、野外活動、宝物探し大会、チーム内運動会、お父さんだけのサッカー大会と懇親会(140人参加)、被災地訪問

私達のグラスルーツ宣言

引退なし→サッカーを始めて選手が、燃え尽きる、または嫌になってサッカーを離れることがないように、サッカーができる環境の整備と短期間で燃え尽きるに働きかけ、極端な勝利至上主義は行わない。

補欠0→サッカーをしている選手たちが、サッカーは自分でプレーすることが楽しいということを感じてもらうために我々は必要以上に選手は抱えないし、試合においては必ずベンチの選手が試合にでることを当たり前にする。全員が試合をすることで、すべての選手のレベルがあがり、ボトムアップにつながる。それがこれからの日本のサッカーの土壌をあげるのです。

上記宣言を具現化するための活動内容

高校年代でサッカーから引退がないようにトップチームを設立し、近隣のサッカー部の卒業生、またはクラブOBが入っている。
また社会人一年目の方にも門戸を開いている、社会人になりサッカーから引退してしまうのを防ぐためでもある。

さらに子育て、仕事でサッカーを離れてしまった選手を対象にオーバー40のシニアチームを設立、今後はオーバー50、60も設立し、地域の皆さんがサッカーを続けられる場を提供していく。

補欠0
①すべての選手が試合に出られるようにスタッフをふやし、週末に必ず全選手が試合をできるようにしている。また、セカンドチームを対象にしたセカンドリーグにも参加している。
②見切れない数の選手は取らないこと、経営の問題も絡むが、ベンチで試合をみておわらせることがないようにしている。

活動報告

団体ホームページはこちら

サッカーファミリー

JFA.jp SITEMAP