JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > サッカーファミリー > グラスルーツ > だれでもJoin♪ 障がい者サッカー > 最新ニュース一覧 > だれでもJoin♪ NPO法人ビッグイシュー基金が「ダイバーシティカップ4」を開催

ニュース

だれでもJoin♪ NPO法人ビッグイシュー基金が「ダイバーシティカップ4」を開催

2017年12月07日

だれでもJoin♪ NPO法人ビッグイシュー基金が「ダイバーシティカップ4」を開催

JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度の「障がい者サッカー(だれでもJoin♪)」賛同パートナーであるNPO法人ビッグイシュー基金は2017年11月18日(日)、東京都調布市のミズノフットサルプラザ味の素スタジアムで「ダイバーシティカップ4(フォー)」を行いました。
ダイバーシティサッカーアソシエーション設立準備委員会」を中心に運営し、ホームレスサッカーチーム「野武士ジャパン」やひきこもりの経験者、福島の被災地やギャンブル依存の回復施設などから、全10チーム、約200人が参加しました。自己紹介では「うつ病の当事者チームです。対人関係や失敗が怖い部分もありますが、今日は他のチームの人と交流したり、失敗を恐れず誰よりもチャレンジをしたいと思います。」など、勝ち負けだけでない目標も垣間見えました。
今大会には、元ビッグイシュー誌販売者で、ホームレスワールドカップミラノ大会にも参加した佐々木さんが「堀江車輌電装株式会社」のメンバーとして参戦。ビッグイシュー雑誌販売を卒業後、障害者手帳を取得し、現在は堀江車輛で清掃の仕事に就いています。今大会は「凱旋試合」でもありましたが、チームはなんとリーグ戦で優勝。閉会式では、「野武士のみんなと違うチームにはなってしまったけど、違うチームで出場して、しかも優勝できて嬉しいです。この場があるのは皆さんのおかげなので感謝したいです。」というコメントもあり、会場全体が温かい雰囲気となりました。
大会には女子フットサル日本代表選手も飛び入り参加し大盛り上がり。“社会性スポーツ”のさらなる広がりを感じる1日となりました。

参加者コメント

長谷川知広さん

2015年にはじめたダイバーシティカップ。参加者や運営者が集まるか、様々な背景をもった参加者の皆さんの体調が大丈夫かなど不安もありましたが、大きなけがなく、今大会も皆さんと笑顔でフットサルができて、とても良かったです。勝利を目指すのはもちろんのことですが、たとえゴールが入らなくても「ゴールに向かう姿勢がよかったよ!!「いやいや、あなたこそナイスパスだったよ!」「応援嬉しかったなぁ」、そんなチャレンジと失敗が両立するような場が私たちにとっての理想です。参加者の人の様子を見ていると、プレー、応援、審判、裏方、相手チームの人にちょっと話しかけてみる、自分なりの楽しい1日を送っていたように感じます。全員が素晴らしかったです!

佐々木さん(元ビッグイシュー販売者
野武士のみんなと違うチームにはなってしまったけど、違うチームで出場してしかも優勝できて嬉しいです。この場があるのは皆さんのおかげなので感謝したいです。

Aさん
多くのボランティアの⽅のおかげで楽しい時間を過ごすことができました。フレンドリーな雰囲気がよく出ています。でも、2年前参加した時よりレベルが上がってて、だんだん初⼼者の⽅が参加しづらくならなければいいなという心配もあります。上達している人が多いこと自体素晴らしいことなのですが!

アーカイブ
サッカーファミリー
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー